2代目のロードバイクに乗り換えました。

初代愛車のプログレッシブに代わり、僕を輪行に運んでくれるロードバイクは、キャニオンの「エンデュレース」

背中や腰の痛みも軽くなり、すごくラクに、遠くまで走れる自転車です。

 

キャニオンのエンデュランスロード「エンデュレース」

キャニオン ロードバイクページより

 

ですが、ポイントは、キャニオンという「ブランド」ではありません。

初めて自転車を探す初心者は、まずはブランドやコンポのランクで探してしまいますよね。いまだに105とかアルテグラとかデュラエースとか、違いがわかってません

 

もう一つ、違う切り口があるんです。

それは、「エアロロード」や「エンデュランスロード」という、走る目的から選ぶこと

 

エンデュランスロードバイクは、身体にかかる負担を軽くし、遠くまでラクに走ることができるフレームバランスの自転車なんです。

 

例えば、エンデュランスロードバイクのブランドのひとつ、フェルトの「VR」ブランドサイトはこちら

キャッチコピーがすごくエンデュランスロードをうまく言い表しています。

 

そのキャッチコピーは、「競争しないロードバイクあります」。

エンデュランスロードバイク FELT(フェルト) VR バナー

 

エンデュランスモデルロードバイクの特徴

上体が起きるので安定する

キャニオンのエンデュレースが採用する、スポーツジオメトリー

キャニオン ロードバイクページより

 

エンデュランスロードの大きな特徴は、上体を起こした姿勢が取りやすいこと。

腰や背中、肩の疲労を軽減し、ロングライドに最適なモデルとなっています。

 

タイヤが太いので安定する

一般的に、ロードバイクのタイヤの細さは23Cです。

エンデュランスモデルは、安定した走行のため、最初から25Cなどの太めのタイヤを履いていることが多いです。

もちろん、タイヤの交換は可能です

 

エンデュランスロードバイク?何それ?

マイナーな自転車なんじゃないの?

エンデュランスロードなんて聞いたことないよ。一部のマイナーなブランドだけで出してるんじゃないの?と思うかもしれませんね。

 

実は有名ブランド各社も、揃ってエンデュランスロードのモデルを出しています。

フェルト「VR」やトレック「Domane」など、ロードバイクのシリーズの名称になっているので気づかないんですね。

 

つまり、特別なものでなく、それほど一般的であるということです!

先ほども紹介した、フェルト「VR」なんて、しっかりイメージ画像もありますしね。

競争しないロードバイクあります」がすごく好き。

 

エンデュランスロードバイク FELT(フェルト) VR バナー

 

上体を起こして、かっこ悪くないの?

さらに、「エンデュランスは聞いたことがあるけど、なんとなく普通のロードバイクよりもビギナー扱いされているようで、乗っていると恥ずかしそう…」と思っている方もいるはず。

僕もそうでした。

 

それでは、キャニオンのエンデュランスロード、エンデュレースを見てみましょう。

キャニオンのエンデュランスロード「エンデュレース」

 

はい。

違いなんてわかりませんよね。というか、かっこいいでしょう?

 

上体がアップライトになる、とは言っても、そのバランスの違いは微々たるもの。

まわりからは判断できませんし、むしろ自転車乗りなんて、誰もが自分の愛車が一番かっこいいと思っていますから、ほかのマシンはそんなに気にしていません。

 

特に初心者には、ロードバイクの楽しさを素直に楽しめる、エンデュランスモデルという選択肢を覚えていてほしいのです!

 

ロードバイクブランド各社のエンデュランスロードバイク

「有名ブランド各社も、揃ってエンデュランスロードのモデルを出しています。」と説明しましたが、それでは、どのようなシリーズがあるのか、見てみましょう。

キャニオン「ENDURACE(エンデュレース)」

https://www.canyon.com/ja/road/endurace/

腰や背中、肩の疲労を軽減する「スポーツジオメトリー」がパフォーマンスと耐久力を最大限引き出し、より遠くまで、より速く走り抜けることを可能にする。

フェルト「VR」

エンデュランスロードバイク FELT(フェルト) VR バナー

https://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/2017vr/

VRはZから引き継いだエンデュランスロードジオメトリーを基本としています。

わずかに寝かせたヘッドアングルとロングホイールベースにより、ロードレーサーに特有のふらつきやすさを解消し安定性を向上。

FELTが長年培ってきた設計により、ロードバイクらしいキビキビとした反応性は失っていません。

ビアンキ「INFINITO」「INTENSO」「IMPULSO」

http://www.japan.bianchi.com/category.cgi?mode=category_list&big_code=01&mdl_code=02

体への負担が少ないアップライトな乗車姿勢は、ロングライドに最適で、長い距離を走りたいライダーに最適です。

コーダーブルーム「FARNA 700」

http://khodaa-bloom.com/news/media/5974/

まったく新しいコンセプトで作られた『FARNA(ファーナ) 700』シリーズは、ロードレーサーとしてのジオメトリにとらわれず『巡航速度25km/h以下で最も快適に走行できる』エンデュランスロードバイクです。

トレック「Domane」

https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF/%E7%89%B9%E9%9B%86/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF/c/B220/

エンデュランスレースバイクなら、荒れた舗装路やグラベルのライドも快適に楽しむことができる。

カンチェラーラのように石畳のような悪路を攻めるのも、ロングライドに挑むのも。長時間のライドを走るなら、トレックのエンデュランスレースバイクに勝るものはない。

キャノンデール「シナプス」

https://www.cannondale.com/ja-JP/Japan/Products/ProductCategory.aspx?nid=e7646b1e-bda8-42f0-968a-83639de5ea3f

アドレナリンが湧き出るほどのエンデュランスライディングを体験したことがないサイクリストがいることも事実です。

しかし、もう一度考え直してみて下さい。これまでよりも更に軽くなり、丈夫で、あらゆるボディサイズで最高のライディングが楽しめる左右非対称のフレームデザイン、快適性を重視したジオメトリー。

新型SYNAPSEは、アクティブで、チャレンジングな長い一日をサポートします。

 

エンデュランスロードバイクという選択肢。乗らないままではもったいない!

これだけの有名ブランドが、エンデュランスロードを揃えてきています。

ビアンキなんて3シリーズもありますね

 

もちろん、ロードバイク選びは、第一印象と相性ですから、エンデュランスロードだけに縛られる必要はありません。

ただ、エンデュランスロードに乗ったことがない方で、「ロングライド」が自転車生活のキーワードに入るなら、一度乗ってみてください。

 

きっと、選択肢の一つに上がります!

 

 

整え得
こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう