先日まとめた、自転車用サイクリングスニーカーの記事「ロードバイクも靴でOK!自転車用のスニーカーを探してみた!」。

 

僕がいま、ロードバイクに乗るときに履いているシューズはCHROME(クローム)のKURSK(クルスク)なんですけど、結構長いこと使っているので、新調することにしました。

 

と言っても、他に選択肢があまりないジャンルなんですよね…

みんなが速さを求めているわけじゃないし、フラットペダルのままの自転車に快適に乗れるスニーカーなんて、探している人は多いと思うのですが。

 

その記事で探していたときに見つけた靴が履きやすそうだったので、これも一つのタイミングだと感じ、次は「MERRELL」に決めました。

 

CHROME(クローム) KURSK

chrome-kursk

 

多くの輪行に活躍してくれました。ありがとう。

長く履いてきた感想としては、前記事「ロードバイクも靴でOK!自転車用のスニーカーを探してみた!」のとおりです。

かっこよく、走りやすく、そして、頑丈。

 

ペダルをこぎやすくするために、鉄板が入っているようなものなので、正直なところ、重さはあります。

まあ僕はサイクリングの旅先でうろうろしたいので、ウェアもシューズもデザイン重視。

これはかっこよかったので満足です。

 

とびしま海道へのサイクリング「ずっと海沿いの”裏しまなみ”!「とびしま海道」サイクリングレポート」のときにも履いてましたし、

スニーカー足元アップ

 

コーディネートの紹介記事「自転車乗りのための、サイクルウェアの着あわせパターン」でも、モデルさんが履いているのが、このスニーカーだったりもします。

tokyolifeイメージ

 

高い機能を持ちながら、デザインも良いというのはレベルが高いですね。

 

MERRELL(メレル) ROUST FURY(ロースト フューリー)

MERRELL

足首周りが履きやすそうです

 

次の相棒は、MERRELL(メレル)のROUST FURY(ロースト フューリー)です。

履いてみたところ、まず思ったのが

軽っ!

でした。

 

さすが、売り文句が

ペダルを漕ぎやすく、街も歩きやすい、ハイブリッドかつ高機能な一足。

…ミッドソールやアウトソールにEVA素材を使用し、軽量化を図りました。

なだけあります。

 

あとは、CHROMEがスニーカータイプのデザインなのに対し、このMERRELLはスポーツシューズタイプのデザイン。

柔らかいし履きやすいです

 

かっこよさはCHROMEの勝ち、履きやすさと歩きやすさはMERRELLの勝ちといったところでしょうか。

 

ですが、旅行中は「歩く」と「こぐ」の時間がほとんどですよね。

よって、結論。

 

メレルにしてよかった!

軽いし履きやすいし歩きやすいしこぎやすい!

 

もうすぐサイクリングしまなみもありますし、これから活躍してもらいます。

よろしくねー。

 

補足

ただ、この「ROUST FURY」、MERRELLの直営店ショップが大阪のルクアイーレにあるので直接見に行ったところ、モデルが新しくなったため、直営店ではもう扱っていないとのことで、急いでネットで注文しました。

 

直営店ショップにある新モデルは、CHROMEのKURSKよりも、もっと街乗り用に近い感じのデザインでした。

メレル新モデル

こんなのです

 

自転車好きのために開発されたメレル独自のミッドソール「サイクルトレッド」を採用し、ペダルを漕ぐのも、街を歩くのも快適なミッドカットモデル。

とは紹介されているので、自転車用の機能は持っているようですけど…

ちょっとタウンユース過ぎるかなぁ。

輪行には合わないデザインなので残念。

 

店員さんに聞いたところ、ABCやStepなど、メレルの取り扱いがあるシューズショップになら、ROUST FURYの在庫はあるかもとのことでした。

 

でもどこの店舗にあるのかは分かりませんし、今のうちに手に入れることができて良かった!

 

あわせて読みたい

【まとめ】ロードバイクも靴でOK!自転車用のスニーカーを探してみた!

スニーカーのようなSPD/ビンディングシューズ7選!ロードバイクで街歩き

ロードバイク初心者におすすめの服装は?自転車ウェアのコーディネートを解説!

大人の自転車乗りのセレクトショップ『TOKYO Wheels』カジュアルパンツ7選!【ハーフ~7分丈】

 

整え得
こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう