• トップス
    秋冬でもロードバイクを暖かく!厚手の長袖自転車ウェア10選!
    2017年10月19日
  • トップス
    【長袖】秋冬のロードバイクにおすすめ。カジュアルな長袖サイクルウェア10選!
    2017年7月18日
  • 来島海峡大橋 しまなみ・瀬戸内7海道サイクリングレポート
    【まとめ】瀬戸内7海道走破!しまなみ海道・かきしま海道・さざなみ海道・せとかぜ海道・とびしま海道・はまかぜ海道・ゆめしま海道サイクリング記事総ざらい
    2017年11月25日
  • アウター
    一枚あれば大活躍!自転車乗りのカジュアルなウインドブレーカー10選!
    2016年12月26日
  • パンツ
    ピッタリパンツは恥ずかしいから、街も歩けて電車も乗れるカジュアルなサイクルパンツ10選!
    2016年9月12日
スポンサーリンク

 

古都・京都。

そして、京都の観光地、嵐山。

渡月橋を望む風景が有名ですね。

 

その嵐山のど真ん中を起点とする、サイクリングコースがあります

サイクリング「推奨ルート」ではありません。れっきとしたサイクリング「コース」、自動車は入れない、公式な自転車道です。

 

このサイクリングコース、正式名称は「府道京都八幡木津自転車道線」と言い、その名のとおり、嵐山から八幡を経由し、木津までを結んでいます。

 

 

やっと夏の連日の暑さも和らいできて、秋梅雨の合間となった週末、走ってきました。

 

dsc03345

 

スポンサーリンク

大阪・枚方大橋→京都・嵐山サイクリングロード モデルコースログ

所要時間、走行距離

枚方大橋嵐山統計情報

 

距離は片道35km、往復70km。しまなみ海道とほぼ同じ距離です。

所要時間は休憩と昼食を含めて片道3時間弱。

 

3月に次男が産まれたこともあり、今年の春の輪行(例年なら富士山)は行っていないため、去年の秋のとびしま海道かきしま海道から、ロードバイクに乗るのはほぼ一年ぶり。

いきなりこの距離はやっぱりしんどいですね…毎度同じこと繰り返してるんですけど。

 

コース説明

大阪・枚方大橋から河川敷と堤防沿いで嵐山まで行けます

当方大阪からですので、淀川にかかる枚方市の枚方大橋から出発。

このサイクリングコースのすごいところ、嵐山までの全区間を通じて、信号を渡ることなくノンストップで行けるんです。(後に書く食事場所の前で一か所だけ渡りましたが、寄り道の途中ということで。)

 

枚方-御幸橋

厳密には、自転車道の本線に合流する御幸橋までは、この区間はサイクリングコースではありません。ただの淀川の河川敷です。

ですがしっかりと舗装されており、保守車両以外の自動車が走ることはありませんので、快適に走ることができます。

 

枚方大橋から淀川の上流を望む。いよいよスタートです。

枚方大橋から淀川の上流を望む。いよいよスタートです。

 

枚方大橋からしばらくは、上の写真のように河川敷の公園が続きます。

野球のグラウンドだったり、バーベキューをしていたり、家族で遊びに来ていたり、人が多いので安全運転を心がけましょう。小さい子も多いですしね。

 

鉄塔群を愛でながら走ります。

鉄塔群を愛でながら走ります。

 

広くてちゃんと舗装もされています。

広くてちゃんと舗装もされています。

 

ややこしポイント。ここは左に曲がりましょう。

ややこしポイント。ここは左に曲がりましょう。

 

高速道路と京阪電車の鉄橋と大きい橋が見える素敵ポイントまで着いたら、ここが御幸橋です。

 

dsc03341

 

御幸橋は二つの川にそれぞれまたがっていますので、説明上、木津川の御幸橋と、宇治川の御幸橋に分けて説明します。(上の写真に写っているのは木津川の御幸橋。)

 

木津川の御幸橋を渡ったところに、休憩スポットがあります

距離的にも、ちょうど1/3を走ってきたあたりです。中型の簡易トイレもありますので、少し休んでいきましょう。

 

dsc03342

サイクリストの定番休憩スポット。多くの方が休憩中。

 

御幸橋-京川橋 桂川サイクリングロード

そして宇治川の御幸橋を渡ったところを左に曲がり、ヘアピンカーブで180°向きを変えると、いよいよサイクリングコースの本線に合流。ここからは桂川サイクリングロードです。

 

淀川沿いは河川敷がメインでしたが、ここからは防波堤の上がメインになります。

淀川沿いは河川敷がメインでしたが、ここからは堤防の上がメインになります。

 

ややこしポイント。橋を渡る車道の下をくぐるため(横断する信号がないから)、河川敷に下ります。

ややこしポイント。橋を渡る車道の下をくぐるため、河川敷に下ります。

 

もう半分?まだ半分?

もう半分?まだ半分?

 

上は先ほどの道をまっすぐ行った道。道路を横断する信号が無いので回避したいところ。

上は先ほどの道をまっすぐ行った道。道路を横断する信号が無いので回避したいところ。

 

京川橋。次の休憩スポットの目印、オムロン「太陽の家」が見えます。

京川橋。次の休憩スポットの目印、オムロン「太陽の家」が見えます。

 

右を向けば京セラビル。コンビニが奥に見えます。

右を向けば京セラビル。コンビニが奥に見えます。

 

このコース、全ルートを通じてずーっと河川敷や堤防を走っているので、店舗どころか自動販売機も見当たらないんですよね。

ちょっとルートを外れて探せばあるのでしょうけど、サイクリングコースと開けている地区が交差し、なおかつ少しの移動で済む場所が、京都市伏見区の京川橋、赤池付近

そのまま嵐山方面に向かうなら、左の道で降ります。

 

そのまま嵐山方面に向かうなら、左の道で橋をくぐり、京川橋を渡りますが、あえて右に曲がると、ほど近い場所にお店が多くあります。

 

曲がって一番近くにあるから、という理由もあるのですが、僕はいつもココイチ(CoCo壱番屋)でカレー。

 

カレーハウスCoCo壱番屋 京都赤池店

http://tenpo.ichibanya.co.jp/search/shop/pc/detail.php?SCODE=1040

 

もう少し離れれば、マクドとかラーメン屋もありますし、道を挟んで斜め向かい側にコンビニがありますので、飲料やお菓子などの補給はこちらでどうぞ。

 

最近のココイチは漫画が置いてるから危険ですね…ついついドラゴンボールのフリーザ編を読みふけってしまい、かなり居座ってしまいました。

 

京川橋-嵐山

dsc03347

 

空腹への補給も終わりましたし、気を取り直してラストスパート。

京川橋を渡り、オムロン「太陽の家」を過ぎ、久我橋の手前を右(北方面)に曲がります。

 

小さな橋を渡ります。

小さな橋を渡ります。

 

JRの線路をくぐり、阪急の線路をくぐり、見えてくるのは西大橋。渡ります。

dsc03353

 

橋を右から来て、180°曲がり、河川敷に下ります。

西大橋を右(東側)から来て、180°曲がり、河川敷に下ります。

 

最後のややこしポイント。細かい道も合わせたら、この一角だけで10差路近くになるんじゃないかな…

最後のややこしポイント。細かい道も合わせたら、この一角だけで10差路近くになるんじゃないかな…

 

河川敷から上がり、しばらく進んだら、最後のややこしポイントです。

正解の道はどこだ!?と迷うこと必至。あばら骨みたいに道が交差しています。

正解の道は、上の写真の「松尾・川よし」さんの横の道。

 

あとは道沿いに進み、そして、ゴール!

 

dsc03359

 

暑い中を走ってきたのでホッと一息。休憩。

dsc03358

 

 

帰路にて

はー、目的地にまで無事に着けたのは気持ちいいけど、帰りはしんどいなぁ。

コンビニくらいしか寄るところがないし…

 

モーニンググローリー周辺

 

ん?

 

ちょっと待って。なんですか今の看板。行くときには気づかなかったよ?

 

モーニンググローリー看板

 

堤防に、カフェの看板?

 

左を向くと。

 

モーニンググローリー

 

うおー!

 

なんという立地にカフェが!

 

休憩場所の過疎地域にこんな魅力的なスポット、このサイクリングコース走ってる人をごっそり入れ食いですやん。これは入りたくなるよ!

 

しかも、裏手のはずの堤防に向かってこの案内

モーニンググローリートリミング

 

どれどれ、それではコーヒーを飲みながら甘いものでも…と思って近づいたら、

 

満席でした(泣)

 

うん、素敵なお店ですし、繁盛しますよね!

 

今回は一人だったし、素直に帰りましょう。誰かと一緒だったら席が空くのを待って、脚を休めながらゆっくりおしゃべりするのも良いですね。

 

去年走った時はこんなお店無かったような…と思ったら、開店1周年だそうで、おめでとうございます!

http://ameblo.jp/airuyori/

 

場所はここ。
サイクリングルート上では、赤池と御幸橋の間くらいですかね。

いや、ほんとに絶妙な場所に良さげなカフェを出していただいたものです。

カフェ モーニング グローリー(略してモニグロ)さん、次回はぜひ寄りたいなぁ…

 

20160928追記 短くまとめた記事を公開しました

大阪から京都・嵐山までノンストップのサイクリングロード【簡略版】
2016-09-28 09:30
先日、大阪の枚方大橋から京都の嵐山までをサイクリングする記事を書いたのですが、 http://train-cycling.com/hirakata-arashiyama 途中の...

 

20170207追記 御幸橋から進む方向を変え、流れ橋を目指すのも楽しいですよ

木津川・流れ橋を見に行こう!大阪-京都 河川敷サイクリング
2017-02-07 11:14
「流れ橋」。 皆さんも、お聞きになったことがあるのではないでしょうか。 台風などで川が増水すると橋げたが流される構造を持つもので、中でも有名なものが、京都府八幡市と久御山町を結...

 

スポンサーリンク
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連キーワード
  • 続・流れ橋を見に行こう!大阪-京都 河川敷サイクリング
  • 【サイクリング】”理想郷”二ライカナイへ!レンタサイクルで行く、沖縄本島南部一周サイクリング
  • 木津川・流れ橋を見に行こう!大阪-京都 河川敷サイクリング
  • 【松江・宍道湖・出雲大社】レンタサイクルで行く"縁結び街道"!宍道湖-出雲大社サイクリングレポート
  • 【サイクリング】ゆるり東岸"プチ"ビワイチ!レンタサイクルで琵琶湖を満喫
  • 大阪から京都・嵐山までノンストップのサイクリングロード【簡略版】
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

こちらの記事も人気です