やっとお気に入りのロードバイクを購入し、さあサイクリングに出発だ!と思ったら、次に探すのがサイクルウェアではないでしょうか。

 

そして、本格的なサイクルジャージや、サイクルウェアを見つけて思うのですが…

 

僕も思いました。

 

「うわ…高っけえ…」

 

 

そうなんです。

ウェアもパンツも1万円前後。

本格的なものになれば、もっと高価なものもあります。なんでこんなに高いんだ!

 

いきなり一式を揃えるとなると、やっと高価なロードバイクを手にしたばかりの財布にも、さらに痛手をこうむってしまいます。

それでも僕の場合、物欲が勝ってしまって、やたら欲しくなって買ってしまうんです…旅費に充てたいのですが。

 

本格的なウェアは後回しでもOK。コスパ重視で安いウェアから試すのがおすすめ!

値段が高いのには、高いなりの機能やデザインが備わっているんですけど、「だから高価なもので揃えるべき」とは、とても言えません。

今になって、振り返って考えたら言えることなんですけど、

 

  • まだ乗り慣れていないため、自転車に長時間乗らない
  • 自分にとって、どんなアイテムが必要なのか分からない
  • これから、どんなシチュエーションで(輪行?レース?ポタリング?)自転車に乗っていくのかも分からない

 

こんな状況で、前もって本格的なウェアだけを一式揃える必要はないと思います。

 

まずは自転車に乗って出かけてみよう

極端なことを言うと、まずは一般のスポーツウェアでも、ロードバイクには乗れます

ただ、せめてパッド付きのインナーパンツでお尻の痛みは防止したいし、少しは自転車向けのデザインの乗りやすいウェアでロードバイクに乗りたい、というのもありますよね。

 

そこで、おすすめの方法。

まずはコスパの良い、リーズナブルなものでウェア一式を揃えてみて、とりあえずサイクリングに出かけてみる!というのはいかがでしょうか。

せっかく手にしたロードバイク、乗らなければもったいないですからね。

 

街乗りからポタリング、遠方へのサイクリング…と、乗る距離が長くなり、慣れてくるころには、きっと自分が欲しいアイテムや、欲しい機能のイメージができていると思います。

 

ということで、今回はコスパ重視の「自転車に乗りたいときにまず揃える、できるだけ安いサイクルウェア一式」を探してみました。

安いサイクルウェア一式を探してみよう!

サイクルジャージ

半袖で2,000円、長袖で3,000円くらいです。

インナーパンツ

安いラインの平均は1,000円から2,000円くらい。

パンツ

使い勝手が良さそうなヒザ下の長さ。

ウインドブレーカー

サイクルグローブ

サイクルソックス

 

まとめ

価格だけでなく、デザインなども考えたので、すべてを最安値で選んでいるわけではありませんが、バランスよく揃ったかと思います。

評価の良いアイテムも多く、コストパフォーマンスが良さそうですね。

 

ただ正直なところ、ここで紹介したアイテム(特にジャージとパンツの2大ウェア)は、走る距離や乗る時間などが長くなり、ロードバイクに慣れてくると、物足りなくなるかと思います。

それでも、本格的なウェアを探す前の段階では役に立つかと。

 

いきなりウェア一式を買い揃えて、「高価な真冬用ジャケット買ったけど、そもそも外に出ないやん!失敗した!」とか思うのはもったいないですから(僕のことです)、選択肢の一つとしていかがでしょうか!

あわせて読みたい

ロードバイク初心者におすすめの服装は?自転車ウェアのコーディネートを解説!

↓意外にリーズナブルなウェアもあるんですよ

カジュアルな自転車ウェア10選!ロードバイクをゆったりおしゃれに楽しもう

一枚あれば万能な、超おすすめのサイクルパンツ。インナーパンツは要りません!

パッド付きで万能!パールイズミ 「サイクルカプリパンツ/サイクルクロップドパンツ」が超おすすめ


▼管理人、すごくラクになりました!紹介記事は→こちら モデル_服
こちらの記事も読まれています
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう