フレームサイズと乗りやすさの関係。調べてみたら意外な結果!

この記事が役立てばシェアいただけると励みになります

スポンサーリンク

沖縄編の話題は一回お休みにして(まだ続きます)、今回はまたまた、探している次の愛車の話題です。

話の流れはこんな感じ。

僕の愛車、杉村商店のPREGRESSIVE Racing(プログレッシブ)のロードバイク、RRX-670。 公式サイトにはもう...
平成29年3月4日・5日に開催された「サイクルモードライド」に行ってきました。 僕が行ったのは一日目の4日。 新...

まとめると、

・輪行をメインにしたロードバイクの使い方になっているので、今の愛車は少し重い。

・30kmを限度に、腕や背中やあちこちが痛くなってくる。

・ところが、レンタサイクルで借りたGIANTのDEFY3という車種に乗ってみたら、その心地よさにびっくり。50kmを軽く走ることができ、まだ先も余裕だった。

ということで、軽く、乗りやすいロードバイクを探しています。

DEFY3を超える車種を探せ!

スポンサーリンク

乗りやすい車種のフレームサイズに特徴はある?

同じフレームサイズの車種を選べばいいじゃない、という名案

上で紹介したGIANTのDEFY3と、先日のサイクルモードライド大阪で試乗した中では断トツで乗りやすかったCANYON(キャニオン) Ultimate CF SLX 8.0。

DEFY3はもう展開されていないので買えないし、Ultimate CF SLX 8.0は高価すぎて(40万円越え)買えませんが、このDEFY3やUltimate CF SLX 8.0と同じフレームサイズのロードバイクを見つけられたら、どこのメーカーでもどんな車種でも、自分にぴったりの愛車が手に入るんじゃないの?と思ったんですね。

我ながら名案です。あとは重さと値段だけ!

いろいろな車種のフレームサイズを比較してみよう

まずは重さと価格については考えず、乗りやすい車種には何か特徴があるのではないか?と思い、フレームのサイズを比較してみました。

DEFY3 CF SLX 8.0 Farna SL 105 CONTEND SL1 TCR SLR1 CF SL Disk 8.0
A トップチューブ 545.0 544 555 545 550 543
B シートチューブ 500 492 500 480 470 490
C ヘッドチューブ 165 136 150 165 148 130
D シートアングル 73.5 73.5 73 73.5 73 73.5
E ヘッドアングル 72.5 72.25 73 72.5 73 72.25
F BBドロップ 70 70 70 67.5
G ホイールベース 995 985 984.9 975.8 993
H リアセンター 420 410 405 410 405 415

ちなみに各部位の位置はこんな感じです。

GIANT DEFY3の紹介ページより

目立った違いが分からないという結果に…

太字で書いたのが乗りやすかった車種のベスト1,2なんですけど…

まさかの、その他の車種と比較しても、目立った違いが分からない、という結果になってしまいました!

どうしよう。

差があっても1cmや2cm程度、もしかしたらこれが大きな意味を持っているのかもしれませんけれど、素人にはわかりません。

えええ?

ハンドルが高いと乗りやすいとかよく聞くから、ヘッドチューブが高いとかの特徴が出るかと思ったのに、CANYONなんて逆に超短いぞ?

車種選びは混迷を極めました

うーん、フレームサイズ自体に特徴は無いとなると、あの乗りやすさは、どうやら自転車と僕のバランスからなる偶然の産物だったんでしょうか。

となると、DEFY3は乗りやすかったというショップの人の感想はどこから来ているのか…

かなり混乱しますが、この結果ですと、新しい愛車を探す方針はまた変わりますね。

「自分にぴったりの完成車を探すのではなく、少し幅を広げて、バランスは調整でカバーする。」です。

あれ?ということは、一周まわって、同じことになったのか。

軽さと値段でいくらかの車種を選び、そこから直感で選択。ってことですよね。

あとは自分の身体バランスに合った位置に、細かく調整することでカバー、と。

DEFY3やUltimate CF SLX 8.0など、もともとの完成車のバランスが自分に合っている車種のアドバンテージがどれほどなのか(その他の車種でも、調整することによって、どれだけ乗りやすさが追いつくのか)が分からないので悩むところではありますが、「細かいところは自分の身体バランスに合った位置に調整することでカバー」という考え方を採用すると、一気に選択肢が増えますね…

極端な話、推奨サイズならどのメーカーのどの車種でもOKということですし。

混乱してきたので今日はここまでが限界ですね。

さすがにカタログ値だけで候補を選んでいくのは無理なので、自転車屋さんのアドバイスを受けつつ、選んでいこうと思います。

まだまだ迷走は続きます。

そういえば昨日、この話題についてY’sRoad大阪本館さんに相談したときに、「エンデュランス」なる用語が出てきてたな…調べてみるか。