ロードバイクに乗るときのアンダーウェア。

以前の記事「ロードバイクの重要アイテム。季節に合ったおすすめアンダーウェアを選んでみよう!」にて、多くのインナーを紹介しました。

 

今回は、スポーツやアクティビティに強いブランドとして評価が高い、モンベルについて紹介します。

 

モンベルのアンダーウェアを探そうとすると、選択肢が多くて困ってしまうのが、「素材」と「生地の厚さ」。

「スーパーメリノウール」と「ジオライン」の、2つの生地がありますので、自転車にはどちらが良いのか?を悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

 

ずばり、ロードバイクには「ジオライン」の「薄手」がおすすめです。

選び方を迷っている方へ、素材と厚さについて、詳しく解説します!

 

モンベルのアンダーウェアの素材は3つ

まず悩むのが、インナーの素材です。

スーパーメリノウール」「ジオライン」「スペリオルシルク」の3種類があります。

 

スーパーメリノウール

抜群に暖かく、暖かさが持続する素材です。

 

特徴

着た瞬間から暖かい、天然の吸湿発熱素材。

キーワードは「発熱」「保温」「防臭」。

 

ジオライン

汗を素早く放出し、保温力に優れる素材です。

 

特徴

汗冷えから体を守る、高機能化学繊維。

キーワードは「速乾」「保温」「防臭」。

 

スペリオルシルク

冬は暖かく、夏は涼しい素材です。

 

特徴

優しい肌触りの、天然シルク100%。

キーワードは「滑らかな肌触り」「保湿」。

 

自転車には「ジオライン」がおすすめ

「スーパーメリノウール」と「ジオライン」の特徴を比較

ここで、スポーツ向けアンダーウェアの素材は、「スーパーメリノウール」と「ジオライン」の2つ。

では、「スーパーメリノウール」と「ジオライン」では、どちらが自転車に向いているのでしょうか?

 

こんな方におすすめ「スーパーメリノウール」

低温下で長時間の活動をされる方。
・比較的、発汗量の少ない活動をされる方。

 

こんな方におすすめ「ジオライン」

行動と休憩を繰り返す活動をされる方。
発汗量の多い活動をされる方。

 

自転車には「ジオライン」

自転車は、ジオラインがすすめてくれる

  • 行動を休憩を繰り返す活動をされる方
  • 発汗量の多い活動をされる方

に該当します。

 

自転車には「薄手(LW)」がおすすめ

「スーパーメリノウール」「ジオライン」には、それぞれ厚さが3種類

「スーパーメリノウール」と「ジオライン」を比べ、自転車には「ジオライン」がおすすめというところまでは進みましたので、次は生地の厚さについて。

スーパーメリノウール

ジオライン

 

ジオラインの商品展開では、生地の厚さには

  • 薄手(ライトウエイト・LW)
  • 中厚手(ミドルウエイト・MW)
  • 厚手(エクスペディション・EXP)

の、3種類があります。

 

「ジオライン」のそれぞれの厚さの特徴

 

薄手

軽量で速乾性に優れているので、寒い季節の激しく汗をかく運動や、夏場のウォータースポーツなど、オールシーズン活躍する、汎用性の高いモデルです。

 

中厚手

適度な保温力を持ち、素早く汗を吸水拡散して素肌を常に乾いた状態に保ちます。

登山やツアースキーなど、行動と休憩を繰り返すアクティビティに最適。

一年を通して活躍します。

 

厚手

厳寒地での着用を前提に保温性を重視。

放射熱で身体を芯から温めるとともに、三重構造のふっくらとした空気層が暖かさを逃しません。

 

サイクリングの想定は薄手(ライトウエイト・LW)

「ジオライン」の画像に紹介されているスポーツに、「サイクリング」は「薄手(LW)」にありますので、基本的には薄手(LW)を着用すれば、オールシーズン活躍してくれます。

 

また、「中厚手(MW)」も汎用性が高く、高地を走る場合や寒い季節など、気温が低いときは、中厚手(MW)も活躍します。

 

結論。ロードバイクのインナーには「ジオライン」の「薄手(LW)」!

これまでの説明により、

  • 「スーパーメリノウール」と「ジオライン」を比べ、自転車には「ジオライン」がおすすめであること。
  • 生地の厚さは、「薄手(LW)」を基本に、寒い時期は「中厚手(MW)」も候補に挙がること。

を紹介しました。

 

評判が高く、日常生活にも使えそうなアンダーウェアですので、悩んでおられる方も多いでしょうね。

ぜひ一度、試してみてください!

 

 

整え得
こちらの記事も読まれています
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう