柔らかくて心地よい、締め付けないレッグカバーを選んでみた

この記事が役立てばシェアいただけると励みになります

スポンサーリンク

僕の自転車に乗ってサイクリングする時のウェア。

ボトムスの基本は、7分丈パンツに加えて日焼け&寒さ防止のためのレッグカバーという格好なんですけど、こんな感じです↓

これまで履いていたレッグカバーはサイズが小さかったのか、着圧が強すぎるのか、どうにも合わなくて困っていました。

履くのも脱ぐのもきついし、ふくらはぎが張ってきたときにほぐそうとしても、レッグカバーの生地自体が固くてほぐせないし。

うーん…筋肉のホールドとかは望まないから、日焼けと寒さを防ぎたいだけなんだよなあ。いっそのこと、ただ包むだけ、というレベルで柔らかい生地のレッグカバーはないものか。

と自転車用グッズから探したところ、候補が二つ。

モンベルの「ジオライン メッシュ サイクルレッグカバー」と、パールイズミの「コールドブラックレッグカバー」で悩みました。

スポンサーリンク

モンベル「ジオライン メッシュ サイクルレッグカバー」

特徴

風通しがよく涼しい付け心地でありながら、紫外線を効果的にカットするレッグカバーです。高機能素材ジオラインをメッシュ地に編み上げ、蒸れにくさと速乾性を実現。テーパードデザインで優しく脚にフィット。締め付け感なくペダリング時のずり下がりを防ぎます。

なかなか高機能な生地のようです。生地も涼しげ。

パールイズミ「コールドブラックレッグカバー」

特徴

レーサーパンツと合わせて着用すれば、日焼け対策は万全。直射日光を反射して、ウェア内の温度上昇を抑えながら日焼けを防ぐ「コールドブラック®」の生地を採用。涼しい着心地と最高水準のUVカット性能で疲労の原因となる日焼けを完全に防止します。日の当たらない太ももの裏側はメッシュで風通しがよく、携帯性にも優れた高機能アイテムです。太もも上部はラッセルテープのすべり止めを採用。柔らかくフィットしてストレスも軽減、ずり落ちる心配もありません。

柔らかそうなすべり止め

こちらも「涼しい着心地」と「柔らかくフィット」というポイントをアピールしています。

選んだのはモンベル「ジオライン メッシュ サイクルレッグカバー」

モンベルの店舗に行って「ジオライン メッシュ サイクルレッグカバー」の現物を試着してみたんですけど、生地はソフトで柔らかく、履いていても涼しい感じ。

パールイズミ「コールドブラックレッグカバー」の現物も触ってみたかったんですけど、見つけられなかったので、悩んだ結果、モンベルを購入しました。

ネットでの写真を拡大してみると、この「ジオライン メッシュ サイクルレッグカバー」よりもしっかりした生地感でしょうか。レビューでは「コールドブラックレッグカバー」のほうも涼しい着心地だと評判です。

ほぼ満足だけど、くいこんで痛痒くなるのが気になる

全体的な感想としては、まあ満足かな。

生地は薄手で柔らかく、締め付けられるストレスも感じないし、僕が探していた条件にぴったり。しばらくはこれで快適なサイクリングができそうです。

薄手で柔らかな生地

ただ一点、太もものずり落ち防止の部分なんですけど、長時間着用していると、結構食い込んで、太ももには跡が残ってしまうんですよね…。

折り返してゴム部分が肌に触れないようにしたら、摩擦がなくなってずり落ちてしまうし、これは悩みどころ。

パールイズミ「コールドブラックレッグカバー」のラッセルテープ式はくいこまず、摩擦でずり落ちを防止するようなので、この点はかなり魅力です。

モンベルの生地がほつれたりしたら、次はパールイズミを試してみよう。