しまなみ海道向島の食堂&カフェ「立花食堂」
この記事のタイトルとURLをコピー

 

尾道からしまなみ海道に渡ると、ひとつ目の島が向島(むかいしま)

 

向島の南側、因島に渡る因島大橋のふもとにある「立花食堂」を紹介します。

 

しまなみ海道向島「立花食堂」の場所

立花食堂があるのは、向島の南側。

因島へと渡る、因島大橋のふもとです。

 

向島から自転車で因島大橋を渡るには、橋の下をくぐって、しばらく海岸線に沿って走ります。

しまなみ海道 向島と因島を結ぶ因島大橋の下からのアングル

 

因島大橋への入口となる道路の曲がり角にあるのが、「立花食堂」。

分かりやすい立地なので、見逃すことはありません。

しまなみ海道向島 立花食堂の外観

 

敷地が広く、庭に大きなヤシの木もあり、南国リゾートのような雰囲気。

 

看板を見ると、レストランであることはわかるのですが…

奥にある建物までが遠いので、初めて入ったときは、メニューも価格帯もわからず、少しドキドキでした(笑)

しまなみ海道向島 立花食堂の入り口

 

ランチにぴったり!落ち着いた雰囲気のカジュアルなお店です

サイクルラックがあるので、自転車も歓迎いただいているお店のようです。

自転車を置いて立花食堂まで進んでみると、平屋建ての建物もアジアンテイストな感じ。

しまなみ海道向島 立花食堂の外観

 

入口手前のメニューを見てみると、ランチは1,000円ちょいのお値段。

なんとなく身構えていたけれど、入りやすいお店でした。

 

店内の大きな窓からは広い庭の先に瀬戸内海が見え、のんびりゆったり、開放的な気分です。

広々としたテラス席も気持ちよさそう。

しまなみ海道向島 立花食堂の席からの風景

 

店内もすごく柔らかい雰囲気。

広い空間と、木のぬくもりが落ち着くなあ。

しまなみ海道向島 立花食堂の内装

 

立花食堂のメニューはご飯ランチとパンランチの2つ

立花食堂のランチは、

  • 立花食堂のお昼ご飯
  • 立花食堂のお昼パン

の2つです。2020年6月現在

 

この日のメニューはこんなのでした。

しまなみ海道向島 立花食堂のランチメニュー

 

立花食堂のお昼ご飯

  • 季節野菜のスパイススープ
  • 御調産 減農薬 源五郎米あきさかり
  • サラダの盛り合わせ(キャロットラペ、大豆の和風フムス、ゆで豆の白和え風、ジャガイモのハニーマスタード和え)
  • 揚げ物4種のきのこ味噌田楽

 

立花食堂のお昼パン

  • 季節野菜のスープ
  • 向島のパン屋【かぎしっぽさん】のパン
  • サラダの盛り合わせ
  • cosakuu(コサクウ)のジャム 少し

 

そのほか、ドリンクにケーキもあります。

サイクリング途中のカフェ使いにもぴったり。

 

「立花食堂のお昼ご飯」セットを注文

「季節野菜のスパイススープ」や、「揚げ物4種のきのこ味噌田楽」など、美味しそうなメニューにひかれて「立花食堂のお昼ご飯」にしました。

 

黒いプレートにお椀、木製のお盆にスプーンにお箸というシンプルな食器に、料理の鮮やかな色が映えます。

美味しそう!

しまなみ海道向島 立花食堂のランチ

 

素朴な味付けなのですが、食材の味がぐっと引き立っており、どんどんお箸が進みます。

スープも温かいうえにスパイスがきいており、汗冷えを忘れるくらいに、カラダの中から温まりました。

 

ワンプレートランチに見えても、ボリュームはなかなかのもの。

味もお腹も大満足です!

 

しまなみ海道のランチやカフェに「立花食堂」寄ってみて

しまなみ海道向島 立花食堂横のセレクトショップ

隣はおしゃれなセレクトショップです

 

因島大橋の周辺は、しっかりと食べることができるお店があまりないエリア。

ランチや休憩のカフェ使いにぴったりの、ゆっくり入れる食堂です。

 

ごちそうさまでした!

 

立花食堂の基本情報

住所:広島県尾道市向島町立花287-1

https://www.facebook.com/%E7%AB%8B%E8%8A%B1%E9%A3%9F%E5%A0%82-lifestyle-603093689797334/

電話:0848-36-5662

定休日:火曜日

営業時間:11:00~14:30 (ラストオーダー14:00)

 

メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
自転車ニュース カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
この記事のタイトルとURLをコピー
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう