ロードバイクを購入して、さあサイクリングに出かけるぞ!とわくわくしている方には、「自転車用のリュックサックってあるのかな?」とお探しの方も多いと思います。

 

多くのメーカーがロードバイク向けのリュックサックを出していますが、外せないメーカーがあります。

 

それが「deuter(ドイター)」

 

容量やデザインも豊富にあり、どのメーカーのリュックサックを選ぶかを迷うくらいなら、ドイターのリュックの中で、どれを選ぶかを決めたほうが、自分に合ったリュックサックを選ぶことができます。

 

ロードバイクにはドイター!自転車用バックパックのおすすめポイント

ロードバイクのために考えられた機能

自転車に乗っているときにいちばん快適になるデザインとして設計されています。

通気性、フィット感、レインカバー、ヘルメットホルダー、2気室構造など、サイクリストのために考えられた機能が満載!

 

豊富な種類

ドイターのサイトに掲載されているリュックで20種類以上。

http://www.deuter.com/JP/jp/bike.html

 

コンパクトなものから大容量なものまで幅広く揃えられ、それぞれにカラー展開があるので、合計で60種類近くから選べます。

 

ロードバイク用リュックサックの機能

蒸れずに快適!不快感なし!

ドイター バックパック エアストライプシステム

 

ドイターのリュックサックには、背負った背中の通気性を良くし、蒸れを抑える機能があります。

 

全面が背中に付くリュックサックだと、蒸れて汗をかいた背中はベトベトして気持ち悪いですよね。

この2本のフォームがあることにより、快適性が全然違います!

 

背負えばわかる、ロードバイクのために考えられた重心

ロードバイクに乗ると、姿勢が前傾になります。

ドイターのバックパックは、この前傾姿勢での状態でのフィット感が良く考えられています。

フィット感バツグンで、ずれません!

 

手で持ったら重いのですが、背負った時の安定感があるんですよ。

さらにウエスト(腰部)ベルトのほか、チェスト(胸部)ベルトがあるので、背負ったあとに固定することにより、安定感がよりアップします。

 

ショルダーベルトにも細やかな配慮がなされており、まっすぐではなく、ゆるくS字のカーブを描いています。

これはショルダーベルトが、前に突き出した腕の邪魔をしないようにするため。

 

サイクリングで自転車を長く走っても、意識することがないほど、安定して背中にフィットします。

 

両手が使えて便利!ヘルメットホルダー

サイクリング途中に意外と不便に感じることが、休憩中のヘルメットの置き場所

 

自転車にかけておくのも心配だし、かといって、ずっと手で持ち運ぶのも面倒くさいものです。

ヘルメットカバーが付属しているものは、ヘルメットをバッグに固定できるので、両手を空けた状態で移動することができます。

これだけですごくラク!

 

ヘルメットカバーの実物はこんな感じ。

リュック外観

 

旅行やロングライドにおすすめのバックパック容量は?

では、どの大きさが良いのでしょうか?

日帰りのサイクリングならば、荷物も少なく、15リットル程度もあれば十分でしょう。

旅行やロングライドを想定するなら、18リットル以上は欲しいところ。

 

おすすめは、24リットルの「トランスアルパイン24」と、25リットルの「トランスアルパイン25」。

この大きさが使いやすいんです。

 

同じくらいの容量には「トランスアルパイン SLシリーズ」があります。

SLはスリムラインの略で、女性のための最適なデザインがされたモデルです。

 

これなら間違いない!トランスアルパイン25

25リットルだと見かけは大きく見えますが、着替えや自転車グッズなど、1泊2日分の荷物を入れると案外パンパンになります。

それでも、30Lだと大きすぎるかなと思い、25Lにしました。

(逆に、中に入れる荷物が少なくても、大きすぎると感じたことはありません。)

 

ロードバイク用リュックまとめ

ロードバイク用リュック

頼りになる相棒です。

 

  • 輪行やサイクリングなど、ロードバイクに乗るときのリュックはdeuter(ドイター)がおすすめ。
  • 容量は、旅行を想定するならば18L以上特に25Lクラスがおすすめ!その年のシリーズによって、24L~26L程度に変わります

 

自転車乗りのための、最高のリュックサックです

これならサイクリングが快適になりますよ!

 

その他の容量も含めた、ドイターのリュック一覧(Amazon)はこちら


▼管理人、すごくラクになりました!紹介記事は→こちら モデル_服
こちらの記事も読まれています
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう