【レビュー】サイクリング用に「小さい財布」を買ってみた!ロードバイクとの相性・メリット・デメリット

この記事が役立てばシェアいただけると励みになります

スポンサーリンク

先日、サイクリングの時に持って行く、ロードバイクでも使いやすい自転車用の財布を探したところ、4つの候補を見つけました。

僕がサイクリングに出るときに必須のアイテムとして持っていくのが 財布 デジカメ スマホ の3つなのですが...

さて、どれにしようかなと迷い、選んだのはアブラサスの「小さい財布」。

この「小さい財布」を持って何回か走ったほか、満を持して輪行『【とびしま海道】再びの「とびしま海道」!ずっと海沿い、島々を渡る”裏しまなみ”サイクリング』に持って行ったので、使用感をレビューします。

スポンサーリンク

「小さい財布」。名前のとおり、小さい財布です

その商品名が表すとおり、すごく小さい財布です。

サイズは約6センチ×9センチの、ほぼカードのサイズそのまんま。

持って…というか、つまんでみてもこのとおり。

小さい中に、使いやすさがいろいろ。特徴とメリット

小さくあることに高い技術が使われており、さらにその中で最大限、使いやすいように設計されています。

よく考えられたサイズ設計

「小さい財布」の本体を横からみたところ。

厚さはそこそこあるように見えますが、使ってみると、これが案外考えられたサイズであることを実感します。

お札と小銭とカードを入れたときに、ちょうどぴったり閉じられるような、絶妙な余裕なんです。

ぴったり

お札は立てて入れる

お札は折りたたむと厚さが出てしまうため、「小さい財布」では入れやすく、出しやすいように、片側がガバッと空き、立ててお札を入れる設計になっています。

小銭も結構入る

フタもなく、ボタンを開けたところにある小銭入れ。

小銭は多く入るのか?ボタンは締まるのか?こぼさないか?と不安に思っていた心配は、なんと余裕でクリアしました。

コインケース部分は、折りたたんだ本体自体がカバーの役目をします。

これで落ちないの?と心配になりますが、使っている途中でも、不思議と全然落ちないんですよ。

また、小銭入れは小さく見えますが、意外に多くの枚数が入ります。

10枚程度は余裕で入り、財布を閉じてもパンパンに膨らむことはありません。

カードは5枚を収納可能

カードポケットが多いことをアピールする財布もありますが、この「小さい財布」は本当に必要なカードだけを選んで持ち歩くスタイル。

カードポケットに5枚を収納できる高さがあり、重ねて収納します。

持っていくものを限定するサイクリングにはピッタリ。でも、輪行には使う人を選ぶかも…なデメリット

お札と小銭しか持たず、カードも限られたものだけ、という構造であるがゆえに、使う回数が多くなるにつれて、シンプルなことがデメリットになる可能性もあります。

輪行にはデメリットになるか?と思った点はこんな感じ。

お札入れは分かれていない

お札は縦に差し込むだけなので、レシートやチケット、電車の切符なども、分けて入れることはできません。

カードは出しにくい

重ねてカードを入れる方法なので、一番上のカード以外は出しにくいです。

頻繁にカードを出すような使い方だと、使いづらさを感じてしまうかも。

新幹線のきっぷは入らない

僕のような輪行をメインにするサイクリストには、これが一番痛いところ。

カード入れがカードサイズにピッタリなので、一回り大きい新幹線の切符が入らないんです!

入らない…!

まとめ

「小さい財布」はとことん小さく、それでいて使いやすいことが最大の特徴です。

電車の切符や航路のチケットなど、保管するものが増えると収納場所に困ってしまうので、宿泊しての輪行には、少しコンパクトすぎるかもしれません。

逆に、使う場面や使う回数が限られている方、カードを出し入れする回数が少ない方にはおすすめ

ポケットにもスッと入るし気にならないし、日帰りのサイクリングには超ピッタリです!