琵琶湖を走るサイクリストにはおなじみ。

でも誰も正式名称は知らず、うまく場所の説明もできないスポット。

 

通称「あのベンチ」。

 

定番なのにナゾな人気スポットについて紹介します。

 

琵琶湖「あのベンチ」

 

琵琶湖のほとりにあるだけ、なのに映える「あのベンチ」

琵琶湖「あのベンチ」

 

目の前には穏やかな琵琶湖。

湖岸の栴檀(センダン)の木の下に、ポツンとベンチは置いてあります。

 

設置したのは近くに住む男性。

ベンチを置いたのは2008年あたり。当時は背もたれがなく、のちに改修して今の形になりました。

 

琵琶湖と対岸の山々を見ながら休憩できる、気持ちがいい場所です。

 

「あのベンチ」ってどこにあるの?

 

「あのベンチ」があるのは、琵琶湖の東岸、彦根駅の南西です。

湖岸沿いの道路を走っていると、急に現れます。

琵琶湖「あのベンチ」遠景

 

「あのベンチ」の最寄りの駅は、JR東海道本線(琵琶湖線)の稲枝駅と河瀬駅。自転車で琵琶湖沿いを走っているときは、駅は意識しないと思いますが

両駅とも、琵琶湖岸に向かって8kmくらいの距離です。

 

琵琶湖の定番スポット?「あのベンチ」で少し休憩

琵琶湖「あのベンチ」

 

「あのベンチ」の周りは普通の住宅街。というか、民家の目の前です。

ベンチをお借りして休憩するときは、騒がしくしないように注意しましょう。

 

雄大な琵琶湖を見ながら、足を休ませる定番スポット。

「あのベンチ」の紹介でした。

 

 

メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
自転車ニュース カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー
こちらの記事も読まれています

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう