ロードバイクに乗り始めて、長年の目標であったビワイチ(琵琶湖一周サイクリング)を走りました。

サイクリングレポートはこちら>>>「ビワイチ」走ってきた!自転車で琵琶湖一周200kmサイクリング!

 

「ビワイチ」の名称は有名ですよね。

ただ、北湖1周で150km、南湖も含めた琵琶湖まるごと1周で200kmという長距離なのに、情報が全然なかったんですよ。

 

今回は、ビワイチ初心者のサイクリストのために、僕が不安に思っていたポイントと、実際に走った感想をまとめました。

 

琵琶湖の青い矢印とビワイチマーク

 

ロードバイクの初心者でも琵琶湖を一周できる?

琵琶湖外周の道

 

ロードバイクの初心者でも、琵琶湖一周はできます。

 

ただし、完全制覇を目指す方以外は、フルビワイチ200kmはおすすめしません

単純に走る距離も長くなるうえ、琵琶湖大橋から南側、南湖の50kmは、都会の大通り。

交通量が多い車道なので、走るのに気を使います。

 

サイクリングを楽しむなら、琵琶湖大橋から北、北湖の150kmビワイチを一泊して走ることをおすすめします。

 

自転車で一日で走れる?所要時間は?

琵琶湖外周の道

 

健脚のベテランライダーなら、一日で走ることができます。

ただ、ある程度休憩だったり寄り道をするなら、ロードバイクでの走行に慣れている人でも、10時間はかかります(平均時速14kmと計算)

 

さらに、本当に初心者として、平均時速10km程度で計算すると、150kmを時速10km=15時間かかる計算。

7.5時間×2日間のようなスケジュールで、余裕を持って走りたいところですね。

 

時速算出の参考記事>>>自転車で計ってみた!しまなみ海道サイクリングの距離と所要時間

 

湖北は山奥じゃない?

湖北のサイクリングロード

 

木之本を過ぎると、ひとつ山を越えることになりますが、意外にも、「すごく険しい山道!」ではありません。

自転車を押して歩いても、さほど時間はかからないでしょう。

 

また、新道と旧道が並走しており、旧道を推薦する区間があります。

ここは交差点の手前にビワイチサイクリスト用の看板が立っていますので、案内通りに進めば安心です。

大音交差点の看板

 

路面は荒れてない?交通量は?

湖東側は草津から米原・長浜を過ぎ、木之本まで、ずーっと車道と区切られた自転車・歩行者専用道が続いています。

すごく快適。

琵琶湖・湖東のさざなみ街道サイクリングロード

 

湖西の一区間・高島の白髭神社周辺は交通量が多い車道を走ることになり、注意が必要です。

北湖ビワイチでも、ここは通りますので、安全第一で進みましょう。

近江高島周辺の一般道

 

ルートに迷わない?

こちらも意外に、琵琶湖の全区間にわたって、進む方向には迷いませんでした。

持って行った紙のマップは一度も開くことはなく、スマホの地図で、現在位置と進む方法を数回確認する程度。

 

湖東は自転車・歩行者専用道で道を間違える心配はありませんし、湖北から湖西に進んでも、全線を通じて、路面にルート案内の矢印が表示されています。

 

湖東の大通りも

ぐるっとびわ湖サイクルラインの案内看板

 

湖西の山近くのルートも

湖北の青い矢印

 

曲がる方向までガイドしてくれるので安心です。

 

ビワイチのハードルは、実は低かった!

ビワイチマーク

 

長く、厳しい道中になるかと思っていたビワイチ。

走ってみると、

  • 琵琶湖畔はほぼ平坦、アップダウンなし
  • ルート案内の青い矢印が琵琶湖の全域にわたって整備されているため、道に迷わない
  • 歩行者・自転車専用道だったり、車道も広い道だったりで、走りやすい

と、すごく楽しいサイクリングとなりました。

 

琵琶湖周辺にはJRの琵琶湖線・湖西線も走っていますし、疲れたらエスケープもラクラクです。

 

興味があるのに、まだ行けていない方、もったいないですよ。

ぜひチャレンジしてください!

あわせて読みたい

「ビワイチ」走ってきた!自転車で琵琶湖一周200kmサイクリング!

ついに出たビワイチ公式ガイド!「びわ湖一周自転車BOOK」

ビワイチにおすすめのサイクリングマップ!「滋賀・びわ湖サイクリングガイド」

ビワイチのおすすめアクセス駅と宿泊場所

部屋まで自転車持ち込みOK!ビワイチにおすすめ「今津サンブリッジホテル」


▼管理人、すごくラクになりました!紹介記事は→こちら モデル_服
こちらの記事も読まれています
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう