日々の自転車のメンテナンス。

愛車はいつもきれいにしておきたいものです。

まず掃除をするところは、ロードバイク本体のフレームやチェーンですよね。

 

慣れているベテランの方なら、パーツごとに分解までして個別に掃除するのでしょうが、僕にはロードバイクを分解できるほどのスキルはありません。

 

フレームやチェーンは、手でも掃除がしやすいところなのですが、逆に掃除がしにくい場所は、後輪のギヤまわり

汚れが見えていても、歯車の感覚が狭いので、指では中まで入らず、ブラシも届きません。

 

そこで試してみたのが、「ギヤフロス」という掃除用アイテム。

細かいところまで掃除ができる、便利なアイテムでした。

ギヤの歯車の奥を掃除できる「ギヤフロス」

指では届かない、ギヤの歯車の奥をすっきりきれいにする「ギヤフロス」

 

ギヤフロスはこんなの。

ざっくり言うと、ヒモの形状をしたブラシです。

 

モコモコが汚れをかきとり、磨きにくいギヤの奥をきれいにしてくれます。

もこもこが汚れをかきとり、磨きにくいギヤの掃除もラクラクです

 

ちょうどいい長さに切られているので、指で持って、ギヤの歯車の間に入れます。

ギヤの根元をごしごし。

ギヤフロスは、ギヤの歯車を掃除するのに、持ちやすい長さ。

 

ギヤの奥の汚れがごっそり取れます

実はギヤの奥はかなり汚れがついていたようで、ギヤフロスが真っ黒になってしまいました。

うわー…こんな状態で走ってたのか。

ギヤの歯車の汚れをかきとり、ギヤフロスは真っ黒です

 

掃除をしたあとは、このとおり!

すごくきれいになりました!

ギヤフロスで汚れを掃除し、磨きにくい歯車の奥もピカピカになったギヤ

 

汚れたままでは愛車がかわいそうですしというか、愛車はきれいにしておきたい!、油や砂が固まると、スムーズな走りが阻害される可能性もありますからね。

ぴかぴかの状態で、気持ちよく走りたいものです。

 

手軽にしっかり掃除ができるアイテムです

狭いところにブラシが届く「ギヤフロス」。

愛車の掃除のお供にどうぞ!

 

 


▼管理人、すごくラクになりました!紹介記事は→こちら モデル_服
こちらの記事も読まれています
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう