自転車乗りのための、サイクルウェアの着あわせパターン

この記事が役立てばシェアいただけると励みになります

スポンサーリンク

先日、サイクルウェアとサイクルパンツについて紹介したんですけど、酷暑用と極寒用など、気温によってはウェアとパンツが対応しきれない季節があるのも事実です。

自動車にロードバイクを積み込んで、現地まで移動される方や、もうバリバリ自転車に慣れているベテランの方はともかく、初心者や街乗りがメイ...
どの記事でも同じことを言っていますが、自動車にロードバイクを積み込んで現地まで移動される方や、もうバリバリ自転車に慣れているベテラン...
前回のサイクルウェア(ピッタリするのは恥ずかしい!おしゃれカジュアルな自転車ウェアの厳選3ブランド)に引き続き、サイクリングに出かけ...

自転車用のジャージやサイクルパンツは数多くありますので、ファッションとして組み合わせが難しいですよね。

今回は便利だと思うコーディネートのパターンについて。

IMG_9759

スポンサーリンク

ファッションに悩む。自転車ウェアは季節ごとに用意するべきか?

まずは幅広い季節に対応できる一着を用意しよう

前の記事で書いたとおり、季節(気温)とサイクリングのパターン(街乗りだとか、ロングライドだとか、電車移動だとか)に合わせて、細かくウェアなりパンツなりアウターなりを用意できればいいんですけど、そんなに毎週サイクリングには出かけません。

僕の場合、ウェアをいろいろ、パンツをいろいろ買ってはみるんですが、輪行に着ていくのは結局は使い慣れた上下のペアに落ち着くんですよね。

ウェアもパンツも、一着で結構高いですからね…

いろんなパターンを想定して何着も用意したのに、着るのは数か月に一度(まぁ、僕なんですけど)などよりは、自転車に乗るサイクルが固まるまでは、オールシーズン使えて、あとは加減で調整できる上下のペアを持っておくのがおすすめです。

慣れてきたら買い足すほうが経済的にも良いと思います。

パールイズミ秋冬

パールイズミのホームページより。秋冬の温度帯だけでこれだけの分類!

サイクルウェアを選ぶ基準

選ぶサイクルウェアの基準は、オールシーズン使えること。

薄手のほうが汎用性が高くて良いです。

ちなみに経験上、スポーツ一般用のシャツやパンツでも、サイクリングにそれほど支障はありません。ただし一般的な綿のパンツは絶対にやめてくださいね!汗を吸って、お尻の濡れ染みがクッキリして恥ずかしいです(体験談)

ただ、「これから長く自転車に乗るぞー!」という方には、やはりフィット感やストレッチ性などの機能が有るのと無いのとでは大違いですので、ちゃんとした自転車専用設計がされているウェアを持っていたほうが、長いサイクリングの道中、快適に過ごすことができます。

ファッションコーディネート案

前提

僕の自転車生活を基準に書いていますので、家から目的地までは公共交通機関です。

自動車があれば便利なんですけどねぇ。

在来線や新幹線やフェリーで移動して、現地でロードバイクを組み立てたり、レンタサイクルを借りたりを想定していますので、カジュアルなサイクリングウェアで、移動中からサイクリングまでを違和感なく着続けられる格好で出かけたいのです。

僕もかつて、輪行に慣れるまでは、移動時には普通の私服を着ていて、現地についてからサイクルウェアに着替えてましたけど、そこからは着ることのない私服を、1泊2日の間じゅう、ずっとリュックに入れて背負うことになるんですよ。

余計に重いしリュックの中の容量を食うし、荷物になるのでやめました。

今の格好のイメージとしては、パールイズミのフリージーですね。

もしくはもう少しカジュアルに、TOKYO life/TOKYO Wheels/narifuri(ナリフリ)

上半身

トップスは、

  • 半袖サイクルジャージ + スポーツ長袖シャツ(重ね着)

もしくは

  • 長袖サイクルジャージ

もしくは

  • 半袖サイクルジャージ + アームカバー

なら、一年を通じて幅広く対応できると思います。

冬季の寒い時には、この格好にアウターを重ねればOK。

どうして長袖にこだわるの?冬ならともかく、夏なら半袖でいいじゃない、というところなんですが、自転車ってハンドルを持つ状態だと、腕を前に突き出してますよね。

長時間走ると、焼けるんですよ。真っ赤っ赤に。

ですので、夏でも腕を隠せるコーディネートをおすすめします。

下半身

ボトムスは、

  • パッド付きサイクルインナーパンツ + ハーフパンツ + レッグカバー

もしくは、

  • パッド付きサイクルインナーパンツ + ロングパンツ

などが良いのではないでしょうか。

さらに軽量化を図るなら、パッド付きのサイクルパンツだけでも快適です

僕が当初用意したのが、

  • パッド付きサイクルインナーパンツ + ロングタイツ + ハーフパンツ

だったのですが、腹部でインナーとタイツが重なると、汗もかくし窮屈だし、快適なサイクリングにはなりませんでした。

サイクルインナーパンツは、パッド付きで長時間の走行時にはお尻の痛みをやわらげてくれる(はず)ので必須なんですけど、男性向けの情報としては、前が開かないんですよねえ…トイレに行くときは、下ろすしかないんです。

そこで、インナーとタイツが2重になってるのを下ろすのは結構不便です。(体験談。)

このパンツにしても、素肌が見えている部分は日焼けで真っ赤っ赤になってヒリヒリしますからね。長ズボンタイプもしくはレッグカバーで隠すようにしています。

コーディネート案まとめ

用意するウェアを最小にする場合

長袖サイクルウェア

ロングサイクルパンツ

(冬季用アウター)

移動中の温度変化など、細かく対応できるようにする場合

半袖サイクルウェア

アームカバー

ハーフサイクルパンツ

レッグカバー

(冬季用アウター)

こんな感じでしょうか。

長袖とか半袖とか、ロングタイツとかハーフタイツとか、厚手とか薄手とか、いっぱい用意したのに本当に数えるほどしか出番がないよ!もったいない買い物した!

と皆様には思ってほしくないので、こんなコーディネート方法、いかがでしょう。

組み合わせイメージ

半袖×ハーフパンツ。

KAPELMUUR(カペルミュール) 半袖ジャージ デニムプリント インディゴ 【kphs044】 XS
リンプロジェクト 【3015】 ストレッチサイクルショートパンツ ベージュ L

長袖×ロングパンツ。

(カペルミュール)KAPELMUUR サイクリング 長袖ジャージ グレンチェック グラファイト <kpls032> メンズ/レディース kpls032 グラファイト XL
KAPELMUUR(カペルミュール) カジュアルパンツ バーズアイ 【kplp011】 L