自転車を飛行機に乗せて運ぶ、飛行機輪行

 

以前の記事「飛行機輪行やってみた!自転車の梱包方法と空港での手続きを解説」にて紹介したとおり、やってみれば案外カンタンに、愛車のロードバイクといっしょに旅立つことができました。

 

この記事で紹介するのは、「飛行機輪行でロードバイクを預けるときに、パンク修理用の空気入れスプレー(CO2ボンベ)は預けることができるのか?」です。

JALのサイトを調べてみたものの、やや難しい表現だったので、直接教えていただきました!

 

飛行機輪行 空港と輪行袋

 

飛行機輪行でロードバイクを預けるときに、パンク修理用のCO2ボンベ(空気入れスプレー)は預けることができるのか?

飛行機輪行 手荷物受付場所

 

JALさんへの質問

ロードバイクを飛行機に預けて、国内の旅行を経験させていただきました。

そのとき、持っていたパンク修理用のボンベ(空気入れスプレー)が、預けることはできないとのことで、空港での回収をお願いしたのですが、ボンベのサイズや容量に、厳密な基準はあるのでしょうか?

 

すべて貨物室でも無理なのか?小型なら預けることができるサイズもあるのか?

今後のためにご教示いただきたく、お願いいたします。

 

JALさんからの回答(要点)

JALさんからの回答をまとめると、このとおり。

非引火性でかつ、1容器あたりの容量が「50ml」を越えない小型ガスシリンダーであれば、一人につき4個まで、機内持ち込みならびに受託手荷物として預けることが可能です。

 

なんと!条件内のボンベであれば、機内持ち込みも可能なんですね。

しかも機内持ち込みまでOKだとは。

 

僕が持っていたのはこんなのだったから、ダメだったんですね。

 

これならOKです!

 

「制限のある手荷物」についての国土交通省確認ページ

飛行機輪行 ロードバイクなど、自転車の検査

 

「機内持ち込みも、貨物室に預けることもできないもの」は、航空会社の取り扱いのレベルを超え、厳しく法令で決められています。

先ほどのJALさんからの回答も、2018年7月現在での法令の情報であり、今後、取り扱いが変更になるかもしれません。

 

最新の情報は、「JAL 制限のあるお手荷物 機内持ち込みもお預かりもできないもの」からリンクされている、「国土交通省 航空機への危険物の持込みについて」以下を確認ください。

 

参考いちばん詳しいページ

国土交通省 航空 機内持込・お預け手荷物における危険物について

「制限のある手荷物」についての国土交通省確認ページ

酸素ボンベ・ガス類のうち、自転車用携帯ポンプ(空気入れ)で、一容器あたり50ml以下のものは、持ち込み〇お預け〇数量は1人あたり4個と明記されています。

 

さらにこの表には、「炭酸ガスの場合、50mlは28gと同等」という補足もあります。

覚えておいたら便利かも。

 

飛行機輪行で自転車のパンク修理用ボンベ(空気入れスプレー)は持ち込める?まとめ

法律が関係するので、取っつきにくくはありますが、まとめです。

  • 非引火性

でかつ、

  • 1容器あたりの容量が「50ml」を越えない

小型ガスシリンダーであれば、

  • 一人につき4個まで、
  • 機内持ち込みならびに受託手荷物として預けることが可能。

です!

 

次の飛行機輪行で持っていくのはこれにしよう!

ちなみにこの商品を調べたところ、商品全体の重量は約190gと重い表示ですが、CO2ボンベは1本16gと基準内です。


▼管理人、すごくラクになりました!紹介記事は→こちら モデル_服
こちらの記事も読まれています
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう