敷地に入ってからが試練の始まり。良いホテルですグリーンピアせとうち

この記事が役立てばシェアいただけると励みになります

スポンサーリンク
グリーンピアせとうち(人物消去)

建物のすぐそばで撮ってます。見渡す限りずーっと敷地。広さ抜群。(人物消去)

とびしま海道→かきしま海道の輪行の時に泊まったホテルが、グリーンピアせとうち。

【サイクリング】ずっと海沿い、もうひとつの島旅。"裏しまなみ"とびしま海道サイクリング!
「とびしま海道」というエリアをご存知でしょうか。 「裏しまなみ海道」とも呼ばれ、今治からも、しまなみ海道の大三島からもフェリー...

赤いピンのところです。

とびしま海道は約35kmなので、朝今治を発って(岡村港出発は10時ごろ)、ゆっくり走っても午後3時くらいには安芸灘大橋に着くよなあ。ホテルに入る時間には少し早いし、どうしよう?と悩んだ結果、選んだホテルです。

翌日のことを考えたら、呉市街の方向に進んだほうが良いんですけど、探した週末は呉市街のホテルはビジネスホテルのシングルルームくらいしか空いていなかったんですよね。

なので、ちょっと逆方向ですけど、入浴施設があって、和室でゆっくり休めると見込んで泊まってみました。

グリーンピアせとうち

グリーンピアせとうちホームページより

結果、グリーンピアせとうちは、安い!広い!景色が良い!と三拍子そろった総合リゾートホテルでした。

入浴施設もあるし、食事もバイキングプランにしたから思う存分食べられたしね!

宿泊客も多くて、家族連れでにぎわっていて楽しかったです。

ですが。

地図だけでは高低差までは分かりません。

半島にあるので、「ようこそ」のゲートをくぐってからが超長い!

しかも一本道なので、他のルートもありません。予想していなかったヒルクライムの始まりでした。気が抜けた身体にこれはきつい…!

ホテルに着くまでに一山超える感じです。かつては駐車料金とか取ってたんでしょうかね、もう人はいませんが、料金ゲートが頂上ゴール。そこまで登って、やっと施設が見えた時の安堵感。

ものすごく広い敷地の、景色の良いホテルですので、家族旅行で送迎バスや自家用車で行くには最高です。

ただ、新しくはないので、多少古さは目立ちます。アウトドア設備は充実していますが、屋内で遊べるところは少ないのでご留意を。

グリーンピアせとうち敷地マップ

ものすごく広い敷地に設備てんこもり。無人島クルーズの案内とかもありました。

グリーンピアせとうちホームページより

自転車で行かれる方は、休むためには登りがあることを覚えておいてください…。

あと、さすがに山越えルート。途中で超でかい野生の鹿にも遭遇しました。ホテル内のレクリエーションプログラムに『鹿角アクセサリー』ってあったけど、なるほど。

実は安芸灘大橋からここまで離れなくても、途中で国民宿舎野呂高原ロッジという素敵なホテルもあるんですけどね。

トップページの施設案内の書き出しが、「瀬戸内海国立公園「野呂山」の標高800mの高原に位置し、…」

すみません無理です諦めました。

こっちも自家用車(僕の家には無いけどね!)か送迎なら楽に着けるので、一度泊まってみたいなあー。