初めての飛行機輪行を経験しました。

愛車のロードバイクを飛行機に載せ、到着したのは、愛媛県の松山空港

 

さすが、しまなみ海道をはじめとする、有名なサイクリングロードを多く持つ愛媛県。

空港もサイクリストに優しく、更衣室に、自転車組立場所となるサイクルステーション、工具の貸し出し空気入れまで完備されています。

 

 

観光客に優しい松山空港。更衣室に加えて、サイクルステーションもあります

預けた手荷物の受取場所、ベルトコンベアにあった案内。

松山空港には、更衣室に加えて、サイクルステーションがあります

 

手荷物受付場所から、到着ゲートを出たところ。

大きく「お遍路さん更衣室」と「サイクリスト更衣室」の案内看板があります。

 

空港ビルの扉を出たところに、サイクルステーションがあります。

 

ここで嬉しいのが、空気入れがあるんです!

飛行機輪行の場合は、タイヤの空気を抜く場合も多いですからね。

飛行機に預ける前に抜いたタイヤの空気圧を、さっそくパンパンに戻すことができます

これはありがたい!

 

サイクルステーションのスペースも広く、荷物を広げても邪魔になりません。

組み立て完了!サイクリングに出発!

まとめ

復路も同じ松山空港からなら、飛行機輪行の際に自転車を梱包していた輪行袋(箱)も預かっていただけますので、持ち運びのできないハードケースでも安心です。

参考記事>>>

 

さらに、松山空港には、今回紹介したサイクルステーションのほか、更衣室もあります。

  1. 私服でフライト
  2. 松山空港に到着後に、更衣室でサイクルウェアに着替え
  3. 輪行袋は預かってもらい、私服はコインロッカーに預ける

という、身軽にサイクリングができる環境が整っていますので、ありがたく利用させていただきましょう!

 

サイクリング「せとかぜ海道編」に続く>>>

 

 

整え得
こちらの記事も読まれています
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう