やっと夏の暑さも過ぎ、最近は朝晩が一気に涼しくなりました。

気持ちよく過ごせるのは嬉しいのですが、例年に比べて涼しくなるのが早いような…?9月初旬ってこんなに涼しかったかな

もう暑さが戻ってこないことを願います。

 

さて、前回の輪行で行ったさざなみ海道はまかぜ海道は5月でしたので、はや4か月が経ちました。

 

夏の間は暑くて自転車に乗れなかったのですが、なぜか自転車用のアイテムだけは増えていくんですよねえ…

 

ということで今回は、秋の輪行に向けて、夏の間に増えたアイテムを紹介します。

 

夏の間に増えたアイテムたち

ウェア

半袖ウェアを新しくしました。

カペルミュールの『半袖ジャージ メランジブルー』から、

 

『半袖レトロジャージ サンドベージュ』に交代。

 

これに関しては変えた理由は何もなく、長いこと着ていたので新しいのにしようかな、という程度です。

メランジブルーがかっこいい系のカラーでしたので、次は爽やかな黄色系で、さらにフルジップではなくハーフジップだし、よりカジュアル感が出るかなと思い、サンドベージュにしました。

 

アイウェア

サイクリングのときに装着している、ルディプロジェクトのフリップアップ式アイウェア。

 

購入時のレンズで1年間ほど走った結果、『快晴の日には良いけど、曇りの日など太陽の光がないときには暗すぎる』という判断になったため、少し明るく見えるように、薄い色のレンズに交換しました。

 

 

 

財布

先日4つの候補を挙げた、サイクリング用の小型財布。

 

うーんと悩んで、選んだのはアブラサスの『小さい財布』にしました。

持ってみると…というか、つまんでみると、想像していた以上にコンパクトです。

とりあえず普段使いで試していますが、輪行のときの活躍が楽しみ。

 

 

輪行袋

輪行袋は、これまでは何も気にせずに定番の『オーストリッチ L-100』を使用していました。

 

この輪行袋も、特に不満は無いのですが、この記事を書いているときに知ったこと。

輪行袋に自転車を梱包するパターンには縦型横型があるんですね。

 

僕がこれまで使っていたL-100は、エンド金具を付けて自転車を起こして梱包する縦型。

そして縦型とは別に、どうやら自転車をひっくり返した状態のまま梱包する、横型があるということで、買ってみました。

 

 

エンド金具を装着しなくても良いので、大幅な時間短縮につながるメリットもある反面、フレームの全長そのままのサイズとなるので、電車の中では場所を取るかな?という心配な面もあります。

メリットとデメリット、どちらが大きいでしょうか?

 

レッグカバー

そういえば、このレッグカバーも次の輪行がサイクリングデビューとなるアイテムでした。

パールイズミの『コールドブラック レッグカバー』です。

 

 

残念ながら、前回履いたモンベルのレッグカバーはゴムが僕には合わなかったようで、長時間装着していたら、太ももに跡がクッキリ残って痒くなってしまったんですよね。

快適なサイクリングになるように、これに期待します。

 

次の輪行がデビュー戦

いつの間にか増えていたアイテムたち。いつものことですが、買った金額を合計したら輪行行けそうな気がする(汗)

すべて、次の輪行がデビュー戦!

快適なサイクリングに役立つか、楽しみです。

 

追記

デビューとなった輪行はこちら、とびしま海道(2回目)になりました!

 

整え得
こちらの記事も読まれています
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう