【比較】モンベルvsパールイズミ!続・柔らかくて締め付けないレッグカバーを選んでみた

この記事が役立てばシェアいただけると励みになります

スポンサーリンク

再び、サイクリングする時のレッグカバーの話題です。

僕が用意するボトムスの基本は、7分丈パンツに加えて日焼け&寒さ防止のためのレッグカバーという格好なんですけど、先日レッグカバーをいろいろと探してみた結果、購入したのはモンベルの「ジオライン メッシュ サイクルレッグカバー」でした。

柔らかくて心地よい、締め付けないレッグカバーを選んでみた
僕の自転車に乗ってサイクリングする時のウェア。 ボトムスの基本は、7分丈パンツに加えて日焼け&寒さ防止のためのレッグカバーとい...

この記事にも書いたとおり、モンベルのレッグカバーを購入する時点で気になっていたもう一つのレッグカバーがありまして、それがパールイズミの「コールドブラックレッグカバー」です。

こちらのポイントは太もも上部、ラッセルテープのすべり止め

レーサーパンツと合わせて着用すれば、日焼け対策は万全。直射日光を反射して、ウェア内の温度上昇を抑えながら日焼けを防ぐ「コールドブラック®」の生地を採用。涼しい着心地と最高水準のUVカット性能で疲労の原因となる日焼けを完全に防止します。日の当たらない太ももの裏側はメッシュで風通しがよく、携帯性にも優れた高機能アイテムです。

太もも上部はラッセルテープのすべり止めを採用。柔らかくフィットしてストレスも軽減、ずり落ちる心配もありません。

パールイズミ「コールドブラックレッグカバー」のラッセルテープ式はくいこまず、摩擦でずり落ちを防止するようで、この点はかなり魅力。

モンベルのレッグカバーを購入してそれほど経っていませんが、比較してみようと購入してみました!

スポンサーリンク

モンベル「ジオライン メッシュ サイクルレッグカバー」の弱点…すべり止めがきつくて痛いしかゆい!

モンベル「ジオライン メッシュ サイクルレッグカバー」の生地は薄く柔らかく、探していたイメージにぴったりでした。

蛍光灯に透かしてみると、向こうの光が見えるくらいに薄く、軽く、柔らかい生地です。

ただ、困ったのが長時間履いたあと。

長く履いていると、太もものずり落ち防止の部分が肌に食い込み、くっきりと跡が残ってしまうんですよね…。

これがかなり痛いしかゆい!

試走で走ったサイクリング程度なら気にならなかったんですけど流れ橋に行ったときです)、一泊二日で履き続けた、さざなみ海道はまかぜ海道のあとはもうヒリヒリして、翌日まで跡が残るくらいでした。

パールイズミ「コールドブラックレッグカバー」と比較してみよう

買ってみました。

触ってみると、このパールイズミのほうが少し厚いか、生地感によってそう感じるのかな。モンベルほどではないものの、軽い生地です。

太ももからヒザの裏側まではメッシュの生地で涼しげ。

これがアピールポイントのラッセルテープ。

ギュッと縛って留めるのではなく、起毛の摩擦で滑らないようにしているんですね。

先ほどのモンベルと比較して、パールイズミの生地。

光は透けません…というか、「直射日光を反射して、ウェア内の温度上昇を抑えながら日焼けを防ぐ」という日焼け防止がコンセプトになっていますので、肌に光が当たらないようにしてあるんですね。

太陽が当たらない太ももからヒザ裏にかけてのメッシュ生地部分は、涼しげに風を通しそうです。

軽く走ってみたところ、確かに日光が遮られているんでしょうね、熱が伝わってこなくて涼しいという不思議な感じ。

比較結果

履き比べてみた結果として、全体的なバランスはパールイズミの勝ち!

生地感だけならモンベルのほうが好きなんですけど締め付け感も軽いし)、やっぱりすべり止め部分が僕には合わなかったかなぁ…

あとは、長時間自転車で走ったときのストレッチ性や吸汗性能、風通しでしょうか。

前回の教訓として、ガッツリ履いて走ってみないと分からない…というところがありますが、次の輪行にはこれを履いていこうと思います!