• 来島海峡大橋 しまなみ7海道サイクリング
    【超まとめ】7海道走破!しまなみ・かきしま・さざなみ・せとかぜ・とびしま・はまかぜ・ゆめしまサイクリング記事総ざらい
    2017年11月25日
  • アウター
    冬のロードバイクを暖かく!防寒におすすめのアウタージャケット10選!
    2017年11月1日
  • アウター
    一枚あれば大活躍!ロードバイクにおすすめのウインドブレーカー10選!
    2016年12月26日
  • パンツ
    自転車にもカジュアルなズボンで乗ろう!ロードバイクにおすすめのサイクルパンツ10選!
    2016年9月12日
  • トップス
    秋冬でもロードバイクを暖かく!カジュアルな厚手の自転車ウェア10選!
    2017年10月19日
  • トータル
    ロードバイクのサイクルウェア冬用おすすめコーディネート。防寒対策はこんな服装で!
    2018年1月4日
スポンサーリンク

八幡浜市全図

 

愛媛県八幡浜市。

佐田岬半島の付け根にある街です。

四国の最西端・佐田岬まで行くときに泊まりました。

【佐田岬】目指すは四国の最西端!せとかぜ海道・三崎港-佐田岬サイクリングレポート
2016-08-06 11:32
四国・愛媛県の西部に、佐田岬半島という半島があります。 日本一、細長い半島です。 その先には佐田岬という岬があり、ここが四国の最西端です。 また、伊予灘・佐田岬せとかぜ海道...

 

で、記事のメインは佐田岬までのサイクリングなので、『宿泊は八幡浜に泊まりました』の一文だけで済むんですけど、あまりにもいい街だったので、どうしても別記事に書いておきたくてこの通りです。

 

スポンサーリンク

八幡浜の紹介

 

八幡浜へは松山から西へ、JRの特急で50分ほど。今治からは同じく特急で1時間30分ほどです。

港町なんですけどね、雰囲気がいい町だったんですよ。

山があって海があって。

 

その素敵具合と言ったら、別の機会に改めて旅行先に選んだほど

友人には『町に行くためだけに旅行先に選ぶなんて訳わかんねぇ』と言われました。

 

…はい。独りよがりです。

いいと思ったから書いてる記事になるので、参考にはならないと思います。

 

でもねえ、本当に良かったんですよ。特に夜にぶらぶらするのが。

 

スポンサーリンク

西予・南予へ旅行するときの拠点におすすめ

輪行やサイクリングのコース的に解説すると、八幡浜は伊予灘・佐田岬せとかぜ海道のほぼ真ん中に位置しているので、西に佐田岬や三崎港南に宇和島東に松山と、宇和島を含めた周辺を回る際の拠点にうってつけです

 

 

スポンサーリンク

ホテルも充実

宿泊施設も多いです。

20分くらい歩きますけど、JR八幡浜駅の駅前よりも、港近くのほうが商店街もあり、お店も宿泊施設も多くて泊まりやすいかと。

 

代表的なホテルはこちら。

1.天然温泉「みかんの湯」スーパーホテル八幡浜

一人旅ならここがおすすめ。朝食無料、大浴場もあり、施設も新しくきれいです。シングルルームは充実していますが、ツインルーム以上の部屋がないのが惜しいところ。

 

2.八幡浜センチュリーホテル イトー

ツインルームのほか、6畳~12畳の和室もあるので、複数人での旅行もばっちり。お風呂もありますが、常時入浴させていただけるかは予約時に要確認。(僕が泊まった時は、偶然お湯が張られていたので、入らせてもらいました。)

 

3.ハーバープラザホテル

 

その他八幡浜周辺のホテル検索結果

http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/15181586.6445a957.15181587.79ee1e56/?pc=http%3A%2F%2Fkw.travel.rakuten.co.jp%2Fkeyword%2FSearch.do%3Fcharset%3Dutf-8%26f_max%3D30%26lid%3DtopC_search_keyword%26f_query%3D%25E5%2585%25AB%25E5%25B9%25A1%25E6%25B5%259C&m=http%3A%2F%2Fkw.travel.rakuten.co.jp%2Fkeyword%2FSearch.do%3Fcharset%3Dutf-8%26f_max%3D30%26lid%3DtopC_search_keyword%26f_query%3D%25E5%2585%25AB%25E5%25B9%25A1%25E6%25B5%259C&scid=af_url_txt&link_type=text&ut=eyJwYWdlIjoidXJsIiwidHlwZSI6InRlc3QiLCJjb2wiOjAsInRhciI6MX0%3D

 

上記のホテルはどれも港側の地区にあります。

近くには21時まで営業しているスーパーマーケット(ショッパーズ千代田町)もあるので、あらかじめ食料やドリンクやおやつを買い込んでおいて、夜にホテルで楽しむというのもアリですね。

 

深夜営業の店も多い

八幡浜は港町。

大分の別府と臼杵とを結ぶフェリー航路が発着し、深夜便もあるからでしょうか、比較的夜遅くまで開いている店も多いです。

 

正直に言います。

店の多さと夜の楽しさは、今治よりも都会です

 

今治はですねえ…しまなみ海道に向かう時に何度か泊まってるんですけど、晩ごはんを食べるお店を探すのに苦労するんですよ。

夜遅くまで開いている店は少ないし、今治焼き鳥の有名店は行列ができてるし。

 

これに対して八幡浜。

食べられる食事の量には限度がありますので、どの店に入ろうか迷います

なんと贅沢な悩みなことか。

 

グルメも充実

鯛めし!

愛媛県の名物として知られていますが、まず、愛媛県の鯛めしは2種類あります。

ひとつは東中予(松山方面)の鯛めしで、土鍋で作る炊き込みご飯タイプ。

 

DSC02511

松山で食べた中予風鯛めし。

 

もうひとつがこちら、南予(八幡浜・宇和島方面)のもので、鯛の刺身を特製たれに浸し、生卵をかきまぜ、アツアツのごはんにかけて食べます。

 

超贅沢な卵かけごはんです。

 

鯛めし

 

食べられるお店はこちら、『浜味館あたご 船場通り店』。

鯵めしが美味しかった!

http://www.dokidoki.ne.jp/home2/atago/

ただ…すみません、鯛めしだけで言うなら、佐田岬の三崎港にある『まりーな亭』に寄ってみてください…

 

ステーキ!

僕が入ったお店がこちら、『ロボス』。

http://tabelog.com/ehime/A3803/A380302/38008139/

 

ハンバーグにステーキに、ボリュームのあるお肉をいただけます。愛媛での旅行中は魚介類を多く食べるので、港町で肉というのもイイですね!

 

メイン、サラダ、ごはん、味噌汁という嬉しい定食スタイルです。

 

ガッツリなのにペロリと行けますよ!

 

締めはお茶漬け!

ついつい2回とも寄ってしまいました。

なんと深夜3時まで空いてます。締めにぴったりのお店『みなと』。

http://tabelog.com/ehime/A3803/A380302/38005200/

 

一人でも、お酒が飲めなくてもOK

僕はお酒が飲めません。

そして、この時の旅行は一人で行きました。

そう、つまり、八幡浜は「夜に」「お酒が飲めなくても」「一人で」入れる店が多くあるんです!

 

スーパーホテル八幡浜のグルメ情報ページが参考になります。

http://www.superhotel.co.jp/s_hotels/yawatahama/gourmet.html

 

あとは「八幡浜ちゃんぽん」なるものを食べなければ

ご当地グルメなのにまだ食べてないんです。八幡浜ちゃんぽん。

次に行ったときはぜひ!

http://www.asahibeer.co.jp/area/09/38/yawatahama/appeal/index.html

 

道の駅・みなとオアシス八幡浜「みなっと」

おみやげ屋と魚屋と海鮮食堂がくっついた施設です。

旅行者やサイクリストに魚介類は手が出しづらいので、お土産を買うのに利用しました。食堂も観光客相手なんでしょうね、ちょっと高かったなー。

駅のお土産売り場よりこちらのほうが充実しているので、みかんジュースやみかんゼリーはこちらで購入するのが良いと思います。

 

以上、八幡浜についての報告を終わります。

※アイキャッチの画像は八幡浜市役所HPより使用させていただきました。

 

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連キーワード
瀬戸内7海道の関連記事
  • せとかぜ海道で泊まるならここ!三崎港を代表するお宿「えびすや旅館」
  • 飛行機輪行の強い味方!松山空港のサイクルステーションが便利
  • 広島からも呉からも楽々アクセス!かきしま海道への行きかた
  • かきしま海道サイクリングのおすすめグルメ!ランチ勝負「海辺の新鮮市場」と食事処「かつら亭」
  • とびしま海道サイクリングのグルメならここ!ランチもOKの食事処「かつら亭」
  • とびしま海道サイクリングはどこから行ける?橋やフェリーでのアクセス方法いろいろ!
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう