キャットアイのテールライト RAPID X3 アイキャッチ
この記事のタイトルとURLをコピー

 

リアライト(テールライト)を付ける場所は、サドル下のシートポストへの装着が一般的です。

ガシロンのリアライトW10-BS シートポストへの装着イメージ

 

ところが、サドルバッグを付けているなど、シートポストに場所がないときもありますね。

リンプロジェクトのトラベルサドルバッグの装着イメージ(小容量)

シートポストに場所がない

 

リアライトの装着場所として、シートポストのほかに装着することができる場所が「シートステー」。

後輪タイヤの両サイドにある、細いフレームです。

 

この記事では、シートステーにも装着できるリアライト、「キャットアイ RAPID X3」を紹介します。

シートポストがフリーになる、シートステー装着のリアライト(テールライト)

キャットアイのテールライト RAPID X3のロードバイク装着イメージ

 

RAPID X3の基本スペック
  • サイズ:74 x 31 x 39 mm
  • 重量:46g
  • 光源:面発光LEDモジュール
  • 充電時間:約3時間
  • 使用時間:ハイ 約1時間、ロー 約5時間、点滅(フラッシング) 約30時間、可変点滅(ラピッド) 約16時間、脈打つような強弱のある目に優しい点滅(グループライド) 約16時間、派手な素早い点滅(デイタイムハイパーフラッシュ) 約8時間
  • 防水性能:IPX4

 

キャットアイ RAPID X3は、面発光で約150ルーメンの明るさのリアライト。

4種類のゴムバンドで簡単に取り付けができ、太いシートポストにも細いシートステーにも合います

シャープエアロ用ラバーベースも付いており、より鋭角なシートポストにも取付が可能。(対応パイプ周長 約95~155 mm)

キャットアイのテールライト RAPID X3 内容物セット

 

クリアボディと広く光る面発光で、広範囲からの視認性を確保します。

キャットアイのテールライト RAPID X3 横からの装着画像

 

横からの発光はこんな感じ。すごくクリアに光ります。

キャットアイのテールライト RAPID X3

キャットアイのテールライト RAPID X3 サイドからの点灯画像

 

左右の個別スイッチで発光パターンを選択

2列のLEDを、それぞれ左右の個別スイッチで発光パターンが選べるのがキャットアイ RAPID X3の特徴。

左右それぞれに6モードの発光パターンを持っており、点滅と点灯など、好きなモードを組み合わせることができます。

キャットアイのテールライト RAPID X3 後ろからの画像

キャットアイのテールライト RAPID X3 後ろからの点灯画像

右だけ点灯させてみました

 

とにかく夜間に目立とうとするなら、左右両方とも「ハイ」モード。

逆に片方だけをローで使えば、左右合計で60時間も使えます。

 

モードメモリ機能によりOFF時と同じ点灯をするので、慣れたモードで使うことができます。

電池残量が少なくなると発光パターンが自動で点滅に切り替わる、バッテリーオートセーブ機能も搭載。

あと1時間使えます。

 

すごく薄いライトなので、装着していてもスタイリッシュでカッコいいです。

キャットアイのテールライト RAPID X3 後ろからの装着画像

 

RAPID X3 RAPID XとRAPID X2との違いは?

キャットアイのテールライト RAPID X3 後ろからの装着イメージ

 

RAPID X「3」ということで、「1」と「2」もありますが、RAPID Xシリーズで、ライトの形状や発光モードはほとんど同じ。

RAPID XとRAPID X2は発光面は左右に分かれておらず、スタンダードな1列のライトです。

 

RAPID X2の特徴は、加速度センサー内蔵で、減速を感知するとハイモード(約50ルーメン)で約2.5秒間自動点灯するキネティックモードが搭載されています。

明るさは50ルーメンと80ルーメンであり、RAPID X2のほうが少し明るいです。

 

ただ、RAPID X3は75ルーメン×2列=150ルーメンという明るさなので、明るさとしても、電池持ちとしても、選ぶならRAPID X3ですね。

光量も発光時間も自在に選べるリアライト RAPID X3が良いぞ

キャットアイのテールライト RAPID X3 後ろからの装着イメージ拡大

 

僕の場合は、シートポストではなくてシートステーにも付けることができるのが、RAPID X3を選んだ理由でした。

左右の独立発光がすごく便利です。

 

  • シートポストに付けられる
  • シートステーにも付けられる
  • 左右独立スイッチで長時間発光も可能

と、幅広い使い方で役に立つリアライトです!

メインカテゴリー
サイクリングレポート カテゴリバナー
カジュアルサイクルウェア カテゴリバナー
自転車グッズ カテゴリバナー
輪行お役立ち情報 カテゴリバナー
地域別記事 カテゴリバナー
自転車トーク カテゴリバナー

▶整体でペダルがラクになった実話!管理人、驚きの体験記事は→こちら モデル_服
あなたにおススメ
この記事のタイトルとURLをコピー
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう