ブルーラインに沿ってしまなみ海道を走ると、因島は北側を走り、中ほどの生口橋から、生口島に渡ります。

 

ですが、じつは因島の中心は、しまなみ海道が通らない、島の南側。

食も文化も、知られていないスポットがたくさんあるんです。

 

この記事では、因島に来たなら一度は食べたいソウルフード、因島のお好み焼き「いんおこ」を紹介します。

大ボリュームで大満足!美味しかった!

https://kanko-innoshima.jp/recommended/inoko

 

しまなみ海道因島のお好み焼き「いんおこ」 出来上がりのお好み焼き

 

因島のお好み焼き「いんおこ」

特徴はうどん入り

因島のお好み焼き「いんおこ」の特徴は、お好み焼きの具材に「うどん」が入っていること。

うどん入りが主流となったのは、造船の島として栄えた因島で、造船マンのお腹を満たすために、腹もちの良いうどんが使われるようになったからだとか。

 

土生港周辺にお店がたくさん

お好み焼きのお店は、因島の南部、土生(はぶ)港周辺にたくさんあります。

 

僕がお邪魔したのは、土生港近くにある「新天地」さん。

しまなみ海道因島のお好み焼き「いんおこ」 新天地外観

 

土生港周辺にはほかにもお好み焼きのお店がたくさんあり、繁盛していました。

 

お好み焼き「いんおこ」をいただきます!

お好み焼きに入る具材はうどんとそばを選べるのですが、注文時に聞いたお話によると、やはり「因島の定番はうどん!」とのこと。

 

お好み焼きと言っても、新天地さんのお好み焼きは、具材を混ぜたふんわり生地ではありません。

鉄板にクレープほどの薄さでパリッと焼いた生地に、

キャベツどーん!

モヤシどーん!

うどんどーん!

 

どさどさ乗せられて、すごい高さになっています。

しまなみ海道因島のお好み焼き「いんおこ」 鉄板で焼かれているお好み焼き

 

焼いているうちに、地元の方々も次々に来て、店内で食べたり持ち帰ったり。

地元で定番になってるお店って良いですね。

 

あれだけ高さがあった具材が、しんなりと濃縮されていき…

焼きあがりました!いただきます!

しまなみ海道因島のお好み焼き「いんおこ」 切り分けたお好み焼き

 

…キャベツが甘い!

うどんもずっしりボリュームがあってうまい!

がっつり食べられて美味しい!

 

食後にコーヒーも出していただきました。お好み焼き屋さんなのにサイフォンコーヒー…!

しまなみ海道因島のお好み焼き「いんおこ」 食後のコーヒー

 

因島のお好み焼き「いんおこ」|因島に来たなら食べてみて!

大ボリュームでガッツリ食べられる、

  • ウマいぞ!
  • ハラいっぱいになるぞ!
  • とりあえず食べろ!

という、地元で愛されるお好み焼き。

 

自転車で走ってきたお腹にもぴったりでした。

すごく美味しかったです。

ごちそう様でした!

 

メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
自転車ニュース カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー
こちらの記事も読まれています

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう