• カジュアルサイクルウェア
    一枚あれば大活躍!ロードバイクにおすすめのウインドブレーカー10選!
    2018年4月15日
  • カジュアルサイクルウェア
    【長袖】春のロードバイクにおすすめ!カジュアルな長袖サイクルウェア10選!
    2018年4月14日
  • カジュアルサイクルウェア
    【半袖】春夏のサイクリングにおすすめ。カジュアルな半袖サイクルウェア10選!
    2018年4月14日
  • 地域別自転車記事
    自転車で計ってみた!しまなみ海道サイクリングの距離と所要時間
    2018年4月16日
  • カジュアルサイクルウェア
    【まとめ】街も道も気楽に走ろう!カジュアルサイクルウェアの紹介記事総ざらい
    2018年4月17日
  • カジュアルサイクルウェア
    自転車にもカジュアルなパンツで乗ろう!ロードバイクにおすすめのサイクルパンツ10選!
    2018年4月3日
  • 来島海峡大橋 初心者サイクリングレポート
    【超まとめ】7海道走破!しまなみ・かきしま・さざなみ・せとかぜ・とびしま・はまかぜ・ゆめしまサイクリング記事総ざらい
    2018年4月19日

 

「サイクリングではないのだけれど、ロードバイクでちょっと外出」というとき、自転車から降りたあと、ヘルメットの置き場所に困りませんか?

 

自転車のハンドルにかけておくのは、なんだか不用心ですし、手で持って運ぶには、ヘルメットは持ちにくくて、邪魔になってしまうんですよね…

出かけている途中は、両手がフリーな状態のほうがラクなので、リュックやバックに入れて持ち運んでしまえば、一番確実です。

 

例えばミレーのヘルメットホルダーのように、別にホルダーを用意するのもカンタンではありますが、

 

やはり、元からヘルメットを収納できる機能を持ったリュックやバッグのほうが、持ち運びがしやすそうです。

 

ということで、ヘルメットを収納できるバッグを探してみました!

 

スポンサーリンク
マウンテンシティ

サイクリングにも街歩きにも。「ドイター バイクワン」「パールイズミ バックパック」

まずは以前の記事「どちらを選ぶ?日帰りの短距離サイクリングにおすすめの自転車用リュック!」でも紹介した、ドイターの「バイクワン」と、パールイズミの「バックパック」。

どちらを選ぶ?日帰りの短距離サイクリングにおすすめの自転車用リュック!
2018-03-20 18:17
「サイクリングではないのだけれど、ロードバイクで外出」というとき、自転車から降りたあと、ヘルメットが邪魔になってしまいませんか?ヘルメットを収納できるバッグを探してみました!...

 

以前の記事では、軽めのサイクリングに使える、という視点で紹介したのですが、スポーティーすぎないデザインなので、街歩きにも使えるリュックです。

両方とも、ヘルメットホルダーを内蔵しています。

 

スポンサーリンク

narifuri(ナリフリ)ロールトップメッセンジャーバッグ【HELMET IN MESSENGER BAG/NF8008】

ここからは、より街乗りにおすすめしたい、おしゃれなバッグたちを紹介。

 

まずはこのバッグ、英語商品名が「HELMET IN MESSENGER BAG(ヘルメット イン メッセンジャー バッグ)」であり、ヘルメットを収納できることを推してきているバッグです。

 

ヘルメットホルダーで固定するのではなく、バッグの中に収納するタイプなんですね。

他の荷物と合わせても、持ち運びがしやすそうです。

 


narifuri(ナリフリ) ロールトップメッセンジャーバッグ【HELMET IN MESSENGER BAG/NF8008】

 

とてもヘルメットが収納出来る様には見えないスッキリとした見た目ですが、これがかなりよく考えられたつくり!

バッグ前面のロールトップ内に収納スペースを確保し、ヘルメットをスッポリ入れられます。ヘルメット以外に、靴なども持ち運びが可能。

 

メインの荷物エリアとはしっかり区切られているので、通常の荷物との干渉も、特に気にせずに詰め込むことができます。

 


narifuri(ナリフリ) ロールトップメッセンジャーバッグ【HELMET IN MESSENGER BAG/NF8008】

 

締め上げたストラップの余りを無くしたり、背中をメッシュクッションにして、長時間ストレフリーな使用感にするなど、利便性が追求されています。

軽量性・撥水/防水性とも非常に優れており、普段使いから通勤通学といった、様々なシーンで活躍すること間違いありません。

 

スポンサーリンク

ヘルメットにシューズが収納可能。サイクリストのための頼れるツーリングバッグ 軽量レースデイバックパック【transfer race day bag】

イベントやレース会場へ自転車で向かうとき」を想定してつくられた、軽量のリュックです。


INSIDE LINE EQUIPMENT/ILE(インサイドラインエキップメント) 軽量レースデイバックパック【transfer race day bag】

 

着替えなど、荷物が多い日に大活躍する21Lの容量はそのままに、ヘルメットやシューズを外付けのネットに入れることが出来ます。

 

バッグの両サイドの大きめジッパーで、全体がガバっと開くタイプです。

色々詰め込んだ荷物も一目で分かり、取り出しやすい。とにかく荷物が多い時に活躍します。

 

 

バッグの素材は防水で、耐久性にも優れたナイロンを使用し、とても軽量に仕上がっています。

背負ったフィーリングも体にしっかりとフィットし、長時間の移動でも疲れにくいことがポイント。

 

1泊2日のロングライドも可能な容量で、自転車乗りにとっては使い勝手もスペックも嬉しい限りです。

 

体の保護機能も兼ね備えた、通勤にも快適なPOCが誇る13Lのバックパック

とにかく背中のフィット感が格別に良い」がポイントの、13Lのバックパックです。

背中部分にクッション材(しかもヨーロッパ規格の上位基準認定)が入っていて、体勢に応じて、しなやかに変形するのが特徴。

 

コンパクトなルックスからはあまり収納が出来ないように見えるかもしれませんが、11インチのノートPCも入り、見た目以上の収納力。

ヘルメットも外付け出来ちゃう優れものです。

 

毎日の通勤やトレイルなど、とにかくライドを重視したい方にオススメのリュックです。

「ヘルメットを収納したい」を重視してバッグ選びをしてみると、意外と小さいバッグで済んでしまうのかもしれませんね。

 


POC(ポック) バックパック【Spine VPD Air Backpack 13L】

 

まとめ

自転車から降りたあと、ヘルメットをハンドルにかけておくのも心細いし、手で持ち運ぶのもプラプラして持ちにくいし…という、

頼りになるヘルメットが少し邪魔になってしまう状況を解決するバッグたちです。

 

使い勝手の良いバッグが揃っていますので、街乗りに出かけるさいには、ぜひお供にどうぞ!

 

 

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自転車グッズの関連記事
  • アイウェア
    眼が悪すぎてサングラスが無理!?ロードバイクの度付きアイウェアを探せ!
  • 【レビュー】サイクリングに「小さい財布」を買ってみた!ロードバイクとの相性・メリット・デメリット
  • 【レビュー】サイクリングに「スマホが入る自転車財布」を買ってみた!ロードバイクとの相性・メリット・デメリット
  • サーモスが作った自転車専用ボトル!室温35度でも10度以下を6時間キープ!
  • もうすぐ秋だ輪行だ!夏に増えた自転車アイテム紹介
  • 自転車を降りたあとに邪魔になる…ヘルメットを持ち運べるバッグ5選!
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう