サイクリング中でも会話できる!ヘルメットに貼るだけの超軽量インカム

この記事が役立てばシェアいただけると励みになります

スポンサーリンク

「右に曲がるよ」

「後ろ、スピード大丈夫?」

「次のコンビニで休憩しようか。寄ってもらえる?」

など、複数人でサイクリングをしていると、走行中にコミュニケーションを取りたいときが多くあります。

ですが走行中は耳に入る風の音が大きく、大声を出してもなかなか聞こえないし、後ろを振り向いたり併走したりするのも危険ですよね。

そんな不満を解決してくれる便利なアイテムがこちら。

ヘルメットに取り付ける、サイクリング用インカムです。

スポンサーリンク

サイクリング中でも会話をしたい

「信号渡る?」「次の曲がり角で左ね」「大きな穴あるよ!」など、サイクリング中にコミュニケーションを取りたいことは沢山あります。

しかし、縦走が基本になるサイクリングでは音声はほとんど聞こえず、またハンドサインも前から後ろへの一方的なコミュニケーションになります。

複数人でのサイクリングは楽しいものの、走行中の会話ができないのが困る点であり、せっかくメンバーがいるのに、少しさみしい時間です。

今回紹介するアイテムは、サイクリング用インカムの「サイカムB-1」。

インカムをヘルメットに取り付けるだけで、サイクリング中に手軽に安全なコミュニケーションが可能となります。

「サイカムB-1」詳細

取り付けカンタン、手軽で安全

「サイカムB-1」は、ヘッドホンやイヤホンと違い、耳を塞がないスピーカー式のため、周囲の音声を妨げません。

ヘルメットへの取付は、付属のテープで貼り付けるだけ!聞こえやすいように耳の位置とマイクの位置を調整するだけなので、手間もかからずカンタンです。

本体の重量はセットで74gと超軽量で、この重さなら、装着しても負担は感じないでしょうね。(もしかしたら、ヘルメットに着けるバイザーのほうが重いかも…)

軽量、広範囲、電池も長持ち

次に、サイカムB-1の機械的な詳細です。

まず、スマホを経由した通信では、常にスマホが起動している状態ですので、バッテリーの消耗が気になりますが、「サイカムB-1」は、スマホを使わずにサイカム同士が4台まで接続して直接の通話が可能。

バッテリーの容量も大きく、連続通話時間は最大10時間と、1日中たっぷりとサイクリングが楽しめます。

通信距離は最大500mと、少し離れてもクリアな会話が続けられるほど通話圏は広いです。

まとめ

ペタッと貼るだけ!

手軽に安全に、複数人でのサイクリングが快適になる魅力的なアイテムです!