自転車で富士山一周サイクリングを楽しみました!

参考記事>>>富士五湖ぐるり!自転車で富士山一周サイクリング

 

もちろん富士山を眺めながらのサイクリングだけでも楽しいですが、130kmの長丁場、せっかくだったら観光もしていろんな名物料理も食べ歩きたいところ

 

これまでに食べたもの&寄ったところをご紹介。

皆様の旅のさいにもどうぞ!

 

富士山一周サイクリンググルメ

ほうとう

ご存知、山梨県の郷土料理

山中湖から河口湖にかけてお店が多くあります。

ロードサイドの大型店舗も多いので、走っていると何件も店舗を見つけられます。

 

この時は6月上旬といえど、山中湖手前の籠坂峠(かごさかとうげ)の気温は一桁台(!)で息も白く、しかも雨が降っており、冷え切った身体にこのほうとうが美味しかったこと!

 

かぼちゃが入っているのが好きです。

長距離を走るエネルギー源にもなりますし、初日のグルメにピッタリです。

 

食べたところは『郷土料理 庄ヤ』

 

御殿場駅から自転車で籠坂峠を越えるなら、ちょうどこの山中湖畔あたりでお昼の時間帯になるのではないでしょうか。

籠坂峠を路線バスで越え、山中湖を実質のスタート地点とするならば、もう少し先での昼食となりそうですね。

 

吉田うどん

一般的に「コシの強い麺」「醤油&味噌ブレンドのスープ」「キャベツ&馬肉」「薬味『すりだね』」が特徴の、山梨県富士吉田市名物

 

富士急の富士山駅(もとの駅名は富士吉田駅)の周辺に多くあります。

店舗数だけならかなり多いと思われますが、ほうとうのお店と違い店の規模は大きくなく、10時~14時あたりを最大とした昼だけの営業時間の店舗も多いので、しっかりと場所を調べ、スケジュールを組み入れて寄らないと間に合わないかもしれません。

 

これも身体が温まって美味しいんです!

写真撮り忘れました…位置としてはここらへん。

 

富士宮やきそば

「コシのある麺」「肉かす」「イワシの削り粉」が特徴の静岡県富士宮市名物

富士宮やきそば

 

食べたところは、白糸の滝のそばの『むめさん』。

 

富士山一周サイクリング観光地

忍野八海

富士山の伏流水に水源を発する湧水池で、世界遺産の構成資産。

山中湖を過ぎてから、河口湖との間にあります。

 

確かにきれいなところだけど、僕が行ったときは旅行客も多く、雑然としていたので残念でした。

忍野八海

 

鳴沢氷穴・富岳風穴

富士山麓の代表的な溶岩洞窟のひとつ。

両洞窟とも平均気温は3℃で、こちらも有名な観光地。

場所は河口湖を過ぎ、精進湖との間にあります。

 

なのですが、ここで重要事項。

鳴沢氷穴は竪穴で、富岳風穴は横穴です。

 

鳴沢氷穴は、折り返し地点まで地下21mを下ります。

御殿場駅を出発し、坂道を越え、延々とペダルを回し続けた脚にはこの高低差は響きます。

両方とも所要時間は15分というものの、覚えておいたら判断の一助になるかもしれません。

 

 

富士花鳥園

ここには入ったことはありませんが、神戸花鳥園(当時)に行ったことがあるので紹介。

その名のとおり、花と鳥にわんさか触れ合える施設。

http://kamoltd.co.jp/fuji/

 

花はともかく、鳥に直接触れ合える施設ってそんなにないのでは。

エサを持っていると、頭や肩や腕に鳥さんたちがやってくる(むしろ奪いにやってくる)ので、直接エサをあげることができるエリアもあります。

ここのサイトではインコが紹介されていますが、神戸花鳥園ではオオハシさんでした。

他にもいるのかな?

 

オオハシ

神戸動物王国(元・神戸花鳥園)ホームページより

 

白糸の滝

 

幅150mの湾曲した絶壁の全面にかかる滝。こちらも世界遺産としての構成資産。

富士山西側の下りを降り切ったあたりにあるので、休憩をとるのにもちょうどいいエリアかと思います。

 

 

 

そのほか、僕が行ったときには偶然、芝桜のイベントが開かれていました。

富士山芝桜

 

休める場所がない!富士山の南側

御殿場駅を出発し、反時計回りに3/4までは、上記のようなスポットが点在しています。

ただ、白糸の滝を越えたあたりから急に、休憩できる店舗・スポットがなくなります富士山こどもの国とか富士サファリパークとかは、自転車で寄るのには適切ではありませんし。)

 

陸上自衛隊の東富士演習場を過ぎ、御殿場の手前まで来たあたりで、やっとコンビニを見つけて歓喜したくらいです。

 

途中でエスケープするのもアリですよ

覚悟を決めて一気に御殿場を目指すか、いっそのこと、エスケープする道を選ぶのもありかもしれません

サイクリングを楽しんでサッと切り上げるか、いやいやせっかくだったらあと少し、御殿場まで走破して満足したいよ、とするか…悩むところです。

 

 


▼管理人、すごくラクになりました!紹介記事は→こちら モデル_服
こちらの記事も読まれています
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう