長い間乗り続けていた、愛車のロードバイク、プログレッシブ(PROGRESSIVE Racing)。

 

何も知らずに誘われてクロスバイクに乗り始め(これもプログレッシブブランドでした。)、今のロードバイクに乗り換えて、はや6年。

この間に、僕の自転車生活はスピードを求めるレースではなく、サイクリングを楽しむ輪行に固まりました。

 

プログレッシブもまだまだ走れますし、特に不満はないのですが、なにせ、かなり重量がある車体なんですよね。

輪行ではえっちらおっちら、ロードバイクを担いで歩きますし、軽い車体はないものか?と探していました。

 

満を持して、2代目のロードバイクに乗り換えます!

決めたマシンは、Canyon(キャニオン)の「ENDURACE CF 8.0」!!

 

Canyon(キャニオン)

「Canyon(キャニオン)」って知ってる?

さて、僕が買った「Canyon(キャニオン)」のロードバイク。

ドイツのブランドなのですが、おそらく、知名度は低いのでは…と思います。

 

まあ、これまではエントリーモデルのロードバイクでどこにでも行ってきましたので、かっこよさと愛着さえあれば十分です。

ギヤ周りの、コンポーネントとかのランクも重要視していませんしね。

 

ただ、キャニオンのブランド名を知ってから調べてみると、このランクでこの価格は安いと言われているようですね。

 

通販限定のロードバイクブランド

一般的に言うと「コスパが良い」Canyon(キャニオン)ですが、その秘密は「ダイレクトセールス」だから。

つまり、一般のサイクルショップでは購入できない、個人での通販限定のブランドなんです。

Canyonは、自転車の開発から組み立て、販売までを自社で一貫して行なっています。販売方法はダイレクトセールスのみとなっており、自転車店での購入はできません。お客様に直接お届けすることで、より良い価格を実現しています。

 

Canyonを選んだ理由

キャニオンのブランド名は全く知らなかったのですが、出会いは偶然でした。

サイクルモードライド大阪で試乗をしたとき、「この自転車、乗りやすい!」とピンと来たのです。

 

参考記事>>>【イベントレポート】試乗車500台!「サイクルモードライド大阪」参加報告!

 

届いたキャニオンに乗ってみた!

サイズぴったり!持ち運びも軽い!

サイクルモードライドで試乗したのは、僕が購入したこの自転車よりも、はるかに高いクラスのマシンでしたが、あらかじめ、僕に合うサイズを確認できていたのは良かったです。

身長178cmでSサイズですから、試乗は大事です

 

フレームが太いところもあるので、見かけはごつく見えるんですけど、これで7.2kgと超軽量!この重量はMサイズのカタログ値なので、Sサイズだからもっと軽いはず

片手で持てるくらいに軽いので、駅の移動がすごくラクになりました。

 

初めてのカーボンフレーム

アルミの「カンッ!」という固さが好きな方もおられますが、僕はカーボンの「コン」という柔らかさが気に入りました。

 

エンデュランスロード

「ENDURACE CF 8.0」は、エンデュランスロード。

アップライトで快適性を重視したポジションで、ロングライド向きのモデルです。

前傾姿勢にならないので、肩と腰の負担が軽いです。

 

全体のバランスも良くて、僕の身体にぴったり!

走っていて、すごく気持ちいいんですよ。どこまででも走っていける気がします。

 

ありがとう、プログレッシブ。よろしく、キャニオン。

 

乗っていたプログレッシブは、人に譲ることになりました。

車体もかっこよく、乗り心地もバツグンですので、これからも、活躍してくれるでしょう。

これまで僕を運んでくれて、ありがとう!

 

そして、キャニオン。これからよろしくね!

 

 

▼Canyonに決めるまでに、悩み抜いた変遷はこちら

 

整え得
こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう