輪行の必須アイテム、軽量でコンパクトな輪行袋を比較してみた10選!

この記事が役立てばシェアいただけると励みになります

スポンサーリンク

輪行とは、自転車をサイクリングする現地まで持ち運ぶこと。

自動車に積んで現地まで行く(車載)のとは異なり、電車や船や飛行機など、公共交通機関を使っての移動が輪行と呼ばれます。

では、どのようにして自転車と一緒に移動するのかと言うと、

例えばJR西日本のサイト「JRおでかけネット」では、手回り品として持ち込める荷物のうち、自転車についてはこのように書かれています。(該当ページ

サイクリングやスポーツ大会などに使用する自転車は解体して専用の袋に収納してください。折りたたみ式自転車の場合は、折りたたんで専用の袋に収納してください。

自転車を専用の袋に入れずに車内に持ち込むことはできません。

このように、「解体して専用の袋に収納」と書かれていますね。

この「専用の袋」が輪行に必須なアイテム、自転車を袋に包んで持ち運ぶための「輪行袋(輪行バッグ)」です。

スポンサーリンク

軽量でコンパクトな輪行袋を比較してみよう

僕が最初に買った輪行袋は「オーストリッチ」の「ロード320」という輪行袋だったのですが、

輪行の途中にぶつかったり転んだりしては一大事だから、厚い生地で頑丈なほうがいいかな、と思っての購入でした。

実際に使ってみたら、確かに丈夫!多少こすっても引きずっても、破れるような気配はまったくしません。

ただ正直なところ、生地が厚いぶん重量は500gと重く、使っていないときの大きさがかなり大きかったんですよね。ボトルケージに入るかどうかがコンパクトである一つの目安ですが、このロード320は絶対に入りません。

当然ですが輪行袋を使うのは移動中だけで、サイクリングの途中は、単純に持ち運ぶことになります。ですので、輪行袋自体が大きいと、かさばってしまって荷物になってしまうんですよ。

このことから、輪行袋も、なるべく小さくて軽いことが僕が選ぶ条件になりました。楽に輪行をするためのアイテムですので、輪行袋自体が邪魔になってはいけません。

ということで、今回は軽くてコンパクトな輪行袋を探してみました。梱包方法や重さから、いろいろ比較してみましょう。※梱包後のサイズとマナーの観点から、前輪と後輪の両方を外す形式のものから選びます。

輪行の必須アイテム、軽量でコンパクトな輪行袋を比較してみた10選!

オーストリッチ L-100

まずは定番のこちら。

電車のホームでも、このL-100を使っている方を多く見ます。

重量は235gで、ボトルケージにも入るので、サイクリング途中も荷物にはなりません。また、生地は薄くてもすごく丈夫!よほどのことが無ければ、破れる心配もありません。

※縦置きタイプ、エンド金具は別売り。

オーストリッチ SL-100

L-100よりもさらにコンパクトな輪行袋で、重量はなんと200g!

もちろんボトルケージにも余裕で入ります。

※縦置きタイプ。エンド金具は別売り。

grunge(グランジ) Carry(キャリー) ライト

前輪と後輪を外し、上下逆さまにして入れるだけのカンタン梱包。

ロードバイクを分解してすぐに梱包できるので、女性や初心者にもおすすめです。

重量は420gと一般的なボトル用ボトルケージには収納できませんが、トピークの大きさ可変モジュラーケージになら入りそう。

※エンド金具は不要の横置きタイプ。

モンベル コンパクトリンコウバッグ

なぜ「輪行バッグ」がカタカナ表記なのかは不明ですが、これが正式名称。

使い方は、シートを広げて自転車を置く一般的な方法ではなく、畳んだ自転車にガバっとかぶせてキュッと絞るだけのシンプルな方式です。超お手軽。

重量は297gと軽量で、収納サイズも500mlペットボトルとほぼ同じくらいです。

※エンド金具は不要の横置きタイプ。

Pocket in(ポケットイン) 超軽量輪行袋 PI-1

重量は200gと最軽量クラス。

『小さすぎてボトルケージでは逆に収まりが悪い』とまで言われるほどコンパクトです。

※エンド金具は不要の横置きタイプ。

タイオガ ロード ポッド

スタンダードな形状の縦置きタイプの輪行袋。重量は395g(ブラックの場合)。

※縦置きタイプ。エンド金具は別売り。

タイオガ ロード ポッド HP

先に紹介したタイオガ ロード ポッドの横置きバージョン。横置き=Horizontal PodでHPです。重量は375g。

※エンド金具は不要の横置きタイプ。

タイオガ フレックス ポッド

自転車にかぶせる→自転車を起こす→ファスナーを引き上げる、だけで梱包ができる3ステップ収納

伸縮性の高いストレッチナイロン生地がアピールポイントです。重量は270g。

※縦置きタイプ。エンド金具は別売り。

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) コンパクト輪行キャリングバッグ DCB328-BK

スタンダードな形状の縦置きタイプの輪行袋。重量は320gで、ボトルケージにも収まるサイズです。

※縦置きタイプ。エンド金具は別売り。

マルト(MARUTO) 輪行袋 ツアーバッグ

エンド金具は不要の横置きタイプですが、中でも特徴はハンドルを曲げずに梱包するため、置いたときに安定すること。

ただし、ハンドルを曲げる一般的な横置きタイプの輪行袋に比べて梱包サイズの全長が長くなるので、移動時や電車の中では注意が必要です。

重量は320g。

まとめ

僕が持っているオーストリッチ L-100のほかにはどんな輪行袋があるのかな?と調べていて気が付いたのですが、L-100よりも軽いSL-100なんて新製品が出ていたんですね…知らなかった。

あとは縦置きや横置きなんて、自転車を置く方向にも種類があったことも初めて知りました。

僕のL-100ですが、生地が痛んできたら、より軽いSL-100か、手早く梱包できるのがポイントのモンベル コンパクトリンコウバッグを試してみたいです。(年に2回の輪行程度では全然痛まないので、かなり先になりそうですが…)

10個も紹介していて今さらですが、もしこれから輪行に初めて行くという方には、使いやすさと丈夫さで高い評価を得ているアイテムが一番安心できますので、おすすめの輪行袋を選ぶとすると、オーストリッチのL-100かSL-100、グランジのキャリー ライト、モンベルのコンパクトリンコウバッグが候補になるかと思います。

最初は近場でも良いですし、ぜひ愛車と一緒に旅をしてみてください。楽しいですよ!

おまけ

輪行袋を購入すると、フレームとタイヤを固定する中締めベルト(ストラップ)が付属しているものもありますが、別途長いマジックテープを用意したほうが楽に(しかも固く)固定できます。お試しください!

前回はロードバイクを分解・固定して、輪行袋に梱包する手順を紹介しました。 僕が使っている輪行袋はオーストリッチ...