全国のサイクリングのレポート記事に合わせて、自転車旅行(輪行)途中の電車やお店にも、気軽に入れるデザインのウェアを紹介してしているこのブログ。

 

これまで、カジュアルサイクルウェアのブランドでは、

などを紹介しました。

 

もう一つ、素敵なブランドを見つけました。

爽やかで華やか、そして粋!

この記事では、「BIKOT(ビコット)」を紹介します。

 

京都のサイクルショップ「きゅうべえ」のオリジナルブランド

「BIKOT(ビコット)」は、京都の自転車屋「きゅうべえ」が展開するオリジナルブランド。

日本伝統の色と柄をモダンデザインとして取り入れたサイクルジャージをはじめ、粋なアイテムが揃っています。

 

伝統和柄が、こんなに粋でおしゃれ!

半袖サイクルジャージが、こんなに素敵な柄です。

 

鱗(うろこ)

梅(うめ)

麻の葉(あさのは)

よろけ縞(よろけじま)

青梅波(せいがいは)

 

サイクリングが楽しくなる柄ですね。

輪行で電車や飛行機に乗るには、ちょっと色鮮やかと感じるかも?

 

バックパックと輪行袋

これ素敵!と飛びついたのが、バックパック輪行袋

 

以前の記事にて、このバックパックと輪行袋を紹介しているのですが、シンプル・スタンダード・機能美が追及されているために、無地が多いんですよ。

ドイターやパールイズミにかかわらず、とにかく柄物が少ないんです。

 

その点、「BIKOT(ビコット)」のバックパックと輪行袋は、華やかな和柄が素敵なんです!

 

バックパック

輪行袋

 

選ぶのも楽しい、粋な和柄アイテム

和柄でありつつ、さわやかに明るく、サイクリングを楽しくするデザインです。

 

さらに、ブランドを作っているのが自転車屋

長時間のロードバイクを快適にする、機能てんこ盛りのブランドです。

 

これだけ目を引くのに、まだ有名ではないのが不思議なところ。

いずれ人気が出ること間違いなしの、話題を独占できるブランドです!


▼管理人、すごくラクになりました!紹介記事は→こちら モデル_服
こちらの記事も読まれています
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう