自転車を持ってアワイチサイクリング!淡路島へのフェリーやバスでのアクセス方法

この記事が役立てばシェアいただけると励みになります

スポンサーリンク

自転車で淡路島一周サイクリング!通称アワイチ。

アワイチに興味を持っておられる方も多いと思うのですが、いざ淡路島に行こうと思ったときに、淡路島までの行きかたは、案外思いつかないのではないでしょうか。

ロードバイクを車に乗せて淡路島まで行ける方は、明石海峡大橋や大鳴門橋を渡ってアクセスできますが、僕はクルマを持っていないので、電車やバスや船などの、公共交通機関を利用するしかありません。

どのようなアクセスの方法があるか、調べてみました。

スポンサーリンク

まずは大本命。兵庫から明石‐岩屋フェリー航路

兵庫県明石と、淡路島の岩屋を結ぶフェリー、「淡路ジェノバライン」です。

30分~40分おきに出航しており、便数も多いです。

船の乗り場もJR・山陽電鉄の明石駅からすぐとアクセスしやすく、乗船時間は約13分とあっという間。

淡路島と兵庫県淡路市を結ぶ高速船 淡路ジェノバライン

大阪から関空‐洲本フェリー航路

関西国際空港(関空)から淡路島の洲本を結ぶフェリー、「淡路関空ライン」。

関空から出発するということで、近畿南部の方や、遠方からの飛行機輪行の方に便利なアクセス方法です。

四国からはこちら。バス路線

路線バス「淡路・徳島線」

現状、四国から淡路島へのフェリー航路は就航しておらず、大鳴門橋も自動車専用の高速道路ですので、自転車で渡ることはできません。

そのため、四国から直接淡路島に行こうと思ったときには、このバス路線「淡路・徳島線」がメインの方法となります。

淡路交通は淡路島のバス運行会社です。淡路交通は、淡路島を起点に、大阪・神戸や徳島への高速バスを運行、また淡路島内では、『島の足』として路線バスを運行しております。

バスには自転車を乗せられる?

さて、ここで気になるのが、このバスには自転車を乗せれらるの?ということ。

バスを運行している淡路交通に問い合わせたところ、大変丁寧な回答をいただきました。ありがとうございます!

淡路交通様からの回答

弊社の淡路・徳島線では、自転車を折りたたんだり車輪を外すなどして輪行袋に入れた状態であれば、全ての停車停留所でトランクルームへの積み降ろしが可能となっております。

トランクルーム内ではお荷物を固定いたしません。万が一破損が起きましても弊社では責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
また、淡路・徳島線は運行便数が非常に少なくなっております。ご利用の際にはお時間にご注意ください。

淡路・徳島線での自転車お取扱は上記の通りですが、淡路島内を運行いたします一般在来線では自転車のお持ち込みを一切ご遠慮いただいているほか、淡路島と神戸・大阪方面を結ぶバス路線では停留所により自転車の積み降ろし制限がございます。

淡路・徳島線以外の弊社バスをご利用されることがありましたらご注意ください。

とのこと。

  • 淡路・徳島線では、輪行袋に入れた状態なら、すべてのバス停でトランクルームへの積み下ろしが可能。
  • 淡路島内を運行する一般在来線では、自転車の持ち込みは一切できない。

の2つが、大事なポイントになりますね。

鳴門海峡バス+トラック並走ルートが実現!

現実に運行しているこのバス路線とは別に、大鳴門橋を結ぶ定期バスにトラックを並走させ、サイクリストはバスに乗車し、自転車をトラックで運ぶ案が検討されていたところ…

自転車での移動ができない四国―淡路島間で、サイクリストに対応するバス便を運行するための検討が始まった。徳島県鳴門市、兵庫県南あわ...

平成29年10月1日より、なんと実現しました!

通称「海峡またぎ」です。

「海峡またぎ」鳴門市黒山バス停‐淡路島・陸の港西淡ルート解説

サイクリストは鳴門市の「黒山バス停」付近で自転車を4トントラックに積み込み、近くにある高速バス停から定期バスに乗って移動。大鳴門橋を渡り、淡路島の「陸の港西淡」で自転車を受け取ります。

逆方向も同様で、トラックには最大20台の自転車を積み込めます。

運行本数は、土・日・祝日に1日3往復。

AWAサイクリングコース誕生

また、「海峡またぎ」自転車輸送サービスの開始に伴い、南あわじ市・鳴門市・東かがわ市の3市をつなぐサイクリングコースが設定されました。

南あわじ市・鳴門市・東かがわ市を駆け抜けよう。3市をつなぐサイクリングコース。

※ASAってなんだ?と思ったら、どうやら「阿波(Awa)」「讃岐(Sanuki)」「淡路(Awaji)」のよう。

ぜひ定期運航につなげてほしい!深日(ふけ)‐洲本社会実験航路

最後に、大阪府岬町の深日港と、淡路島の洲本を結ぶ航路「深日洲本ライナー」。

社会実験として、平成29年6月25日から9月30日まで、期間限定で運行しています。

この航路、淡路島でのサイクリングに向かうサイクリストを念頭に置かれてまして、予約をすれば、ロードバイクを輪行袋に入れなくてもフェリーに自転車の持ち込みができます

まとめ

明石-岩屋のジェノバラインは有名ですが、それ以外の航路やバス路線は知名度が低い気がします。(運行本数を考えたら仕方がないのですが)

淡路・徳島バス路線の活用と、深日-洲本社会実験航路の定着がポイントとなりそうですね。

深日洲本ライナーは社会実験運航期間がもうすぐ終了しますが、ぜひとも定期運航につなげていただきたいものです。