しまなみ海道の途中の休憩・トイレ・食事スポット

この記事が役立てばシェアいただけると励みになります

スポンサーリンク

しまなみ海道サイクリング!

全長約70km!

長い時間をかけての行程、ずっと自転車をこいでいるわけですから、お腹も減るし、のども渇くし、トイレにも寄りたくなります。

今回紹介するのは、何度も走ったことのある方にはお馴染みの(ベタな)スポットですが、逆にそれだけサイクリストが安心して立ち寄れる、定番の場所です。

しまなみ海道へ初めて行く方、初心者の方が気軽に寄れるスポットを今治側から尾道側にかけてご紹介。

DSC00707

スポンサーリンク

しまなみ海道の途中の休憩・トイレ・食事スポット まずは大島から

よしうみいきいき館の海鮮七輪バーベキュー

dsc038591410

豪快さが自慢のお食事処と特産品市場。来島海峡を眺望しながら、新鮮な魚介類が味わえる海鮮料理や海鮮バーベキューが楽しめます。

大島の今治側、来島海峡大橋のふもとにある施設。

七輪コンロを借り、鮮魚コーナーで好みの魚介類を自分で選んで焼くというスタイルのバーベキューです。

dsc038581407

ワイワイと楽しい食事になるので、複数人で行くときにはおすすめなのですが、今治側から尾道に向けて出発する場合、いきなり1つ目の島で長く滞在することになるので、後々の行程を考えたうえで寄りたいところ。

僕はしまなみ海道に初めて行ったとき、ここで昼前までゆっくりしていまい、大三島に着くころには真っ暗になっていたという苦い思い出があります…

また、この「よしうみいきいき館」からは、「来島海峡急流観潮船」なる潮流体験観光の船も出ていますが、これもあとの行程と相談で。

僕は大島の反対側(伯方島側)で、次の潮流体験船に乗ってみました。

能島水軍の潮流体験

大島の尾道側、伯方・大島大橋の近くで体験できます。

まるで渓谷の急流のように激しく流れる潮流。なかでも、能島の周囲は最大10ノット(時速約18km)にもなる潮流が渦巻いています。

瀬戸内しまなみ海道・宮窪瀬戸で潮流体験、能島水軍を体験できます。 潮流体験は幅広い年齢の方が体験しています。能島水軍では名物の海鮮バーベキューを楽しむことができます。

コースは能島水軍から船折瀬戸と伯方・大島大橋を経由してぐるっと一周。

能島水軍潮流体験

DSC00685

DSC00248

海なのは分かっていますが、波の音が『ザー…ザー…』ではなく、『ザアアアアアアアアーーーーー!!!』なんですよ。ずっと川みたいな音が大音響で響いています。

こんなところ、よく本拠地にしてたなぁ…

村上水軍博物館

全国初の、水軍戦国期の海賊衆をテーマにした博物館。

上記「能島水軍」の道を挟んで向かい側にあります。

瀬戸内海における能島村上水軍の活躍を古文書や復元品を通して紹介するだけでなく、最新の発掘成果や研究成果を随時紹介、速報しています。また、甲冑や小袖を着たりできる常設展示室のわくわく体験ルーム(2階)では当時の雰囲気を五感を使って楽しく体験学習ができます。

愛媛県今治市にある能島水軍ロマンの里 宮窪・村上水軍博物館。西瀬戸の海に囲まれた豊かな自然とレジャー施設も充実。

伯方島

マリンオアシス伯方

伯方島の今治側、伯方・大島大橋のふもとにある施設。

dsc038511257

公園やテニスコート、ビーチ、レンタサイクルなどが整備されている道の駅。「伯方S・Cパーク」には特産品の販売所やレストランがあり、しまなみ海道を訪れた観光客の方々に親しまれています。

伯方の塩ソフトクリームで小休憩。

DSC00250

「さんわ」の伯方の塩ラーメン

しまなみ海道を渡るサイクリストには御用達の「さんわ」。

伯方島の今治側にあります。

伯方・大島大橋からは少し離れるので、初めての方には少し行きにくく、時間もかかる可能性があるので少し注意。

体力を使って疲れた身体に、このラーメンと貝めしがすごく美味しいので、一度は食べていただきたいのですが。

DSC_0249

大三島

道の駅 多々羅しまなみ公園

大三島の今治側、多々羅大橋のふもとにあります。探さなくても道沿いに見つけられる大きい施設。

dsc038491228

多々羅しまなみ公園は大三島IC下車すぐの所にあり、世界有数の斜張橋「多々羅大橋」やすがすがしい瀬戸内海の景色を一望でき、心地よい潮風と潮騒に包まれた爽やかな公園です。公園内には「サイクリストの聖地」記念碑ががあり、国内、海外のサイクリストの方に親しまれています。

多々羅温泉しまなみの湯

多々羅大橋近くにある「天然温泉」。本物の温泉です。


http://www.imabari-shimanami.jp/tataraonsen/

僕はここが好き。宮窪地区

いきなり私情を挟みましたが、宮窪地区なら食事(大漁)も観光(大山祇神社)もお土産(道の駅 しまなみの駅 御島)もお風呂(マーレ・グラッシア大三島)も揃っています。

詳しくはこちらにまとめた過去記事で。

しまなみ海道の紹介記事。 にて、「しまなみ海道サイクリングは途中の島内で1泊する旅程を組むことを強くお...
  しまなみ海道の紹介記事。   にて、「しまなみ海道サイクリングは途中の島内で1泊する旅&

多々羅大橋

多々羅鳴き龍

dsc038431215

大三島と生口島を結ぶ多々羅大橋の真ん中で体験できる鳴き龍の現象。

バチも置かれているので、少し自転車から降りて、「カンッ」とバチを叩いてみましょう。

dsc038451217

dsc038461217

下から見上げた橋。ここに龍が宿ります。

生口島

瀬戸田すいぐん丸

dsc038411138

お土産とレストランが併設された大型の施設。

ただ、レストランは大型バスでの旅行客の食事会場にもなるので、タイミングが悪ければ入れないこともあります。

公式サイトでのレストランメニュー表にはありきたりの定食しか掲載されていませんが、レモンピザが美味しかったです。まだあるのかなー。平成28年11月追記。レモンピザはメニューから消えていました…

ちどりの蛸めし

dsc038401137

こちらも結構行列ができている人気店。並んでいる人数に比べて回転は速いので、そんなに待つことはなかったです。

蛸めしがすごく美味しいです。

レモン鍋も食べてみたいんですけれど、1日3組限定、2人前、要予約と、サイクリングの途中で食べるには残念ながらハードルが高いんですよね。

特にこの瀬戸田地区に到着する時間が読めませんし。

創業50年、広島県尾道市瀬戸田町耕三寺前にある御食事処「ちどり」。瀬戸内海で獲れる新鮮な蛸料理・日本一の国産レモンを使用したレモン鍋がおすすめです。

耕三寺

dsc038391136

上記「ちどり」の向かいに建つお寺…なのですが、すごい極彩色で、琉球かどっかの寺院が移ってきたのかと思います。

ドルチェ 瀬戸田本店のジェラート

しまなみ海道のサイクリングでは超定番、ジェラートのお店です。

耕三寺だったり尾道だったりにも店舗はあるんですけど、あえてここは本店を紹介。

dsc038361118

大きい路面店舗なので、見逃すことはないでしょう。

ジェラートはサッパリとして、いくらでも食べ続けていたいくらい。

柑橘系だけでも種類が豊富にあり、一度では食べきれないので悩みます。

DSC00259

因島

はっさく屋のはっさく大福

因島大橋のふもとにある、こちらも有名店。

dsc038291029

おススメはもちろん「はっさく大福」。

八朔の酸味と、包んでいる白餡の甘みが絶妙で、とりあえず2、3個食べてしまいます。疲れた身体への補給にもピッタリ。

今治側から来ると、目の前にある因島大橋が最後の橋(向島と尾道の間は渡船だから)なので、走破に向けて気合を入れなおすポイントです。

ただこのお店、サイクリングルートを少し外れた坂の上にあるので、本線を走りながらでは見つけられませんのでご注意を。

店までの坂を登るのもしんどいので、がんばりましょう。

dsc038311031

本線を外れた奥に見えるのが案内の看板

dsc038301030

向島

ほぼ尾道が近くなっているので、いつも通過してしまっています…すみません。

以上、長々と書きましたが、紹介終わり!

他にもいろいろお店はあるはずなんですが、ついつい一度美味しかったら、次も同じお店に寄ってしまうんですよね。