自転車セール情報更新中!

ド近眼にはアイウェアが無い?ロードバイクの度付きサングラスを探せ!

レンズ度付きロードバイク用アイウェア

僕は視力がすごく悪いです。

眼鏡を外したら、ほぼ何も見えません。

雑誌もスマホも、数センチまで近づけなければならないほどのド近眼。

今回は、ド近眼でも使える、ロードバイク用アイウェアを探すまでの奮闘記です。

強度の近視!ロードバイクのアイウェア(サングラス)がない

初めての自転車のアイウェア(度付き非対応のサングラス)

ロードバイクで走り始めて、最初はふだん使用しているメガネのままで走っていました。

ところが、長時間走っていると、まぶしさに負けるのか、風が当たって乾くのか、目が真っ赤に充血するんですよ。

次に、コンタクトレンズ+度なしのアイウェアにしてみましたが、今度はコンタクトレンズが目に張り付いて取れないという事態に!

かなり恐怖です。

これは眼に悪い!と悩んでいたときに、偶然、自転車ショップでアイウェアの試着・相談会が行われていたので相談。

参考

自転車ショップでイベントが行われているときがあります。

※こんな感じ→http://ysroad.co.jp/osaka-wearkan/2016/09/09/12385

プロの目線で、用途に応じた提案をしていただけますので、直接相談してみてはいかがでしょうか。

やはり、ちゃんとした度入りのレンズで作ってもらうほうが良いな、と判断しました。

最初は単純に、度付きのアイウェアを新しく作ってもらおうと考えました。

ところが!

視力が悪すぎて、度付きレンズが作れない!

視力検査をしてみたら、僕の超悪い視力では、レンズがアイウェアに加工できない

つまり、度付きのアイウェアは作れないという衝撃の結果が発覚しました(号泣)!

メガネのレンズは、外側(目じり側)に行くほど厚くなります。

さらに、ロードバイク用のサングラスって、風の巻き込みが入らないように、横にかなり長いです。

つまり、端っこがすさまじい分厚さになってしまい、物理的に作れなくなる限界があるようなのです。

度付きアイウェアの方法4つ

今回、メガネ対応でアイウェアを作るにあたって、パターンは4つ。

1.メガネの上からでも着用できる、度なしのオーバーサングラス

  • メリット:メガネ全面を覆うので、日光と風の巻き込みは無い。安い。
  • デメリット:荷物が多くなる。メガネのつるとオーバーグラス、2つになるのがしんどそう。

2.メガネにプラスして装着できる、クリップタイプ

  • メリット:軽い。安い。
  • デメリット:上下左右は開いているので、日光と風の巻き込みがある。

3.メガネレンズとサングラスレンズが分離する、フリップアップタイプ

  • メリット:軽い。日光と風の巻き込みを防ぐことができる。
  • デメリットべらぼうに高い。

4.使い慣れたメガネのままでOK、サングラスのシールドが付いたヘルメット。

ルディプロジェクトのアイウェア「インパルスフリップアップ」に決定!

悩みに悩んで、3.メガネレンズとサングラスレンズが分離する、フリップアップタイプにしました。

高かったけど、これが大活躍!

RUDY PROJECT(ルディプロジェクト)の「インパルス フリップアップ」です!

ルディプロジェクト 度付きアイウェア

トンネルや夕暮れはフリップアップで明るくして、こんな感じで抜けます

写真はデフォルトカラーのスモークレンズです。

ルディプロジェクト インパルス フリップアップ

食事や休憩の時は、サングラス部分を外すことができるのでラクです。

ロードバイク用アイウェア ルディプロジェクト セパレート

高価ではありますが、自分の身体が第一ですからね。しかも眼だし。

毎回充血したり、コンタクトレンズが目に貼りついたりしていては、そっちのほうが将来危険です。

やはりちゃんとしたアイウェアに変えて、サイクリングがすごく快適になりました。

眼が悪くてサングラスやアイウェアに悩んでる人に、本当におすすめ!

新製品!シールド付きヘルメットという選択肢

後日、ヘルメットの有名ブランド・オージーケーカブトからリリースされたこのアイテム!

サングラスのシールドが付いたヘルメットです。

装着感もフィットして快適。

何よりも、使い慣れたメガネのまま、ヘルメットを装着すれば良いだけなので、視界がすごくラクなんです。

次にアイウェアを探すときには、選択肢に入れてみよう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)