前後輪を外す、縦型タイプの輪行袋を使う場合に必須のアイテム、「エンド金具」。

 

縦型梱包の場合、リアディレイラー(変速機)部分とサドルを下にして自転車を自立させるため、エンド金具がないと、リアディレイラーが地面に直接当たってしまいます。

 

エンド金具を装着することにより、変速機部分の保護と自立の役目を果たします。

ところが、エンド金具があれば100%安心というわけでもなく、実はエンド金具を使っていても、高さが足りず、変速機やワイヤーが地面に当たってしまうこともあるんですよ…

ワイヤーが当たっている旧型エンド金具

実はワイヤーがずっと当たっていました

 

輪行袋やエンド金具の有名ブランド「オーストリッチ」。

最近、このオーストリッチのエンド金具に、大きなマイナーチェンジがありました。

 

従来品より、高さが2cm伸びたんです。

 

エンド金具が高くなった!11cmが新登場

エンド金具の新旧比較。9cmと11cm

 

左が旧タイプのエンド金具。高さは9cm

地上高9cmの旧型エンド金具

 

右が新タイプのエンド金具。高さは11cmです。

地上高11cmの新型エンド金具

 

スポンサーリンク

エンド金具が2cm伸びただけで何が変わるの?

エンド金具を使った時の地上高が、9cmから11cmまで伸びただけ。

たった2cmですが、それだけでも、大きな効果があるんです。

 

一言でいうと、地面と接触するパーツが少なくなります。

ワイヤーが地面と干渉しない、新型エンド金具

地面とワイヤーに余裕ができました!

 

スポンサーリンク

新型エンド金具情報まとめ

エンド金具なんて、部品が破損したり、なくしたりしない限り、なかなか買い換えませんよね。

 

以前から同じエンド金具をお使いで、ワイヤーなど、リアディレイラー周辺の地面との接触が気になる方は、一度新型を試してみてください。

高さが足りるようになって、接触がなくなるかも!

 

 

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう