しまなみ海道大三島、旅館「ときわ旅館」さんの中庭

 

しまなみ海道の紹介記事「初心者こそ行ってみて!しまなみ海道サイクリングの魅力を紹介」にて、「しまなみ海道サイクリングは途中の島内で1泊する旅程を組むことを強くおススメします!」なんてことを勢いよく書きました。

では、宿泊するのはどこがおすすめでしょう?

 

今回は、しまなみ海道で宿泊するなら、ぜひとも選んでほしいおすすめの島、大三島を紹介します!

 

しまなみ海道にある旅館やホテル

しまなみ海道でホテルや旅館を探すとき、宿泊施設がいちばん充実しているのが、もちろんしまなみ海道のスタート・ゴールの今治と尾道。

ただ実は、しまなみ海道の内部にも宿泊施設は多くあって、探すのに苦労はしないんです。

しまなみ海道の宿泊施設検索結果

 

しまなみ海道の途中で宿泊するなら、大三島の宮浦地区がおすすめ!

いきなりですけど僕のおすすめ

では、しまなみ海道の途中の島で宿泊するなら、どこがおすすめでしょうか?と聞かれたら、大三島で、さらに宮浦地区が開けていて良いと思います!

 

というか、僕がいつもここに泊まってるだけなんですけど、その理由がこの位置関係。

今治と尾道、しまなみ海道のちょうど真ん中あたりに位置するので、1日目も2日目も時間調整しやすいんですよね。

しまなみ海道の多々羅大橋が渡る東側から西側まで、大三島を反対まで移動しなければいけませんが、距離的にはそんなに遠くありません(5km程度)。

一つ坂を越えますが、負担は少ないです。

 

お店も旅館も多くあり、Aコープ(スーパーマーケット)もあるので、ドリンクとかお菓子を買い込んで、夜に旅館のお部屋でいただくのもアリですね。

 

大三島には宿泊施設も多いんです

楽天トラベルで検索(楽天トラベルの検索結果)してみると、この地区でまず出てくる宿が

  • 旅館さわき
  • 旅館茶梅

の2件。

両方とも人気のお宿のようですね。

 

そして、僕が泊まったことがある宿が、民宿の『民宿紺玉』さんと、旅館の『ときわ旅館』さん。

両お宿とも、楽天トラベルでもじゃらんでも掲載がなかったのですが、さわきさんや茶梅さんに比べて、リーズナブルな旅館として選びました。

 

総合的には『ときわ旅館』さんが良かったです。

 

紺玉さんはあとで紹介するマーレ・グラッシアまで、わざわざクルマで送迎していただいたのと、食べきれないほどのお料理を出していただきました。

次から次へと用意される刺身焼き煮付け唐揚げ

一食で、魚料理のレパートリーが全部食べられます。(当方、小食ですみませんでした…)

 

しまなみ海道大三島のお宿、ときわ旅館さん

周辺の地図を掲載します。ときわ旅館さんは赤色のマークの場所。

 

「ときわ旅館」さんの玄関にて。

昔ながらの、雰囲気の良い旅館です。

ときわ旅館人物消去

 

お食事はこんな感じ。

しっかり食べられて、もちろん美味しいです。

DSC00254

 

ここで、一番最初に載せた写真をもう一度。

しまなみ海道大三島、旅館「ときわ旅館」さんの中庭

 

実はこの写真、旅館の部屋の扉を出たところです。

廊下が吹き抜けになっていて、中庭が見下ろせます。なんて素敵な建物!

 

グルメ・お土産もばっちり

「大漁」の海鮮丼

激安で大量の刺身が乗った海鮮丼が食べられると有名なお店。

確かにいつも結構並んでます。

http://www.oideya.gr.jp/imatan/gourmet/tairyo/

 

僕は残念ながら、普段は大三島には夕方に着くので、旅館の晩御飯があるし、次の日も朝に出るからお昼の開店時間には間に合わないし…と、入ったことはありません。いつか食べられるかなぁ。

 

場所は青いどんぶりマークのところ。

道の駅 しまなみの駅 御島

多々羅大橋側から島の中央を通ってくると、大山祇神社の手前にある大きな道の駅です。

お土産も置いているほか、ジュースやゼリーなどのみかん製品も多く置いているので、いろんな種類のみかんの味を楽しんでください。

美味しいからと言っても、飲みすぎ注意!

この色つやのみかんが1ネット180円!もちろん甘いです。

この色つやのみかんが1ネット180円!超甘くてもちろんおいしい。

 

魅力的な観光スポットもいろいろあります

大山祇(おおやまずみ)神社の「ヘルメットお守り」

日本総鎮守と呼ばれ、全国に一万社あまりの分社を持つ神社、大山祇神社。全国の山祇神社、三島神社の総本社で、しまなみ海道でも有数の観光スポットです。

そしてここには、サイクリストがこぞって立ち寄る、あるアイテムがあります。

 

ヘルメットの裏

ヘルメットの裏に何かありますね

 

ヘルメットの裏に貼る、小さなお守りです

 

「ヘルメット守」は、縦5cm、横1.5cmという小さなお守り。

両面テープで、そのままヘルメットの裏に貼ることができます。

DSC03278

小さくとも、頭部を守っていただくご利益は大きいかと。

 

武将達の信仰の厚い神社で鎧兜が奉納されていることから、現代の兜→ヘルメットを守るお守りになったようです。

最近は普通の自転車(ママチャリ)でもヘルメットをかぶる習慣が広がってきましたので、お土産にも良いかと思いますよ。

 

場所は緑の鳥居マークのところ。

 

海洋温浴施設 マーレ・グラッシア大三島の「海水風呂」

ざっくりいうとスーパー銭湯ですが、よくある施設と違うのが、海辺にあるので、海水のお風呂があります。

こんなところでスーパー銭湯かよ…と思うなかれ。(なんでこんなところにスーパー銭湯が建ったのかは謎ですが)

 

一日ペダルをこいで疲れた脚と身体を、広いお風呂で伸ばせるのがどんなに気持ちいいことか!

 

ついつい長湯をしてしまいます。

http://www.oideya.gr.jp/spa/area_shimanami/maregracia.htm

 

場所は水色のお風呂マークのところ。

 

伯方の塩 大三島工場

…はい、頭の中にあのメロディが流れましたね。

あの、♪はっかったっのっしおっ!♪の工場です。

 

工場見学ができます。見学は無料、一人からでもOKです。

http://www.hakatanoshio.co.jp/factory/

 

場所は紫の工場マークのところ。マーレ・グラッシア大三島の隣にあります。

 

しまなみ海道サイクリング 途中で宿泊するなら大三島!の理由まとめ

おすすめポイントのまとめ

  • 距離的にしまなみ海道の真ん中
  • 旅館が多い
  • グルメやお土産もばっちり
  • 温泉に神社に工場見学と、その他スポットもいろいろ!

 

こんな感じで、しまなみ海道にサイクリングに行ったさいは、いつも大三島に泊まっています!

 

整え得
こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう