視力が悪すぎてレンズが作れない!?度入りアイウェア探し奮闘記

この記事が役立てばシェアいただけると励みになります

スポンサーリンク

身の回りの自転車グッズの中で、ウェアを揃え、パンツを揃え、リュックを揃え…と一つ一つ整えていったんですけど、アイウェア(サングラス)はどうにもピンとくるものがなく、加えて優先順位も低かったもので、後回しになっていました。

アイウェア

こういうのが理想だったのですが…

スポンサーリンク

サイクリングのときのアイウェアの変遷

ド近眼!目が悪いと苦労します

僕は視力がすごく悪いです。

眼鏡を外したら、ほぼ何も見えません。雑誌や新聞を読むのも、携帯の画面を見るのも数センチまで近づけなければならないほどのド近眼です。

これまでの自転車用アイウェアの変遷

普通のメガネ

コンタクトレンズ+度なしサングラス

今回の度付きレンズのアイウェア

だんだんとグレードが上がってきていますが、不都合が起こっている対象が眼ですので、下手に我慢をするわけにもいきません。

初めてのアイウェア(このときは度付き非対応)

ロードバイクで走り始めて、最初は走行距離も短かったので、日常使用しているメガネのままでしばらく走っていました。

ところが、晴れた明るい日にロードバイクで長時間走っていると、まぶしさに負けるのか、風が当たって乾くのか、目が真っ赤に充血するんですよ。

うさぎ

本当にこんな感じになります

これは何か対策をしなければしんどいなぁ…と悩んでいた時、自転車ショップに入った時に、偶然、アイウェアの試着・相談会が行われていたので相談し、まずはコンタクトレンズ+度なしのサングラスにしました。

各地の自転車ショップでイベントが行われているときがあるので(こんな感じ→http://ysroad.co.jp/osaka-wearkan/2016/09/09/12385)、タイミングが合えば直接相談してみてはいかがでしょうか。プロの目線で、用途に応じた提案をしていただけます。

ここでなんで度付きのアイウェアにしなかったの?という点ですが、度付きにするだけで、一気に値段が跳ね上がるんですよ。メガネをもう一本作るようなものですので。

そこで提案いただき、選んだのがこちら「Tifosi(ティフォージ)」のアイウェア。

ブランド名は聞いたことなかったけど、プロのおすすめには間違いはありませんでした。すごくかっこよくて、日光と風の巻き込みも無くて快適です。

あとは、僕の用途として、レーサーすぎず、カジュアルな感じで付けていられるのも嬉しいです。

ティフォージ1

ティフォージ2

横もしっかりカバーされ、風の巻き込みを防ぎます

今もこのアイウェアはデザインも良くてかなり気に入っているんですけど、ただ、やっぱりコンタクトレンズで長時間過ごすと、目が渇くんですよね…レンズが目に貼りついて、全然取れないんですよ。かなり恐怖です。

最初は単純に、度付きのアイウェアを新しく作ってもらうか、持ってるティフォージのレンズを度付きレンズに交換してもらおうと考えていたんです。

視力が悪いと、アイウェアを作るのにも一苦労!

度付きレンズが作れない!

ところが!

視力検査をしてみたら、僕の超悪い視力では、レンズがアイウェアに対応できない、つまり、度付きのアイウェアは作れないという衝撃の結果が発覚しました(号泣)!

メガネのレンズって、外側(目じり側)に行くほど厚くなりますよね。さらに、ロードバイク用のサングラスって、風の巻き込みが入らないように横にかなり長いので、端がすさまじい分厚さになってしまい、物理的に作れなくなる限界があるようなのです。

さて、ではどうしよう?

今回、メガネ対応でアイウェアを作るにあたって、挙がってきたパターンは3つ。

  1. 今持っているメガネの上からでも着用できる、度なしのゴーグルタイプ
  2. 今持っているメガネにプラスして装着できる、クリップタイプ
  3. メガネレンズとサングラスレンズが分離する、フリップアップタイプ

1.ゴーグルタイプについて

  • メリット:メガネ全面を覆うので、日光と風の巻き込みは無い。安い。
  • デメリット:荷物が多くなる。メガネのつるとゴーグルのバンド、2つになるので頭がしんどいのと重い。

2.クリップタイプについて

  • メリット:軽い。安い。
  • デメリット:上下左右は開いているので、日光と風の巻き込みがある。

3.フリッピアップタイプについて

  • メリット:軽い。(ある程度は)日光と風の巻き込みを防ぐことができる。
  • デメリット:べらぼうに高い。

視力が悪すぎてレンズが作れない!?度付きのアイウェア選びに苦労した奮闘記 結果

悩みに悩んで、3.メガネレンズとサングラスレンズが分離するフリップアップタイプにしました。

RUDY PROJECT(ルディプロジェクト)の「インパルス フリップアップ」なのですが…

ルディフリップアップ1

基本セットだけで31,000円(しかも税抜)ですよ…?

おのれ足元を見おって…

しかもこれに、度付きのレンズを作ってもらう料金が加算されるわけです。

結果、税込合計支払額は42,120円!

高ぇよ…輪行一回行けるじゃないの…

出来上がったのがこの色。

レンズの色は上のティフォージみたいな、全天候に対応できる薄い色が良かったんですけど、デフォルトがこれだから仕方がないですね。かけてみたら案外明るいです。

ルディフリップアップ2

トンネルや夕暮れはフリップアップで明るくして、こんな感じで抜けます

ルディフリップアップ3

サイクリング途中で休憩してるときは外したほうが楽そうです。

ルディフリップアップ4

高い買い物になってしまいましたが、自分の身体が第一ですからね。しかも眼だし。毎回毎回充血したりコンタクトレンズが目に貼りついたりしていてはそっちのほうが将来危険です。

快適に走れるかどうか、まずは試走しないといけませんね。

長く働いてもらいますよー。

追記。シールド付きヘルメットという選択肢

後日こんなアイテムを見つけたのですが、なかなか便利かも!と思いました。

サングラスのシールドが付いたヘルメットです。

次にアイウェアを探すときには、選択肢に入れてみよう。

20170904追記。薄めのカラーレンズに交換しました

この記事を書いた日を見てみたら、2016年の9月20日。

ほぼ一年間使ってみて、やはり気になるのがレンズの濃さでした。(それ以外は大満足。)

快晴の日にはサングラス効果を発揮して快適に走れるんですけど、曇りの日や日陰などを走ると、暗くなりすぎてしまうので、結構フリップアップした状態のままで走ることも多いんです。

せっかくのアイウェアなのに、レンズを上げたままで走るのはもったいない!

対応できる明るさが広いほうが良いなあ、ということで、購入したショップに相談し、レンズを交換しました。

「レーシングレッド」という赤系のレンズで、ご覧のとおり、レンズの向こうにあるメガネ部分も見えるくらいの絶妙なカラー。

これは期待できそうです!