Amazonタイムセール祭り開催中!

しまなみ海道へは「大阪‐愛媛オレンジフェリー」が便利!自転車と泊まる特別な一夜

この記事は、大阪を夜に出港し、朝に愛媛(今治手前の東予港)に到着するオレンジフェリーを紹介します。

しまなみ海道の途中のフェリー乗り場一覧についてはこちらの記事をどうぞ。

大阪からしまなみ海道へ行くときにおすすめしたいルートとして、フェリー航路があります。

この記事では、大阪南港と愛媛・東予港を結ぶ「オレンジフェリー」を紹介します!

http://www.orange-ferry.co.jp/

新しく就航した新造船の情報はこちら!>>>大阪-愛媛「オレンジフェリー新造船」がすごかった!ゆったり豪華な完全個室

自転車もラクに運べる|大阪からしまなみ海道へはオレンジフェリーが便利

オレンジフェリー乗船場所 大阪南港フェリーターミナル
フェリーターミナル駅から移動中。わくわく。

オレンジフェリーは、大阪港を夜に出発し、今治の手前の東予港に早朝に到着する夜行フェリー。

出港は22:00で余裕があり、翌朝6:00には愛媛県ですので、すぐにサイクリングを始めることができます。

(かつては今治港に直接寄港する別のフェリー路線があったのですが、残念ながら今はこの航路しかありません)

しまなみ海道へ朝早くに着けるので、

  • 行きはオレンジフェリーで大阪から愛媛まで
  • しまなみ海道をサイクリング
  • 帰りは尾道から電車

というルートなど、時間に余裕をもった旅程ができます。

オレンジフェリー乗船場所 大阪南港フェリーターミナル

乗船するのは大阪南港のフェリーターミナル

ニュートラム南港ポートタウン線「フェリーターミナル駅」で下車し、陸橋を渡って徒歩3分です。

オレンジフェリーの船内

以下の船内の写真・情報は、かつての船舶の情報を残しています。
新造船の情報は、「大阪-愛媛「オレンジフェリー新造船」がすごかった!ゆったり豪華な完全個室」からどうぞ。

エントランス

オレンジフェリーの船内へ入ると、まず豪華なエントランスホールに目を奪われます。

オレンジフェリー エントランス大階段
これがフェリーの船内!豪華!

食堂や売店、お風呂も充実

船内は綺麗で広く、食堂、売店のメニューも充実しており、なんと大浴場もあるので、夜行フェリーにいながらお風呂に入ることができます。

ここで過ごす一晩の特別感がすごく好き

オレンジフェリー スカイラウンジ

展望ラウンジ

展望ラウンジからは、大阪南港の夜景。

デッキへ出るのも自由で、夜風に当たりながら夜景を楽しめます。

ラウンジにはテーブルとソファが多く置かれているので、読書をしたり歓談したり、各々クルーズの時間を楽しんでいます。

オレンジフェリー甲板から 大阪南港夜景
フェリーからの南港の夜景

航路上、明石海峡大橋と瀬戸大橋の下をくぐるのですが、ライトアップの時間に間に合ったことはありません…残念。

客室

オレンジフェリー2等指定客室
2等指定客室。空いている時期は手足を広げて休めます。

客室は特別室から2等指定まで、6等級。

サイクリングに使用するランクとしては、

  • 2等指定(雑魚寝部屋)
  • 2等寝台(室内に2段ベッド×4。2段ベッド部屋)

でしょうか。

寝るときの掛け布団としては毛布一枚ですが、空調が効いているので、寒暖を感じたことはありません。

ただ、

  • まくらが四角くて固いこと(結局使わない)
  • エンジン音が大きく響いているので、あまり眠れない

ことは、気を付けておいたほうが良いですね。

耳栓があると少し安心です。

オレンジフェリーへの自転車の持ち込み料は無料

ややこしいのが、自転車をオレンジフェリーに持ち込むときの料金です。

運賃・料金表にて『軽車両(自転車など)1650円』『手荷物510円~』とありますが、ロードバイクを輪行袋に入れた場合は無料です。

車輛代金説明ページ

オレンジフェリー|サイクルステーション案内ページ

しまなみ海道に自転車で行くなら、オレンジフェリーが楽しい!

愛媛東予港に入港したオレンジフェリーからの景色
新造船からの東予港到着の景色

ただ移動するだけでなく、特別な時間を提供してくれるフェリー航路。

寝て起きたら、しまなみ海道はすぐそこです。

便利で楽しいので、ぜひ体験してください!

関連記事>>>東予港から今治・しまなみ海道へ自転車で行く方法|オレンジフェリー下船後

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)