自転車をかついで、電車に乗り、フェリーに乗り、飛行機に乗り。

いろいろな場所に行きました。

 

遠くまで、自分のロードバイクを運んで、自転車で旅行する「輪行(りんこう)」。

だんだん慣れてきましたが、最初はロードバイクを分解して、梱包して、輪行袋に入れるのにも一苦労。

時間はかかるし、しっかり固定できないし!

 

さらに、自転車はどうやって移動したらよいのか、よくわかっていませんでした。

電車にはそのまま乗り込んで良いの?追加料金はいるの?

 

この記事では、初めて自転車旅行をしたときに立ち返り、ロードバイクを主に電車のほか、公共交通機関に乗せる手順を解説します。

これから初めて輪行する方の参考になれば嬉しいです!

 

電車で輪行したとびしま海道の写真

輪行、楽しいですよ!

 

まずは自転車を輪行袋に入れます。ロードバイクの分解の手順

 

最初がいちばん難しく感じるかもしれません。

ロードバイクを分解して、輪行袋に入れます。

 

ロードバイクを分解して、輪行袋に入れる手順については、「輪行で自転車を持ち運ぶ方法。手順は分解・固定・梱包の3つだけ!」にて詳しく解説しています。

 

初めて作業するときは、時間もかかるし、しっかり固定もできないものです。

何度も経験して慣れるのが一番ですので、あまり完成度を求めないのも大事ですね。

 

次は、電車や飛行機など、公共交通機関の乗り方

 

自転車旅行の定番!電車

輪行袋に入れれば手荷物扱い。追加料金はかかりません。

通常のロードバイクやクロスバイクなら、輪行袋に入れれば、追加料金はいりません

改札口からそのまま持って入りましょう。

 

車いす用の、幅が広い改札機から入ると少し楽です。

通常の改札機の幅でも、自転車が挟まって入らない、ということはありません。通るときにゴンゴンあたりますけど…

 

 

在来線のなかでの位置取り

改札口をとおったら、あとは電車に乗って出発するだけ!

 

…なのですが、

分解して輪行袋に入っていると言っても、自転車って大きいですからね。

他の乗客にぶつけたくはないし、ぶつけられたくもないですから、ラッシュ時に車両のど真ん中は避けたいところ。

 

一番前の車両の一番前もしくは一番後ろの車両の一番後ろなら、座席が無いのでおすすめです。

輪行の時、電車で自転車を置く場所は、車両の端が良いです

 

新幹線のなかでの位置取り

次に、新幹線に乗る場合。

新幹線に乗れれば、一気にサイクリングに行ける範囲が広がります!

 

新幹線は、各車両の一番後ろの席を予約したいところ。

各車両の一番後ろの席の後ろには、自転車が入るほどのスペースがあります。

ここに置くことを狙いましょう。

 

ただこのスペースは、みんなが狙っている大人気のスペース

旅行者のスーツケース、赤ちゃん連れのベビーカーなど、先に荷物が置かれていることもあります。

 

先に荷物が置かれていた場合は、デッキ(客室の扉の外側、出入り口エリア)に置きましょう。

 

のんびりと船旅。フェリー

 

自転車を持ってフェリーに乗船する流れについては、「自転車と一緒に大阪からしまなみ海道へ!オレンジフェリーの特別な一夜」にて解説しました。

 

フェリーに乗る場合、ややこしいのが、自転車を持ち込むときの料金です。

大阪からしまなみ海道への定番航路「オレンジフェリー」の場合、サイトの運賃には「自転車」の表記がありますが、これは自転車を車輛として持ち込んだ場合。

オレンジフェリー|運賃・料金表ページ

 

じつは、輪行袋に入れれば、料金はかかりません。

オレンジフェリー|サイクルステーション案内ページ

 

オレンジフェリーの場合は、僕も含めて、皆さんエントランスホールや通路に置いています。

乗客が少ない時には、室内にも余裕で置けます。

 

バス

 

自転車をバスに乗せることができる路線については、「輪行に便利!全国の自転車を積み込めるバスを調べてみた」にて紹介した路線があります。

 

ただ、長距離路線があまりないので、電車のほうが使いやすいかな?

 

飛行機

 

最後に飛行機!

実は自転車を飛行機に乗せる「飛行機輪行」も、カンタンに行けるんです!

 

参考記事>>>飛行機輪行やってみた!自転車の梱包方法と空港での手続きを解説

 

路線や空港によっては、空気入れなどを用意してあったり自転車運搬用の箱を貸してくれたりも。

 

自転車旅行に行ってみよう!輪行の方法まとめ

在来線に新幹線、そして飛行機(おまけにバス)と、幅広く輪行の方法を紹介しました。

 

ただ、やはり一番難しいのは、『自転車を輪行袋に梱包する→輪行袋から自転車を組み立てなおす』ところですね。

時間に余裕を持って、まずは旅を楽しみましょう!

 

あなたが最初に行きたい輪行はどこですか?

あわせて読みたい

【比較】輪行袋は縦型?横型?特徴をいろいろ比べてみよう!

自転車梱包に必須!軽量でコンパクトな輪行袋を比較10選!

飛行機輪行やってみた!自転車の梱包方法と空港での手続きを解説

自転車と一緒に大阪からしまなみ海道へ!オレンジフェリーでワクワクを感じる一夜!


▼管理人、すごくラクになりました!紹介記事は→こちら モデル_服
こちらの記事も読まれています
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう