先日行った、沖縄本島南部一周サイクリング

【沖縄】”理想郷”二ライカナイへ!レンタサイクルで行く、沖縄本島南部一周サイクリング

 

この時に沖縄まで持っていった、このサイクルパンツ。

 

今回が初めてのサイクリングデビューとなった、パールイズミ「サイクルクロップドパンツ」でした。

お洒落でかっこいいデザインの、イチオシのパンツです。

 

以前の記事「パールイズミ 「サイクルカプリパンツ/サイクルクロップドパンツ」の履き方」にて、その特徴や履き方について、パールイズミさんにも直接お伺いして紹介したところ、

 

今回、晴れて自分でも「サイクルクロップドパンツ」を手に入れました我慢できずに買っちゃったので、紹介します!

 

パールイズミ 「サイクルカプリパンツ/サイクルクロップドパンツ」

(パールイズミ)PEARL IZUMI 2483D クロップド サイクル 2483D 2 カーボン M

人気モデルの「レータン」を七分丈にアレンジした「サイクル クロップドパンツ」。

レースからロングライドまで幅広い用途に活躍するパッド「3D-ネオ」を内蔵しているので、街乗りからロングライドまで、様々なシーンに使って頂けます。

 

当初はレディース向けの「サイクルカプリパンツ」しか知らず、うらやましいなと思っていたら、別の名前でメンズ向け「サイクルクロップドパンツ」があることを知りました。

 

まず惚れたのはこのデザイン!

一目見て、「これ、ラクに走れそう!」と思ったんです。

 

 

スポンサーリンク

パッド内蔵!一枚でロングライドもOK!

「サイクルクロップドパンツ」のアップの写真。

 

生地は薄手で、しっかりしています。

どこかに引っかかっても、簡単にはほつれたり破れたりはしなさそう。

 

春から秋はこれ一枚で十分でしょうし、冬でもタイツを履けば対応できます。

一年を通して履ける、万能な一枚ですね。

また、長さは7分丈で、どんな場所にでも履いていくことができます。

 

内部には高性能なパッドも内蔵されていますので、これだけで、街乗りからロングライドまで、どんなシチュエーションにも対応できます。

 

さらにこの写真、パッドがどこにあるか分かりませんよね?

紹介記事(パールイズミ「サイクルカプリパンツ/サイクルクロップドパンツ」の履きかた)の中でもパールイズミさんにお聞きしたポイントですが、パッドはレーサーパンツのように、生地と一体化しているわけではなく、パッドの部分は生地が2重になっています。

イメージとしては、インナーパンツが入っているパンツ、という感じ。

 

 

スポンサーリンク

サイクルクロップドパンツを履いて沖縄を60km走ってみた感想

どこにでも履いていける!

実際にサイクルクロップドパンツを履いて走ってみた感想を書くと、

まず、ゆったりとした、パッドも目立たないシルエットなので、どこにでも履いていくことができます。

休憩、観光、食事にもそのままの格好で入れますし、実際にレンタサイクルを返したあとに、そのまま那覇の国際通りを観光し、夕食を食べに行っても、全然違和感はありませんでした。

 

ラクで、しかも高性能!

また、パッド内蔵で一枚履きというのが、予想以上に楽でした。

このパンツのシルエットについてはかっこいいなあと思っていたものの、パッド内蔵パンツ1枚を履くのと、インナーパンツ+サイクルパンツの2枚を履くのと、それほど違いは出ないかと思っていたんですね。

 

それが全然違いました。

締め付ける感じはなく、かといって2重になっているパッド部分がずれる感じもなく、心地よく包んでくれる感じなんです。

履いていてもすごく楽でしたし、ロングライドでもどんとこい!な高性能。

 

荷物も減らせる!

さらに、輪行やサイクリングにこれを自宅から履いていくなら、パッド付きインナーパンツを持っていく必要がなくなりますからね。

荷物も減って、良いことだらけです。

 

一枚でロングライドもOK!やっぱりイチオシだったパールイズミ 「サイクルカプリパンツ/サイクルクロップドパンツ」まとめ

どこにでも履いていける」「楽で、しかも高性能」「荷物も減らせる」と、三拍子そろったおすすめのパンツです。

 

履いてみて初めて分かったんですが、「一枚でOK」の、パッド内蔵の心地良さには驚きました。

今まで履いていたパンツも全然不便は感じていなかったんですが、もう戻れなさそうだなあ…

万能な一着ですので、活躍してもらいます!

 

 

 

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう