ロードバイクに装着するスピードメーター(サイコン)。

 

いっぱいあって、どれを選べばいいのか分からない…

と、迷っている方も多いのでは。

 

この記事では、「ズバリ、これを選べ!」という超おすすめの使いやすいスピードメーター(サイコン)「キャットアイ マイクロワイヤレス」を紹介します。

 

多機能機種はGPSナビ機能やパワー計測機能が付いていたりしますが、ロードバイクに乗り始めたばかりの初心者から、長距離に慣れてきた中級者までは、これだけで長く使えます!

キャットアイ マイクロワイヤレスがおすすめの理由

キャットアイのスピードメーター(サイコン)マイクロワイヤレスの機能イメージ

カスタマイズディスプレイ」が超便利

キャットアイ マイクロワイヤレスの特徴は、ユーザーの欲しい表示を欲しい場所に割り当てられる「カスタマイズディスプレイ」機能。

 

画面は上段、中段、下段に分かれていて、上段はスピード、中段は時計表示。

下段はボタンを押すごとに、7項目の表示データを切り替えることができます。

  • 走行時間
  • 走行距離
  • 走行距離2
  • 平均速度
  • 最高速度
  • 積算距離
  • ストップウオッチ

 

また、下段に表示させる項目を絞ることができ、切り替え時のデータ確認を素早く行うことができます。

 

さらに、一般的なサイコンではスピード表示が固定されている上段についても、スピード表示に限らず、固定表示するデータを自分で選ぶことが可能。

 

3項目のデータ表示が超便利

僕としては、こちらが超イチオシの機能。

 

サイコンの表示は、2項目が一般的で、

  • スピード
  • データの切り替え表示

のように、画面の上段にスピードを固定表示して、下段に時計や走行距離などを切り替え表示させるものが多いです。

 

キャットアイ マイクロワイヤレスは、表示項目が3つあり、

  • 上段:スピード
  • 中段:時計
  • 下段:データの切り替え表示

の、3つのデータを走りながら見ることができます。

 

ひと目で確認できるデータが多いので、切り替えする動作がほぼなくなり、すっごく便利なんです。

3項目が確認できる!いちばん見やすい表示データは?

キャットアイのスピードメーター(サイコン)マイクロワイヤレスを付けたロードバイク

 

僕がマイクロワイヤレスで表示させているデータで、

  • スピード
  • 時計

のほかに、あと一つ表示させておくと便利なデータは、「走行距離」です。

 

輪行でも、近所のサイクリングコースでも、おおよその走る距離は決まっています。

走った距離と残りの距離で、時間と体力の配分ができるんですよ。

 

「いま何時だ?どれくらい走った?」など、走りながらカチカチとボタンを操作する必要がなくなるので、すっごくラクです。

 

キャットアイ マイクロワイヤレス|かっこよくて使いやすい、おすすめのサイコンです

ボタンを押すと5秒間のバックライトが点灯する、夜間のデータ確認がカンタンにできるナイトモードも搭載。設定でON/OFFします

 

電池の寿命はサイコン本体で約1年(1日1時間使用した場合)と長寿命。

 

ワイヤレスで機器周りもスッキリ。

センサーもカンタンにつけることができます。

ワイヤレスサイコンのセンサー取り付け方法

取り扱い説明書https://www.cateye.com/jp/support/manual/doc/CC-MC200W_HP_JP_v2.pdfより

 

バランス良く機能を積んだ、長く使えるおすすめのサイコンです!

メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
自転車ニュース カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー
こちらの記事も読まれています

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう