明日から自転車旅行に行ってきます!

 

以下、輪行のために用意したサイクリンググッズの一覧。(着ていくやつも含みます)

今夜は本当に、この記事を印刷したやつで最終チェックしますよ。

 

 

 

自転車関連用品

□ロードバイク(当たりまえですが)

RRX670

 

□ヘルメット

 

□輪行袋

 

□エンド金具

 

□携帯ポンプ

 

□パンク修理キット

 

□予備チューブ

 

□リュック

 

□グローブ

 

□アイウェア

 

□サイクリングスニーカー

走れるし歩けるし、すごく楽なんです。

 

□水筒

 

ロードバイクのボトルケージに入れるのもあるんですけど、

シマノ ドリンクボトル クリア/ブルーロゴ [Y9S0BOTLE1X]

こんなの

のんびりサイクリングでは走りながら飲むわけでありませんし、保冷が付いているほうが嬉しいので、魔法瓶タイプを使っています。

自動販売機で買った、冷たいのもすぐに入れられますしね。

 

□ワイヤーキー

180cmくらいの長いやつのほうが使いやすいです。

 

サイクルウェア

□上半身サイクルウェア 一着

 

□下半身サイクルパンツ 一着

パッド付きの楽々パンツ!

 

■パッド付きインナー

パッド付きサイクルパンツなので不要。

 

□長袖インナーシャツ 一着

 

□レッグカバーもしくはロングタイツ 一着

 

□サイクルソックス 1足

一日目と二日目の2足を用意しても良いんですけど、軽量化を優先させます。

 

□ウインドブレーカー

冷えてはいけないので、コンパクトなものを持っていきます。

 

私服

■トップス

一泊二日を通じて、移動中・サイクリングとも、一着のカジュアルサイクルウェアで対応

 

■ズボン

一泊二日を通じて、移動中・サイクリングとも、一本のカジュアルサイクルパンツで対応

 

■防寒具

一泊二日を通じて、移動中・サイクリングとも、一着のウインドブレーカーで対応

 

■上半身肌着

往路+サイクリング中、一着のアンダーウェアで対応

 

□下着 二枚

 

□肌着(帰路用) 一枚

汗をかいて走りきったあとなので、肌着くらいは着替えてサッパリしたいので。

 

■靴下

往復+サイクリング中、一足のサイクルソックスで対応。

履き替えようか悩んだのですが、一足だけにして、荷物を軽量化しようかと。

 

□パジャマ兼、宿泊地で過ごすためのルームウェア

旅館の中や、外に出るときに着るルームウェアを一着。

パジャマ兼用にできるもののほうが、荷物が増えなくて良いです。

 

小物等、補足のアイテム

□衣類圧縮袋

リュックに詰め込むには荷物は小さいほうが良いです。

特に衣類は圧縮袋に入れて空気を抜いて、小さくして入れましょう。リュックが膨らまなくてすみます。

 

圧縮袋はMサイズやLサイズよりも、Sサイズを複数枚持つほうが便利

大きいと、余る部分が多いんですよ。

 

ホームセンターで売ってるんですが、Sサイズだけのセットというのがなかなか無いんですよ。

MやLばっかりだったので、東急ハンズで買いました。

hands+ 衣類圧縮袋 S 2枚セット

 

□洗剤

旅行先のホテルにランドリー&乾燥機があればしめたもの!

これで1日分の着替えを省略できますからね。

 

持っていく洗剤は、個包装パックなら、かさばらなくて便利です。

 

■予備のコンタクトレンズ

レンズ付きのアイウェアを手に入れたので不要!

 

□洗顔フォーム(トラベルサイズ)

 

□歯ブラシ、はみがきこ(トラベルサイズ)ホテル備え付けのハミガキセットは苦手なんです

 

□シャンプー、リンス、ボディソープ(トラベルサイズ)

 

□ひげそり or シェーバー、シェービングジェル(トラベルサイズ)

 

□化粧水(トラベルサイズ)

ひげを剃ったあとはヒリヒリするので。

 

□日焼け止め

 

□整髪料(トラベルサイズ)

帰り道、電車に乗る直前までヘルメットをかぶっていて、ぺったりするので。

 

□デジカメ

□スマホ

□充電器

□財布

 

雨天対策

天候により、

□シューズカバー

 

□レインウェア

 

まとめ

こんなもんかな。

こうやって書き出していくと、輪行って案外、持ち物が多いんですよね…。

帰りはお土産も増えますし、帰路が一番重くなります。

 

自転車自体がただでさえ重いので、持ち物はなるべく少なく、身軽で出かけたいところです。

 

では、行ってきます!


▼管理人、すごくラクになりました!紹介記事は→こちら モデル_服
こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう