• カジュアルサイクルウェア
    【長袖】春のロードバイクにおすすめ!カジュアルな長袖サイクルウェア10選!
    2018年4月14日
  • 来島海峡大橋 初心者サイクリングレポート
    【超まとめ】7海道走破!しまなみ・かきしま・さざなみ・せとかぜ・とびしま・はまかぜ・ゆめしまサイクリング記事総ざらい
    2018年4月19日
  • カジュアルサイクルウェア
    【半袖】春夏のサイクリングにおすすめ。カジュアルな半袖サイクルウェア10選!
    2018年4月14日
  • 地域別自転車記事
    自転車で計ってみた!しまなみ海道サイクリングの距離と所要時間
    2018年4月16日
  • カジュアルサイクルウェア
    【まとめ】街も道も気楽に走ろう!カジュアルサイクルウェアの紹介記事総ざらい
    2018年4月17日
  • カジュアルサイクルウェア
    自転車にもカジュアルなパンツで乗ろう!ロードバイクにおすすめのサイクルパンツ10選!
    2018年4月3日
  • カジュアルサイクルウェア
    一枚あれば大活躍!ロードバイクにおすすめのウインドブレーカー10選!
    2018年4月15日

 

僕がロードバイクに乗るときのウェア。

ボトムスの基本は、7分丈パンツに加えて、サイクリングでの日焼け&寒さ防止のためのレッグカバーという格好です。

こんな感じ。

 

これまで履いていたふくらはぎ用のレッグカバーは、サイズが小さかったのか、もともとの着圧が強いのか、締め付けが強すぎて困っていました

はくのも脱ぐのもきついし、自転車をこいでいてふくらはぎが張ってきたときに、レッグカバーの生地自体が固くてマッサージもできないし。

 

うーん…筋肉のホールドとかは望まないから、日焼けと寒さを防ぎたいだけなんだよなあ。

いっそのこと、ただ包むだけ、というレベルで柔らかい生地のレッグカバーはないものか。

と、自転車用のグッズから探したところ、候補が二つ。

 

モンベル「ジオライン メッシュ サイクルレッグカバー」と、パールイズミ「コールドブラックレッグカバー」で悩みました。

 

スポンサーリンク
マウンテンシティ

ロードバイクレッグカバーの候補2つ

モンベル「ジオライン メッシュ サイクルレッグカバー」

風通しがよく涼しい付け心地でありながら、紫外線を効果的にカットするレッグカバーです。

高機能素材ジオラインをメッシュ地に編み上げ、蒸れにくさと速乾性を実現

テーパードデザインで優しく脚にフィット。

締め付け感なくペダリング時のずり下がりを防ぎます

なかなか高機能な生地のようです。

生地も涼しげで魅力的。

パールイズミ「コールドブラックレッグカバー」

直射日光を反射して、ウェア内の温度上昇を抑えながら日焼けを防ぐ「コールドブラック」の生地を採用。

涼しい着心地と最高水準のUVカット性能で、疲労の原因となる日焼けを完全に防止します。

日の当たらない太ももの裏側はメッシュで風通しがよく、携帯性にも優れた高機能アイテムです。

太もも上部はラッセルテープのすべり止めを採用。

柔らかくフィットしてストレスも軽減、ずり落ちる心配もありません

柔らかそうなすべり止め

 

こちらも「涼しい着心地」と「柔らかくフィット」というポイントをアピールしています。

スポンサーリンク

モンベル「ジオライン メッシュ サイクルレッグカバー」をチョイス!

外観

どちらにしようか悩んだ結果、より生地が柔らかそうな、モンベルの「ジオライン メッシュ サイクルレッグカバー」にしました。

 

履いてみると、「メッシュ」の名前のとおり、生地はソフトで柔らかく、履いていて涼しい感じ。

蛍光灯に透かしてみると、向こうの光が見えるくらいに薄く、軽く、柔らかい生地です。

使用感。ほぼ満足だけど、ずり落ち防止ゴムがきつくて、痛いしかゆい!

何度かサイクリングに履いていき、全体的な感想としては、まあ満足です。

生地は薄手で柔らかく、生地に締め付けられるストレスも感じません。

僕が探していた条件にぴったりです。

 

ただ一点、太もものずり落ち防止のゴム部分に難ありでした!

困ったのが、長時間履いたあと。

長く履いていると、太もものずり落ち防止の部分が肌に食い込み、くっきりと跡が残ってしまうんですよね…。

これがかなり、痛いしかゆい!

2本のゴム跡がくっきりと…

 

試走で走ったサイクリング程度なら気にならなかったんですけど、一泊二日で履き続けた輪行のあとは、もうヒリヒリして、翌日まで跡が残るくらい

あと、「太ももの毛がゴムに引っ張られて痛い」という、地味に困るポイントもありました。

 

では、肌に直接触れなければ良いのでは?と、ゴム部分を折り返して、肌に触れないようにしたら、摩擦がなくなってずり落ちてしまいました

これはバランスが難しい!

スポンサーリンク

まとめ

○良いところ→薄手で柔らかい生地。履いていても締めつけられずに心地よい。

×気になるところ→ずり落ち防止のゴムが、太ももに食い込む。ゴムに毛が引っ張られて痛い。

 

メリットとデメリット、どちらを優先するかですね。

太ももがシャープな人や、つるっとした肌の方なら、デメリットは消えるのかな。

 

ぜひモンベルの店頭で試着してみてください!

次の記事へ>>>【レビュー】パールイズミ「コールドブラックレッグカバー」

 

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 【レビュー】パールイズミ「コールドブラックレッグカバー」。柔らかくフィット…だけど、ずり落ちる【レッグカバー2/3】
  • 自転車にはどっち?モンベルのインナー「スーパーメリノウール」と「ジオライン」の違い
  • ロードバイクの重要アイテム。季節に合ったおすすめアンダーウェアを選んでみよう!
  • 【レビュー】モンベル「ジオライン メッシュ サイクルレッグカバー」。柔らかくて心地よく、締め付けない…だけど、食い込む【レッグカバー1/3】
  • 積みウェアを発掘した話(おすすめのアンダーウェア2つ)
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう