とびしま海道サイクリングのグルメならここ!ランチもOKの食事処「かつら亭」

この記事が役立てばシェアいただけると励みになります

スポンサーリンク

先日、2回目のとびしま海道サイクリングを堪能しました。

とびしま海道にサイクリングに行ってきました。 とびしま海道は以前にも自転車で走ったことがありますが、 ...

とびしま海道は約31kmと短い海道ではあるものの、広島から、竹原から、今治から…と、どうしてもアクセスするまでの時間がかかってしまいます。

安芸灘とびしま海道。 「裏しまなみ海道」とも呼ばれ、かつてはしまなみ海道のすぐそばにありながら、知る人ぞ知る海道でした。 ...

さらにサイクリングはそこからスタートするわけですからね、途中で美味しいグルメを味わいながら、ゆっくりと海を眺めて休憩したいものです。

今回は、とびしま海道おすすめの食事処について。

スポンサーリンク

見つけやすくて美味しい食事処がおすすめです

初めてとびしま海道にサイクリングに行く場合、「ランチはどこで食べようか?」と調べる方も多いのではないでしょうか。

とびしま海道の観光サイトでは、グルメ情報として多くのお店が紹介されているのですが、僕が走ったブルーライン(サイクリング推奨コース)沿いには、定食のようなしっかりとした食事がいただけるようなお店はあまり見当たらなかったような…?失礼ながら、僕が気づいていないだけだったかもしれませんが

初めて走るコースのサイクリングですから、大まかな地図ではお店の場所が分からないうえ、そもそも、自分がどのあたりを走っているのかも分かりません。

ずっと拡大地図を見て走るわけにも行きませんし、路地に入らず、メインルートを走りながらでも見つけやすいお店を選んだ方が良いと思います。もちろん美味しいことが大前提ですよ!

とびしま海道のグルメならここ「かつら亭」さん

先ほど挙げた、「メインルートを走りながらでも見つけやすくて美味しいお店」がこちら、かつら亭さんです。

広島県呉市蒲刈にある宿で漁師料理の食事が堪能できるお店です。タコや地魚の天ぷら、タイの釜飯など瀬戸内の魅力が詰まった御膳が充実しています。また民宿も併設しておりますので、宿泊も可能でございます。

場所は安芸灘大橋を渡って2つ目の島、上蒲刈島にあります。

とびしま海道の真ん中に近いので、下蒲刈島と岡村島、どちらをスタート地点に選んでも寄りやすいのも便利なところ。

新鮮な瀬戸内地魚の食事がいただけます。ランチ時間でもOK

店内は広く、中央にある大きい生け簀に、元気なお魚さんたち(食材)が泳いでいます。

かつら亭さんの開店は11時。ランチ時間の営業もしていますので、サイクリングでペコペコになったお腹に、美味しい料理をガッツリいただくことができます。

メニューはどんぶりのほか、お刺身やてんぷらをメインにした定食もあり、一品ものも充実しています。

定番の「漁師丼」

生け簀の魚をさばいてもらおう

そして、ここからがおススメなのですが、メニュー表に記載されている食事のほかにも、生け簀にいる新鮮な魚を自分で選んで、さばいてもらうことができます

お値段は大きさにより決まります。よく言う「時価」ってやつですね。

僕が行った日には「ハゲ」が入荷されており(ハギとも言いますがかつら亭さんの表記通りで)、メニュー表では「1,800円~」というなかなか高額なお値段だったのですが、一人用に選んでもらったら小さめのハゲさんだったので、700円でいただけました。

食感はフグにも似ており、コリコリとして淡白でそれでいて超美味!

新鮮そのままでさばいていただく機会なんてなかなかありませんし、せっかくなのでぜひ、食べたことがないお魚を食べてみてください。

お値段もメニュー表そのままではなく、あくまで参考価格ですので、遠慮しないでおススメのお魚とお値段を聞いてみるのが良いですよ!

まとめ

  • 大通り沿いにあるので見つけやすく、
  • 大きいお店なので見つけやすく、
  • もちろん食事もおいしくいただける
  • ランチもOK!

という、わがままなポイントをすべて満たしているお店が「かつら亭」さん。

とびしま海道サイクリングのグルメなら、まずはここに行けば満足すること間違いなし!です。

なお、「かつら亭」さんは食事だけでなく、民宿も併設されていますので、宿泊もできます。

こんな美味しいお魚を晩ごはんにいただけるかと思うと、泊まってみたくなりますね…。