ロードバイクで走るときのアンダーウェアといえば、自転車ウェアブランドのパールイズミが定番です。

 

もちろん、ほかにもインナーを出しているブランドは多くあるのですが、今回注目するのは、低価格で高機能、評価も高い、モンベル

 

パールイズミはトップブランドだし、定番だけど、モンベルって価格は安いし、評価も高いし、ロードバイクとの相性はどうなんだろう?と、興味がある方も多いのではないでしょうか。

 

今回は自転車のアンダーウェアを比較!

パールイズミ「ウォームフィット ドライ アンダー」と、モンベル「ジオライン L.W. ラウンドネックシャツ」の特徴を比べてみます。

 

モンベル ジオライン L.W. ラウンドネックシャツ ロードバイクにはどうなのか?

モンベル「ジオライン L.W. ラウンドネックシャツ」を買ってきました

 

パールイズミ ウォームフィット ドライ アンダー

 

まずは、パールイズミの「ウォームフィット ドライ アンダー」。

15℃帯の春秋用インナーです。

 

定番中の定番、自転車専用設計のアンダーウェア

腕や腰の部分も細く、身体にピタッとフィットするタイトなデザインです

 

モンベル ジオライン L.W. ラウンドネックシャツ

 

それでは、比較対象のモンベル「ジオライン L.W. ラウンドネックシャツ」を着てみましょう。

 

こちらは、スポーツやアウトドアに汎用的に使えるインナー。

生地はふんわりやわらかで、ゆったりしたデザインです。

 

実際に着て驚いたのが、長時間走っても、生地はサラッサラ

汗をかいても、全然冷たくなりません!

ゆったり設計なので、空気もよく通り、乾くのも早いです。

 

モンベルのインナーは、自転車には使えるの?

それでは本題です。

モンベルのアンダーウェアは、ロードバイクとの相性は良いなのでしょうか?

 

自転車専用アイテムであるパールイズミのインナーを基準にして、サイクリングをしたときの感覚の違いをまとめます。

 

モンベルのアンダーウェアをロードバイク用に着た感想!

長時間走っても快適

先に書いたとおり、生地はふんわりやわらかで、気持ちいい着心地です。

しかも、汗を吸っても全然冷たくなりません。

 

タイトな感じがないのは、僕には高評価。

着ていてすごくラクでした。

 

背中が出る

反対に、気になったのが、背中が出ることでした。

 

ロードバイクはハンドルを持つと、前傾姿勢になりますよね。

すると、背中が丸まるので、汎用デザインのシャツだと、背中が出るんですよ。

 

走っているときの腰チラが気になりました。

 

ばたつくのが気になるかも

ロードバイクにも大活躍。モンベル ジオライン L.W.アンダーウェア

余裕のある、ゆったりめのインナーです

 

あとは、ゆったり設計なので、ハンドルに伸ばした腕まわりにもゆとりがあります。

すると、走っている途中に、余った生地が「パタパタパタ…」と風で震えるんですよね。

たまに気になるかも。

 

モンベルのインナーの良いところと、自転車との相性が悪いところ

まとめです。

 

モンベルのインナーの良いところは、

  • 生地がすごく軽くてサラサラ。すぐ乾く。
  • ゆったりしていて、着ていてラク。

 

逆に、ロードバイクとの相性が悪いところ。

  • 背中が出る
  • 生地のゆとり部分が、風でバタつく

 

こんな感じで、モンベルは着ていてすごくラクでした。アウトドア汎用とすると、これ一着で十分です。

「短時間だし、専用アイテムじゃなくてもいいや」という方は、まずは着心地を試してみるのも良いかも。

 

ただ、ロングライドになると、ちょっとした不満ポイントが長い時間続くのは困りますよね。

やはりパールイズミなどの自転車用ブランドが安定の良さがあるなあ、と感じます。

 

以上、パールイズミとモンベルのアンダーウェア比較でした!


▼管理人、すごくラクになりました!紹介記事は→こちら モデル_服
こちらの記事も読まれています
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう