自転車で富士山一周サイクリング 泊まるならここ!

この記事が役立てばシェアいただけると励みになります

スポンサーリンク

御殿場からの富士山一周サイクリングの記事を書きましたが、僕は貧脚な初心者ですので、130kmの山岳ルート(高低差があるという意味で)を一日で走りきる猛者には敵いません。

僕は大阪在住で、いつもしまなみ海道へは同じ職場の同僚と行っていたのですが、その同僚が東京に異動することになりました。 ...

従って、どこかで一泊し、二日に分けて走るという計画を立てました。

観光する時間が欲しいのと、食事もいろんなもの食べたいしね!

スポンサーリンク

富士山周辺、どのあたりで泊まるのがいい?

河口湖周辺

言わずと知れた観光地。ホテルや旅館も多くありますし、宿泊施設を探すのにはこまりません。ただ御殿場駅から富士山を回りながら1/3ほどですし、翌日に2/3を残すとなると、残る距離が多くなってしまいます。

一周するなら、時間的にはもう少し進みたいところ。

精進湖周辺

いきなりですが、今回の記事の結論。

宿泊場所はちょうど半周回ったあたりにある、精進湖畔の精進湖民宿村がおすすめ!

なぜか樹海の一角にある民宿だらけの集落です。Google Earthで見るといよいよ不思議な立地。

朝に御殿場駅を出発して、観光1~2か所と昼食を入れて、ちょうど夕方に着くくらいの距離感で、翌日の後半を迎えるにも良い場所だと思います。

精進湖民宿村 「丸慶」さん

で、2回ともお世話になったのが『民宿 丸慶(まるけい)』さん。

お宿の方も皆さん親切で温かく、ゆったりと休めるお宿です。

予約サイトでも評価が高いです。というか、僕自身が実際に2回泊まって、次回もリピート確実なので確かですよ。

実際に泊まるまでは、『評価高すぎやしないかい?(しかもコメント数がやたら多いし)』と斜に構えていたのですが、泊まってみれば見事に納得!

お料理は家庭的でボリュームがあり、キノコも野菜も自家栽培とのことで、精進湖のワカサギなんかも最高です。比較的小食な二人でも、うまいうまいと連呼しながらペロリと完食しました。

お風呂も広めの浴室(バスタオルは無いので、持参するか、普通のタオルを貸していただけます)で、1グループ4~5人なら一度に入れるくらいの広さです。

共同浴室ではありますが、誰かが入っているのでまた後にしよう…と、譲り合っての実質貸切。一日ペダルをこいで疲れた足を存分に延ばして入れます。

さらに、お部屋の窓からはこの景色!

宿からの富士山

目の前に富士山!

夜は屋上に上がると、都市部では見られない満点の星空

らしくもなく感動して声を失い、時間を忘れてずっと見上げてしまいました。

オチとして、休憩スペースには漫画がどっさり置いてあるという罠にはまり、ジョ○ョの第3部の文庫ボックスだったりよつ○と!だったりを深夜まで読み漁り、もちろん翌日はあと半周残ってるのに寝不足でフラフラ。ちゃんと休みましょう。

あと予約サイトやネットで評判が良いのは『樹海荘』さんですね。こちらは丸慶さんより評価もコメント数も多い…

というかこの精進湖民宿村、そろって好評のようですね

僕はもう丸慶さんで安心しきっているのであえて樹海荘さんなどを選ぶことは無いかもしれませんが、きっと良いお宿なのだと思います。

富士周辺

もう少し足を延ばせるなら、一度泊まってみたいのが『休暇村 富士』。

こちらは選んで間違いのない、リゾートホテルですね。

お部屋もロケーションもホテルとしての設備も、豪華な旅とできそうです。

(休暇村富士ホームページより)