2020年7月25日。

東京オリンピックの開催です。

 

自転車競技のロードレース男子は、大会第1日目の7月25日(土)11時にスタート。

なんと東京オリンピックの開会初日!

女子は2日目の7月26日(日)13時にスタートです。

 

17日間の開催期間のうち、自転車好きにはいきなり最高潮!

世界のトップレーサーが、東京をスタートし、ゴールの富士スピードウェイを目指します。

 

コースの総距離は、男子が約244km、女子が約147km。

獲得標高(スタートからゴールまでの上った高さの合計)は男子約4,865m、女子約2,692mという、上り坂ばっかりの凶悪なコースです。合計5km登るって…!

 

詳しく見ていきましょう。

 

2020東京オリンピック 自転車ロードレースのコース詳細

2018年8月9日に発表された、東京オリンピックにおける自転車競技のロードレース(男子/女子)のコース。

(参考:東京東京オリンピック公式サイト|2020オリンピック競技大会 自転車コース発表!!

 

2020東京オリンピック ロードレースコース(男子) 2020東京オリンピック ロードレースコース(女子)

 

このサイト、残念なことに、「どのあたりの道を走るのかな?」と、サイトのどこを触ってみても、拡大できないんですよ。

 

コース詳細は、書いてはあります。

(START)武蔵野の森公園~是政橋

  • 武蔵野の森公園→人見街道700m→「基督教大裏門」(左折)→東八道路3.2㎞→「前原交番前」(左折)→小金井街道2㎞(右折)→600m「けやき並木北」(左折)→800m(右折)→200m(左折)→府中街道

(OFFICIAL START)是政橋~道志みち

  • 府中街道3.6㎞(右折)…

 

文章で説明されても分からない…

 

ので、自力で地図に描いてみましょうめっちゃ疲れました

 

これが東京オリンピックの自転車ロードレースのコースです。拡大できます!

 

さて、これで、選手が走るコースは分かりました。

でも、どんなところを走るのか、気になりませんか?

 

気になりますよね。

 

気になったんです。

 

 

行きました!

 

2020東京オリンピックロードレースコースから見る富士山

 

2020東京オリンピック 自転車ロードレースのコース概要

ロードレースの公式ルート

スタートは府中市の武蔵野の森公園

10kmのパレードののち、稲城市、多摩市、八王子市を通って神奈川県へ。

相模原市、山北町を経て山梨県内に入ると、山間を走る「道志みち」から山岳区間に突入。

山中湖の西側を回って南下し、富士山スカイラインへ。ここでコース最高点となる標高1451mの「富士山麓」山岳ポイントを通過する。

下った後は富士スピードウェイと周辺道路で構成された周回コースを2周。

コースを出て最大斜度20%の三国峠を登り、山中湖の東側を回って籠坂峠をダウンヒルし、富士スピードウェイに戻ってフィニッシュとなる。

女子は富士山麓と三国峠を除いたコースとなり、山中湖から籠坂峠を下って富士スピードウェイにフィニッシュする。

 

男子、女子とも、東京方面から道志(どうし)みち-山中湖-籠坂(かござか)峠-須走と、須走までは共通のコースを走ります。

 

須走から、女子は富士スピードウェイを回り、周辺を回ったあと、もういちど富士スピードウェイを1周でゴール。

 

男子は須走から富士山スカイラインに向かい、戻って富士スピードウェイ(1周目)、周辺を走ってから富士スピードウェイ(2周目)、三国峠を越え、山中湖を走り、籠坂峠を越え、富士スピードウェイ(3周目)という凶悪なコースです。

 

今回のサイクリングルート

男女のコースを両方回れるように、合わせて組んでみました。

 

公式コースとぴったり合うように、東京から山中湖を過ぎ、須走まで走ります。

須走からは、

  • まずは女子のコースで富士スピードウェイに進み、
  • そののち、男子のコースに合流し、富士山スカイラインを走る

というコースにしました。

 

なお、富士山スカイラインから下山したあと、本来の男子コースは富士スピードウェイ(1回目)まで戻るのですが、ログ的にも重なるので(正直なところ、足が持ちません)、富士山スカイラインを降りたところでフィニッシュとします。

 

では出発!

 

パレード走行 武蔵野の森公園~是政橋(市街地区間)

武蔵野の森公園→人見街道700m→「基督教大裏門」(左折)→東八道路3.2㎞→「前原交番前」(左折)→小金井街道2㎞(右折)→600m「けやき並木北」(左折)→800m(右折)→200m(左折)→府中街道

西武多摩線の多摩駅近く、武蔵野の森公園からスタートです。

2020東京オリンピックロードレース スタート地点 武蔵野の森公園(碑)

 

今はこんなに広い公園。

当日は130人(男子)のオリンピック選手がここからスタートします。

周辺もごった返すんでしょうね。

2020東京オリンピックロードレース スタート地点 武蔵野の森公園

 

スタートしてすぐ、「東八道路3.2㎞」あたり。

このあたりは市街地区間といっても、道は広くて走りやすいです。

2020東京オリンピック ロードレースコース 東八道路

 

「けやき並木北」交差点を通過して、府中駅前。

2020東京オリンピックロードレース 府中駅前のけやき並木

 

オフィシャルスタート 是政橋~道志みち(市街地区間)

府中街道3.6㎞(右折)→800m「向陽台小学校南」(左折)→500m「稲城五中入口」(右折)→900m(左折)→「稲城中央公園」(左折)→900m(右折)→400m「長峰二」(左折)→700m「若葉台公園西」(左折)→300m(右折)→300m「若葉台小学校西」(右折)→

府中街道に入り、是政橋で多摩川を超えたら、本当のレースがスタート!

2020東京オリンピック ロードレースオフィシャルスタート地点の是政橋

 

まだ市街地ではありますが、さっそく高度は上がり始めます。

2020東京オリンピックロードレース 稲城五中入口過ぎの住宅街

 

400m「多摩東公園」(右折)→400m「聖ヶ丘四」(左折)→200m(左折)→800m「聖ヶ丘二」(右折)→1.1㎞「聖ヶ丘一」(左折)→500m「多摩馬引沢」(左折)→1.4㎞「多摩東公園」(右折)→

「多摩東公園」交差点を起点に、聖ヶ丘地区をぐるっと一周するエリア。

2020東京オリンピックロードレースコース 多摩聖ヶ丘地区の横断幕

2020東京オリンピックロードレース 多摩聖ヶ丘地区の道路

 

3.5㎞「南豊ヶ丘フィールド前」(右折)→1.5㎞「豊ヶ丘小入口」(左折)→200m「多摩青木葉」(右折)→1.3㎞「多摩南部地域病院」(右折)→ 300m「島田療育センター入口」(左折)→多摩ニュータウン通り6.4㎞→「多摩ニュータウン入口」(右折)→

多摩センターから橋本方面に走ります。

2020東京オリンピックロードレース 多摩ニュータウン通り

 

町田街道2.3㎞→「坂下」(左折)→600m「元橋本」(右折)→900m「相原2」(左折)→300m「相原台」(右折)→国道413号線→2.8km「久保沢」(左折)→100m(右折)→県道510号線5.6㎞→「串川橋」(右折)→国道412号線1.6㎞→「関」(右折)→2.4㎞「青山」(左折)

県道510号線に入り、小倉橋から。

津久井湖周辺に来ると、急に山の景色に変わります。

2020東京オリンピックロードレースコース 小倉橋

 

串川橋」交差点。

市街地区間ももうすぐ終わり!

2020東京オリンピックロードレースコース 串川橋交差点

 

青山」交差点!

2020東京オリンピックロードレースコース 青山交差点

 

ここで市街地区間は終わりです!

左折して、「道志みち」を進みま

道志みち がけ崩れ看板

 

は?

 

道志(どうし)みち~山中湖~籠坂峠~富士スピードウェイ

こうなるはずだったルートです。

復旧したらちゃんともう一度走りますので、お付き合いください…

→国道413号線43.1㎞→「平野」(右折)→9.6㎞「旭日丘」(右折)

ここからは、道志(どうし)みち区間。

必死に上ってきた青山交差点からも、さらに1,000mを登ります

 

道志みち サイクリングマップ

サイクリストの新たな聖地に! 道志みちグルメガイドより

 

という予定だったのですが!

 

ヤバい!道志(どうし)みちが土砂崩れで通行止め!

そのときの、僕の心境。

 

調べてみると、台風の影響で土砂崩れがあり、長く止まっているようです。

僕みたいに知らない人も多いようで、この記事をご覧のあなたは、お気を付けください!

国道413号は相模原市と山梨県を結ぶ一般国道で、青山交差点より西は「道志みち」と呼ばれて親しまれており、2020東京五輪の自転車ロードレース競技のコースにも決まっている道路だ。

この国道の平丸トンネル付近の山の斜面が10月1日未明、台風による暴風雨の影響で159mの高さから崩落。土砂は国道北側の斜面下を走る市道まで流れ込み、いずれの道路も通行不可能となった。

現在は復旧作業が行われており、国道・市道上の土砂と倒木の撤去が終了したものの、依然として斜面は不安定な状態で、開通にはかなりの時間を要する見込みだ。

市では国道の青野原西野々交差点から青根交差点と、市道の道志みちとの交点から県道76号との交点までを全面通行止めとし、山梨方面へは国道20号などを通って迂回するようホームページなどで呼びかけているが、取材時も橋本方面からの通行止め起点である青野原西野々交差点に車やバイク、自転車が次々とやってきては引き返す光景が見られ、利用者への周知には時間がかかりそうだ

 

苦渋の決断。電車輪行で富士山に向かいます

迂回が案内されていますが、明らかに時間が足りません。

 

調べてみると、近くにJR相模湖駅がある様子。

相模湖駅からJRに乗り、大月駅で富士急行線に乗り換え、富士山駅へと向かう電車輪行に切り替えます!

 

↓迂回ルート↓

JR中央本線 相模湖駅

JR相模湖駅

富士急行線 富士山駅

富士急 富士山駅

 

自転車を組み立てなおして、山中湖まで走り、コースに合流!

 

山中湖~籠坂峠~富士スピードウェイ(女子ゴール)

旭日丘」(右折)→8.7km「須走」(左折)

山中湖の「旭日丘」交差点から、籠坂峠を越えて須走へ。

 

この日、籠坂峠はひどいモヤと霧雨に覆われていましたので、写真は撮れず…

 

籠坂峠を越え、須走に到着!

2020東京オリンピックロードレースコース 須走から見る富士山

 

ずは女子コースのゴールの富士スピードウェイに向かいます。

→151号線3.1㎞(左折)→0.7km(右折)→5.2km(左折)→富士スピードウェイ

2020東京オリンピックロードレースコース 須走から富士スピードウェイへの道路

富士スピードウェイはもうすぐ!

富士スピードウェイ 東京2020オリンピックロードレース横断幕

 

ゴール地点、富士スピードウェイです!

2020東京オリンピックロードレース ゴールの富士スピードウェイ

 

本戦では

富士スピードウェイ1周後out(直進)→1.5㎞(右折)→700m「車地蔵尊」(右折)→1.6㎞(右折)→2.1㎞(右折)→2.7㎞(左折)→富士スピードウェイ1周

と、さらに周辺を回ってから、富士スピードウェイに戻ってきます。

 

今回は、ここから男子コースに合流します。

 

坂道ばっかり!富士山麓周回区間

富士スピードウェイ1周後out(直進)→1.5㎞(右折)→700m「車地蔵尊」→(男子コースに変更のため中略)国道469号線5㎞→「原里小前」(右折)→8.2㎞「須山」(右折)→3.7km(右折)→900m(左折)→200m(右折)→1.2km(右折)→8.7km(右折)→富士山スカイライン15.5㎞→「玉穂支所入口」(左折)

男子コースに合流し、国道469号線にある「玉穂支所入口」交差点。

いよいよ富士山麓周回区間。富士山を周り、ここに帰ってきます。

2020東京オリンピックロードレースコース 富士山麓周回区間 玉穂支所入口

 

富士山スカイラインへの登山口、富士サファリパークのある裾野まで走ります。

ここまでくると、富士山の真下!

富士山の景色

 

富士サファリパークの十里木(じゅうりぎ)交差点から、富士スカイラインに向けて上ります!

十里木交差点

 

延々とのぼり、「南富士エバーグリーンライン」道路にさしかか

 

 

は?(2回目)

 

有料…道路…?

2020年東京五輪自転車競技ロードレースのコースでもある裾野市内を走る南富士エバーグリーンラインを、サイクリストが走ることができない課題が浮上している。自動車専用道路のため、道路運送法によって自転車の通行が認められないためだ。五輪の機運醸成を図りたい裾野市にとっては大きな壁で、管理者との連携で課題解決に向けた検討作業に入る。

終点付近は標高1400メートルで、東京五輪ロードレースの競技コース最高地点。富士山に向かうコース設定で、起伏の激しい坂道を登っていくハイライトスポットともなる。

裾野市内の観光業界もコースの今後に注目している。市内の関係者は「サイクリストにとって腕試ししたい絶好のコース」と需要増を見込む。ただ、根拠法令の道路運送法の定義では、自転車の通行は認められていない。管理者が一時的に通行止めを実施すれば、自転車の通行は可能になる。裾野市の担当者は「五輪の機運醸成を図るためにもアピールしたいが難しい」と頭を抱える。

 

なんと、ここでまた問題が!

サイクリストはふらっと行っても通れません!

 

これはどうしようもないなあ…

エバーグリーンラインの途中には遊園地ぐりんぱがあり、一番奥にはイエティがあります。

急きょ、イエティ行きのバスに乗り、エバーグリーンラインを超えました。

 

富士山スカイラインに合流!

この辺りが東京オリンピックロードレースコースの最高標高、1,400m地点です。

南富士エバーグリーンラインと富士山スカイラインの合流交差点

 

富士山スカイラインを右折し、ここからは下山ルート!1,000mを一気に下ります。

 

ブレーキを離すと、すぐに40km/hくらいには早くなるので、すごく怖い!

握りっぱなしで疲れました。

 

レースの当日は、選手たちはノンブレーキで駆け降りるんだろうなあ。

2020東京オリンピックロードレース 富士山スカイラインの下り道

 

そして、ついに!

「玉穂支所入口」交差点に帰ってきました!

ゴール!

本来のコースは、ここから富士スピードウェイまで戻るという、えらいことになります

 

自走で走ったルートのログはこれ。

道志みちの通行が復旧したら、もういちど、空いた区間を埋めに走ります!

 

あー楽しかった!

あーしんどかった!!

 

2020東京オリンピック 自転車ロードレースコースを走ってみたまとめ

  • 電車に乗り
  • バスに乗り
  • コースは省略し
  • しかも2泊3日かかっている

という、時間も距離もラクをしているはずのコースなのに、途中何度も諦めそうになりました。

 

これをオリンピック選手たちは一日で、むしろ数時間で走るんですよねえ…

信じられない思いとともに、プロ選手のレベルの高さに震えます。

 

本戦は、現地で見てみたいな!

終わり!

メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
こちらの記事も読まれています

▼管理人、すごくラクになりました!紹介記事は→こちら モデル_服
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう