セール情報更新中!

【怪獣レモン】しまなみ海道生口島に出現した恐竜は何?

怪獣レモン アイキャッチ

大きく開いた口に鋭い牙、レモンをつかむカギヅメと、荒々しい恐竜のようなイメージ。

しまなみ海道の生口島、多々羅大橋近くに現れた怪獣を紹介します。

怪獣レモンオブジェ

しまなみ海道生口島に出現した怪獣オブジェ

恐竜の名前は「怪獣レモン」

怪獣レモンオブジェのアップ

恐竜と表現しましたが、怪獣です。

この鉄骨のオブジェは2021年9月に誕生した「怪獣レモン」。

高さ150cm、全長約3mというかなり大きな体格。

瀬戸田のブランドレモン「怪獣レモン」が怪獣として具現化したオブジェです。

レモンの名前も、怪獣の名前も「怪獣レモン」。

怪獣レモンってなに?

怪獣レモンオブジェの後方アングル

「怪獣レモン」は、大きくごつごつした見た目から名付けられた、瀬戸田のブランドレモン。

糖度が高くて皮ごと食べられるほど甘く、飲料向けに作られたブランドレモンで、この果汁を使ったサイダーが、向島の後藤鉱泉所さんで「怪獣サイダー」となっています。

▼詳しくはこちら

【マルゴサイダー&怪獣サイダー】しまなみ海道向島・後藤鉱泉所のご当地サイダー飲んできた!

怪獣レモンがいる場所はどこ?

怪獣レモンのオブジェがある場所は、しまなみ海道の生口島。

生口島の外周道路から、多々羅大橋に登っていく途中にあります。

多々羅大橋近くの「レモン谷休憩所」あたり。

怪獣レモンのある休憩所

生口島の多々羅大橋の周辺は「レモン谷」と呼ばれる地域で、自転車道のすぐ下にはレモン畑が広がっています。

レモン谷で生まれた怪獣レモンです。

生口島 レモン谷の標識

サイクリストを見送り迎える怪獣レモン

怪獣レモンの視線の先には多々羅大橋に向かう自転車道。

怪獣レモンオブジェとサイクリングロード後方から

多々羅大橋から降りてきたサイクリストは、いきなり怪獣に出迎えられるのでびっくりするかも。

怪獣レモンオブジェとサイクリングロード前方から

しまなみ海道の新しい名物スポット「怪獣レモン」の紹介でした!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)