CHROME vs MERRELL!サイクリングスニーカー履き比べ

この記事が役立てばシェアいただけると励みになります

スポンサーリンク

先日まとめた自転車用サイクリングスニーカーの記事。

“バチン!”は本格すぎるから、自転車用のスニーカーを探してみた8選!
サイクリングのときに履いていく自転車用の靴と言えばビンディングペダル(足を載せて、「バチン」ってシューズとペダルを固定するやつです)...

今履いているのがCHROME(クローム)のKURSK(クルスク)なんですけど、結構長いこと使っているので、新調することにしました。

と言っても、他に選択肢があまりないジャンルなんですよね…

みんなが速さを求めているわけじゃないし、自転車に乗れるスニーカーなんて、探している人は多いと思うんだけど。

あの記事で探していた時に見つけたやつが履きやすそうだったので、これも一つの巡り会わせ、次はこいつに決めました。

スポンサーリンク

CHROME(クローム) KURSK

chrome-kursk

多くの輪行に活躍してくれました。ありがとう。

長く履いてきた感想としては、前記事のとおりです。

かっこよく、走りやすく、そして、頑丈。

ペダルをこぎやすくするために鉄板が入っているようなものなので、正直なところ、重さはあります。

まあ僕はサイクリングの旅先でうろうろしたいので、ウェアもそうですけどシューズもデザイン重視。これはかっこよかったので満足です。

とびしま海道のときにも履いてましたし、

スニーカー足元アップ

コーディネートの紹介記事でも、モデルさんが履いているのがこれだったりもします。

tokyolifeイメージ

機能を持ちながらデザインも良いってのはレベルが高いですねえ。

MERRELL(メレル) ROUST FURY(ロースト フューリー)

MERRELL

足首周りが履きやすそうです

次の相棒はMERRELL(メレル)のROUST FURY(ロースト フューリー)です。

履いてみたところ、まず思ったのが

軽っ!

でした。

さすが、売り文句が

ペダルを漕ぎやすく、街も歩きやすい、ハイブリッドかつ高機能な一足。…ミッドソールやアウトソールにEVA素材を使用し、軽量化を図りました。

なだけあります。

あとは、CHROMEがスニーカータイプのデザインなのに対し、このMERRELLはスポーツシューズタイプのデザインなので、柔らかいし履きやすいです

かっこよさはCHROMEの勝ち、履きやすさと歩きやすさはMERRELLの勝ちといったところでしょうか。

…ですが、旅行中は「歩く」と「こぐ」の時間がほとんどですよね。

よって、結論。

メレルにしてよかった…!

軽いし履きやすいし歩きやすいしこぎやすい!

もうすぐサイクリングしまなみもありますし、これから活躍してもらいます。

よろしくなー。

補足

ただ、この「ROUST FURY」、MERRELLの直営店ショップが大阪のルクアイーレにあるので直接見に行ったんですけど、モデルが新しくなったから直営店ではもう扱っていないとのことで、急いでネットで注文しました。

直営店ショップにある新モデルは、CHROMEのKURSKよりももっと街乗り用に近い感じのデザインでした。

メレル新モデル

こんなのです

自転車好きのために開発されたメレル独自のミッドソール「サイクルトレッド」を採用し、ペダルを漕ぐのも、街を歩くのも快適なミッドカットモデル。

とは紹介されているので、自転車用の機能は持っているようですけど、ちょっとタウンユース過ぎるかなぁ…輪行には合わないデザインなので残念。

店員さんに聞いたところ、ABCやStepなど、メレルの取り扱いがあるシューズショップになら、ROUST FURYの在庫はあるかもとのことでした。

でもどこの店舗にあるのかは分かりませんからねえ…

今のうちに手に入れることができて良かった!

コメント

  1. クロスのり より:

    6選てなんでっか?

    • isago より:

      中途半端ですよねえ…すみません。
      最初はクローム2種とメレルと旅靴で4選だったんですけど、ニューバランスを見つけ、次にモンベルを見つけ…と増えてきております。
      奇数のほうがタイトル的に見た目が良いので、他にもあれば嬉しいのですが。