平成29年3月4日・5日に開催された「サイクルモードライド」に行ってきました。

僕が行ったのは一日目の4日。

 

新しいロードバイクを探している流れは、この記事「ロードバイクはグレードよりも車体バランスが大事だと痛感。新しい車種で悩んでいます」からの続きです。

 

天気も快晴の一日となり、イベントを堪能しました。

改めて、ロードバイクを選ぶときに大事だなと思ったこと。

ブランドよりも、コンポーネントのグレードよりも、長時間乗っていて楽かというバランスです!

 

 

サイクルモードライドとは

「西日本最大のスポーツ自転車フェスティバル」「日本最大級の屋外スポーツ自転車フェスティバル」と銘打たれる、スポーツ自転車のイベントです。

 

「日本最大の」と言い切っていないのは、まあ幕張のサイクルモードインターナショナルがあるからですね。

かつては大阪のサイクルモードも、インテックス大阪でやってたんですよ!

 

その頃はサイクルウェアのファッションショーとか、有名人のトークショーとかもあったんですけどねえ…

だんだんと形を変え、今の試乗イベントになりました。

過去のサイクルモードでの写真。撮影日付を見てみたら2013年のころ

 

スポンサーリンク

500台を試乗し放題!

サイクルモードライドのメインは、スポーツバイクを始めとした自転車の試乗です。

会場の万博記念公園を利用した試乗コースは全長2.3km。

 

今回、僕は合計10台試乗したので、合計23kmも走ったことになりますね。

平坦ではなくアップダウンのあるコースなので(公園なのに)、結構脚が疲れました。

 

スポンサーリンク

試乗車を探した条件

まずはコーダーブルームの価格と重量が頭にあったので、それを基準に各企業ブースを回って相談しました。

・メインとなる使い方は輪行で、レースに出る予定はない。

・移動時に負担がかからないよう、軽いマシンを探している。完成車の重量で7kg台~8kg程度。

・予算は最高で20万円前後(安ければもちろん嬉しい)

 

最初から軽量をアピールしていなかったり、重量を計測していないブランドもありますので、その場合は教えていただいたお礼を伝え、次のブースを探しました。

 

試乗した10台

1台目 KhodaaBloom(コーダーブルーム) Farna SL-105

メーカーページ

 

軽いのが欲しい!と今の愛車からの乗り換えを決意させた大本命。

重量:7.8kg

価格:185,000円

 

2台目 GUSTO(グスト) RCR TE(50サイズ)

メーカーページ

 

KhodaaBloomのブースの向かいにあったので、ふらっと寄って相談してみたら大当たり!

安いし軽いし魅力です。

僕は知らないブランドだったのですが、試乗しているときに「GUSTOのブースはどこにあったんですか?」って声をかけられたので、有名だったんですね。

 

重量:8kg

価格:178,000円

 

3台目 BROMPTON(ブロンプトン)

 

小径車は乗ったことが無かったので、興味をそそられて試乗しました。

思ったよりも軽快に走れて楽しい。

ただ、ちょっとしたハンドルの操作がタイヤに直結するので、長距離はしんどいかなあ。気を使うというか。

あと、小さく見えても案外重いのにはびっくりしました。12kgもあるんですね。

 

4台目 GIANT(ジャイアント) TCR SLR1

メーカーページ

 

人の波が切れたのを見計らって、次はおなじみジャイアント。

ジャイアントのほか、やっぱり有名ブランドのトレックやキャノンデールやビアンキなどは、ずらっと試乗待ちの人が並んでいました。

 

重量:7.5kg

価格:230,000円

 

以前の記事に書いたんですけど、レンタサイクルでジャイアントの「DEFY3」という車種に乗ったとき、それはもうすごく乗りやすかったんですよ。いつもは30kmでヒイヒイ言っている僕が、50km走りきってもまだ余裕でした。

この話をジャイアントのスタッフさんにしたら、スタッフさんも「DEFYの乗りやすさは別格」「1時間でも手放し運転できるくらいの安定性があった」「なんでラインナップから無くなったのか残念でならない」とのことでした。

やっぱり乗りやすかったんだ…

 

5台目 CANYON(キャニオン) Ultimate CF SLX 8.0

メーカーページ

 

CANYONも知らないブランドだったんですが、僕にはすごく乗りやすかった!

乗っていて、心地良かったんですよ。

 

ただ、ブランドのページを見たところ、似たような型番が多くあって、自分がどれに乗ったのかが分からない…(泣)※CANYONのホームページから問い合わせて教えてもらいました

試乗する前にブースの方に相談したところ、ULTIMATE CF SL 7.0というマシンが良いだろうということで(ULTIMATE CF SL 7.0は当日の試乗車種に無かったんです)もしもこの試乗したマシンと同じバランスなら、一気に候補に浮上します

 

重量:6.7kg

価格:379,000円

※高価すぎて参考にならない

 

ULTIMATE CF SL 7.0の場合

重量:7.6kg

価格:179,000円

 

6台目 GIANT(ジャイアント) CONTEND SL1

メーカーページ

 

もう一度ジャイアント。

このマシンのフレームはTCRとあのDEFYを掛け合わせているらしく、なるほど、先ほどのTCRより乗りやすかった。

 

このマシンは8.7kgと、僕が探している条件では重い部類に入るのですが、ジャイアントのスタッフさんの提案により、「まずは乗りやすさを重視してフレームを選び、タイヤのホイールを軽いのに交換する」というアイデアをいただいて試乗してみました。

なるほど、そういう手もあるのか!

 

重量:8.7kg

価格:140,000円

(軽いタイヤを追加購入したら、8kg 24万円くらいかな?)

 

7台目 GUSTO(グスト) RCR TE(52サイズ)

 

2台目に乗って好印象だったGUSTO RCR TEの52サイズ。

1回目に乗ったときは、少し小さめの50サイズしかなかったので、身長に合ったサイズに乗ってみたくて、改めてブースに寄りました。

やっぱり、これは乗っていてバランスが良い感じ。

 

8台目 KhodaaBloom(コーダーブルーム) Farna SL-105(同じ車種2回目)

 

最初に乗ったのと同じマシンです。

その後に6台も違うマシンに試乗してると、感覚を忘れてしまって…

感覚を思い出すために、2回目の試乗。

 

9台目 CANYON(キャニオン) Ultimate CF SL Disk 8.0

メーカーページ

 

グスト、コーダーブルームと、好印象のマシンの感覚をアップデートできたので、もういちどキャニオン。

先ほどと同じマシンに乗りたかったのですが、試乗待ちの列が長く、試乗コースが閉まる時刻も近づいてきていたので、ディスクブレーキのマシンにしました。

 

重量:8.2kg

価格:219,000円

 

10台目 ANCHOR(アンカー) RS6 EQUIPE

メーカーページ

 

とどめの10台目はブリヂストン・アンカー。

これもバランスを重点に置いて提案していただきました。

 

重量:8.7kg

価格:185,000円

 

試乗した結果、新車候補のベスト3

10台を乗り比べた結果、新車の候補に挙げるのはこの3台です。

・KhodaaBloom(コーダーブルーム) Farna SL-105

・GUSTO(グスト) RCR TE

・CANYON(キャニオン) ULTIMATE CF SL 7.0

 

それぞれ18万円程度、7kg後半と、価格と重さはほぼ横一線。

 

乗り心地で選ぶなら、なんとコーダーブルームではなく、キャニオンだったのですが…

このキャニオン、少しクリアしなければならない点が。

 

試乗したマシンと、購入を検討しているマシンのフレームサイズは同じなのか?と、あと、何よりもこれ。

Canyonの商品は全世界共通で、ドイツ・コブレンツの本社工場からお客様への直接販売のみのお取り扱いとなります。一般の自転車販売店でご購入いただくことはできません。また、自転車販売店向けの卸価格などの設定はありません。

 

なんと通販オンリー。

 

自分で組み立てはできないし、自転車の通販は怖いなあー。

一応、「自転車販売店宛てにマシンを送ることは可能」と書いてあるので、自転車屋に相談した結果次第では、サポートしてくれるかもという感じですが…

 

まだまだ迷います

各ブースで、結構言っていただいたこと。

「杉村商店のPROGRESSIVE、クセがあるけど、良いマシンですよね」。

 

そうなんですよね。まだまだ頑丈に走ってくれてますし、重いこと以外、不満はないんですよ。

他ブランドの方にそう言っていただけると嬉しいなあ。

 

大本命のコーダーブルームを選ぶのか!少し重いけどしっくりきたグストを選ぶのか!ハードルを越え、大穴のキャニオンを選ぶのか!

それとも、輪行袋をかつぐ腕を痛めながら、PROGRESSIVEに乗り続けるのか!

 

それは僕にも分かりません。

後悔しないよう、まだまだ悩もうと思います。

 

20170306同日追記。

CANYONのホームページから、

・サイクルモードライドで試乗させていただいた車種は何か?

・ULTIMATE CF SL 7.0が購入検討に挙がっているが、試乗した2台とフレームサイズは同じなのか?

を質問しました。

 

回答は、

・「Ultimate CF SLX 8.0 Sサイズ」と、「Ultimate CF SL Diskブレーキ 8.0 Sサイズ」とのこと。

・ULTIMATE CF SL 7.0と、その2台はジオメトリーがそれぞれ異なります、とのこと。

 

うわあー。フレームサイズは違うのか。困った。

ULTIMATE CF SL 7.0にこだわって、どこかで試乗できるイベントを探すか、思い切って決めてしまうか、ちょっと予算と重量がオーバーするけど、2回目に試乗したUltimate CF SL Diskブレーキ 8.0にするか、コーダーブルームグストにするか…

 

選択肢が増えてしまいましたが、改めて、後悔しないよう、まだまだ悩もうと思います。

 

▼ついに2代目ロードバイクが決定!Canyonになりました!

 

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう