Amazonタイムセール祭り開催中!

【シティライドウインドブレーカー/ウインドブレーカー/ストレッチウインドシェル】パールイズミのアウターの違い

以前の記事「一枚あれば大活躍!ロードバイクにおすすめのウインドブレーカー」でも紹介した、パールイズミのウインドブレーカー

パールイズミのウインドブレーカーには、似たような名前と見かけで3種類があります。

公式サイトの説明を読んでも、どう違うのかがよくわかりません。

全部手に入れて、違いを比べてみました!

パールイズミ シティライドウインドブレーカー

パールイズミ シティライドウインドブレーカー 正面
パールイズミ シティライドウインドブレーカー 背面

まずは、「シティライドウインドブレーカー」から。

自転車向けの機能を持った、スタンダードなウインドブレーカーです。

  • フードあり
  • 胸と両サイドにポケットあり
  • 絞られた手首とすそがラク
  • 背中には目立たないベンチレーション(通気口)とリフレクターあり

パールイズミ ウインドブレーカー

パールイズミ ウインドブレーカー 正面
パールイズミ ウインドブレーカー 背面

次に、「ウインドブレーカー」。

「シティライド」との違いは、

  • フードなし
  • シティライドと比べて、やや薄く、軽い生地
  • 胸部分と両サイドのポケットがない

といったところ。

パールイズミ ストレッチウインドシェル

パールイズミ ストレッチウインドシェル 正面
パールイズミ ストレッチウインドシェル 背面

最後に、「ストレッチウインドシェル」。

カジュアルに使えるシティライドウインドブレーカーやウインドブレーカーに比べると、ストレッチウインドシェルは、しっかりとした自転車専用アイテムです。

  • ウインドブレーカーに比べても、さらに薄く、軽く、ストレッチで伸びる生地。バタつかずに風を防ぎます。
  • 背中は撥水の総メッシュ生地
  • ジャージの背中ポケットに直接アクセスできる、大きく開いているポケット

パールイズミ シティライドウインドブレーカー/ウインドブレーカー/ストレッチウインドシェルの違いまとめ

まとめると、

生地の厚さ

  • シティライドウインドブレーカー:普段着レベル
  • ウインドブレーカー:少し薄い
  • ストレッチウインドシェル:かなり薄い

※シティライドウインドブレーカーは、一般的なウインドブレーカーの厚さをイメージしていただいて結構です

着用した感覚

  • シティライドウインドブレーカー:普段着レベル
  • ウインドブレーカー:少しスポーティ
  • ストレッチウインドシェル:ロードバイク専用アイテム

という違いがありました!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)