セール情報更新中!

【しまなみ海道WAKKAが良いぞ】大三島で泊まってきた!ホテルもランチもアクティビティも堪能したのでレポートするよ

WAKKAアイキャッチ

しまなみ海道のど真ん中、大三島にある「WAKKA(わっか)」。

この記事では、

  • ホテル
  • カフェ
  • アクティビティ

が揃った「WAKKA(わっか)」で過ごした一日を紹介します。

海辺のカフェ&ホテルからの景色は必見!

夜の雰囲気も最高でした!

WAKKAってどんな施設?

しまなみ海道大三島 WAKKA(わっか)外観

「WAKKA」はサイクリストはもちろん、観光で立ち寄っても楽しめる、しまなみ海道の楽しみを最大限に便利にしてくれる施設。

宿泊者以外でも、シャワーやランドリーの利用も可能で、サイクルタクシー・サイクルシップの受付もできるという、しまなみ海道の拠点となる施設です。

しまなみ海道大三島 WAKKA(わっか)提供サービスアイコン

wakkaのサイクルタクシー
サイクルタクシーというのもあります

WAKKAってどこにあるの?

WAKKAがあるのは、しまなみ海道の大三島。

多々羅大橋のふもと(多々羅しまなみ公園)から1.2kmほどです。

自転車なら自走ですぐ。

道路沿いに大きな看板もあるので、迷うことはありません。

しまなみ海道大三島 WAKKA(わっか)道路看板

入口の建物は、ホテルのチェックインや各種受け付けのレセプション棟。

しまなみ海道大三島 WAKKA(わっか)入口

カフェ利用の場合は、そのまま奥に進んで海辺のエリアへ。

カフェエリアまで自転車を持って行ってもOKです。

しまなみ海道大三島 WAKKA(わっか)サイクルスタンド

WAKKAのカフェが最高すぎる

海沿いまで来ると、カフェのカウンターがあります。

しまなみ海道大三島 WAKKA(わっか)カフェのカウンター

座席はしまなみの島々と多々羅大橋を望む、解放感にあふれたオープンテラス!

季節の風や香りを感じながら、ゆっくりと休憩できます。

しまなみ海道大三島 WAKKA(わっか)のテラス席

最上段には、冷暖房が効いた屋内スペース。

いつでも快適です。

しまなみ海道大三島 WAKKA(わっか)カフェの客席

WAKKAの入口に駐輪場はありますが、このカフェまで自転車を持ってきても大丈夫。

写真のとおりサイクルスタンドがあります

しまなみ海道の景色と愛車を眺めながら、カフェ時間なんて良いですねえ。

しまなみ海道大三島 WAKKA(わっか)のランチ
しまなみ海道大三島 WAKKA(わっか)広場の自転車ラック

WAKKAカフェ営業時間

11:00-17:00 (火曜定休)
※フードは11:00からの提供
※L.O.フード14:00/ドリンク16:30

アクティビティで「うさぎ島」大久野島に行ってきたよ

WAKKAはホテルやカフェだけの施設ではないのがポイント。

個別に申込みができるアクティビティも豊富にあり、今回は「うさぎ島(大久野島)ショートツアー」に申し込んでみました。

WAKKAの「うさぎ島(大久野島)ショートツアーバナー」

往復40分+滞在50分の90分間のショートツアーで、WAKKAから直接発着で大久野島を観光します。

「うさぎ島」大久野島

大久野島は広島県竹原市の忠海(ただのうみ)と大三島のあいだにある、小さな島。

国民休暇村もあって旅行先として人気ですが、戦時中は毒ガスの製造を行なっており、「地図にない島」としての歴史を持つ島です。

現在は国立公園に指定され、約500~600羽ものうさぎがいることで知られており、多くの観光客が訪れています。

忠海港~大久野島~大三島の盛(さかり)港と、乗船時間15分のフェリーで上陸することができます。

三原からの土日祝日限定航路もあります。

WAKKAのサイクルタクシー船で出航

WAKKAの目の前にある桟橋から、高速船に乗り込んで大久野島に向かいます。

うさぎ島ショートツアー出発!

しまなみ海道大三島 WAKKA(わっか)のサイクルシップ

船内に入ることもできますが、デッキに置かれたイスに座っていてもOKということで、外で座らせてもらいました。

ぐんぐんと速度が上がって…

WAKKAのサイクルシップ航行中の波

すごく速い!ちょっと怖い!

あっという間に大久野島の桟橋に到着。

大久野島の桟橋

大久野島での滞在時間は50分。

うさぎはどこかな?と探すまもなく、いるー!

めっちゃいる!(*ノˊᗜˋ*)ノワーイ

思う存分うさぎとたわむれます

大久野島は周囲4kmの小さな島ですが、整備されていて歩きやすいです。

大久野島国民休暇村

広場や道路わきにはうさぎがたくさん!

おなかが空いているうさぎは近づいて来るので、ポリポリとエサをかじる姿を堪能しましょう。

ニンジンはWAKKA出港時にもらいました。島内にはエサは無いので注意。

大久野島のうさぎ
大久野島のウサギに餌をあげている写真

抱きかかえたり、餌を残したりはダメ。環境をだいじに触れ合います。

あっちにも、こっちにも…と、たくさんのウサギにニンジンをあげ続け、50分の散策時間はあっという間に過ぎてしまいました。

帰りも高速航行です

帰りの桟橋には偶然、観光高速船のシースピカが寄港していました。

大久野島に寄港しているシースピカ
いつかシースピカも乗りたいな

WAKKA桟橋に帰着すると、ちょうど夕方のチェックインの時間。

今夜はこのWAKKAに宿泊します!

WAKKAに泊まってみた

夕暮れのWAKKAのレセプション

しまなみ海道と瀬戸内海を目の前で堪能できるホテル

WAKKAの部屋タイプは3種類。

  • ドームテント
  • コテージ
  • ドミトリー

があります。

ドームテント

WAKKAのドームテント

電子錠付きの木製ドアにエアコン完備という、ドーム型の特別な空間。

テントのキャンプ気分を手軽に楽しめる部屋です。

コテージ

WAKKAのコテージ棟

朝に目覚めた瞬間からしまなみの絶景に包まれる、オーシャンビューの大きな窓。

寝ながらでも景色を満喫することができるという間取りです。

夕食はデッキでバーベキューを楽しむことも。

ドミトリー

WAKKAのドミトリー棟

秘密基地のような、リーズナブルに泊まれる部屋。

1グループ1室の貸切です。一人で泊まっても一室貸切です

夜のWAKKAドミトリー棟

ドミトリーに泊まったよ

今回宿泊したのはドミトリータイプの部屋。

A~Dの4室があり、それぞれの部屋に4つの就寝スペースがあります。

壁にはロードバイクを架けられるサイクルハンガーがあるので、グループライドの宿泊にも合いそうですね。

WAKKAドミトリーの内部

ドミトリーは就寝スペース内にタオルやアメニティが入った袋がかかっており、リーズナブルに泊まることに特化した間取り。

トイレとシャワールームは共用です。

WAKKAドミトリーの就寝スペース

宿泊者は夕方から夜にかけて、温浴施設「マーレグラッシア」や、大山祇(おおやまづみ)神社がある宮浦地区への無料送迎があります。

宮浦地区は食事ができる場所もたくさんあるので、ドミトリー宿泊者は運んでもらう人が多そうですね。

コテージとドームテントのデッキでは、バーベキューを楽しめます

wakkaの送迎車

WAKKAの夜が最高だった

無料送迎を利用して、ゆっくりとお風呂と晩ごはんを済ませました。

あとは寝るだけ…

なのですが、じつは一般営業を終了しているカフェが、宿泊者のために21時まで営業しています。

夜のWAKKAカフェコーナー

さらに18時以降は翌朝まで、終日フリースペースとしてポットと電子レンジが置かれて自由に利用可能。

一人でも、大勢でも、多々羅の海を眺めながら夜を過ごすことができます。

夜のWAKKAから見える夜景
なんて贅沢な夜

夜のWAKKAも良い雰囲気!

夜のWAKKAの廊下
夜のWAKKAの敷地

一日楽しかった!おやすみなさい!

WAKKAドミトリーの足元の写真

明朝は朝もやにかすむ、生口島と多々羅大橋を眺めながらカフェで朝食。

暖かくて甘い、焼きたてクロワッサンのプレートです。

WAKKAのモーニングプレート

WAKKAでの一晩を堪能しました!

ホテルもカフェもアクティビティも!WAKKAに寄って泊まってみて

しまなみ海道大三島 WAKKA(わっか)のテラス席

大三島は魅力ある島でありながら、しまなみ海道があまり長く通らず、コース上に立ち寄れるスポットがないのが残念でした。

WAKKAはカフェやホテルのほか、サイクリングサポート(レンタサイクル、サイクリスト専用タクシー、海上タクシー、レンタサイクル返却代行)なども充実しており、大三島を回る拠点としてピッタリ。

  • 生名島で燻製づくり体験
  • 岩城島で船釣り体験
  • 大三島でいちご狩り

など、こんなに遊ぶところがあったのか!とワクワクするアクティビティもたくさんあります。

https://wakka.site/activity/

しまなみ海道を遊ぶ入口として、利用方法は無限大!というWAKKA。

まずはホテル&カフェから、魅力に触れてみてください。

関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)