日帰りや短距離サイクリングにおすすめの自転車用リュックはこれ!

この記事が役立てばシェアいただけると励みになります

スポンサーリンク

以前に、ロードバイクでの一泊二日の輪行や、長距離のサイクリングには、ドイターの「トランスアルパイン25」がおすすめですよ!という紹介をしたのですが、

一泊二日のサイクリングにおすすめ!自転車用リュック『ドイター トランスアルパイン』
ロードバイクを購入して、さあサイクリングに出かけるぞ!とわくわくしている方には、「自転車用のリュックサックってあるのかな?」とお探し...

トランスアルパイン25はその名称にあるとおり、リュックの容量が25リットルと、かなりの大容量のリュックサックです。

荷物が多くなるときには大活躍なんですけど、逆に近場程度の距離ではそんなに持っていく荷物はないので、日帰りのサイクリングに使うには大きすぎるということもあるんですよね。

そこそこの大きさの使いやすいカバンを「Tasuki Support(タスキサポート)」で使うという手もありますが、ちゃんとしたものを持っておきたいなとも思っていたので、結構長い間探していました。

以前の記事にも書きましたが、荷物がそれほど多くない、日帰りのサイクリングに必要なリュックサックの容量は15リットル程度です。

これまでのドイターのリュックでも、このラインのアイテムは多くあったのですが、例えば「レースX」のように

レーサーな感じが強いデザインでは、確かにかっこいいものの、僕のウェアには合うか分からず、欲しい!というところまでは行きませんでした。

ですがこの春、新商品として発表されたリュックサックがおしゃれで使いやすそうで、ピン!と来たので購入しました。

「バイクワン」です。

ドイター商品詳細ページより

スポンサーリンク

レーサー過ぎず、カジュアルなデザイン

世界初のロードバイク専用バックパックのデザインがモチーフ

世界初のバイク専用バックパックとして発売された当時のデザインをモチーフに、細部を改良しバイクパックのスタンダードモデルとして確立されたシリーズです。

バイクワンシリーズの容量は3種類

バイクワン14

容量は14リットル。

バイクワン エアー EXP16

容量は16リットル+4リットル。

ジッパーオープンで容量を増やせるモデルです。

バイクワン20

容量は20リットル。

悩みに悩んで、バイクワン14を購入

ものすごく悩んで、手に入れたのは容量14リットルの「バイクワン14」。

外見はバイクワン20を含めた3種類が同じだし、16リットル+4リットル(ジッパーオープンで容量を増やせるモデル)のバイクワン エアーEXP16と迷ったんですけど、あえて小さいほうを選びました。

サイドにはスマホポケットもあります。

ただ試してみたところ、背中に背負った状態からは取ることができなさそうです。走行中に頻繁に地図を確認するような場合は、別の手に近い場所に入れておいたほうが良いかも。(僕はフロントバッグに入れることにしますが、斜めポケットのジャージなら使いやすそう。)

背面はおなじみの、熱を逃がすエアストライプシステム。

その他、ヘルメットホルダーもポケットに入っているので、収納可能です。

日帰りや短距離サイクリングにおすすめの自転車用リュックはこれ!まとめ

おしゃれなデザインで、ヘルメットホルダーが付いていて、ポケットが多くて、熱を逃がす機構のドイターの自転車用リュック。

まずはこれを背負って走ってみなければなりませんね。

実験と称して、この週末にサイクリングに行ってみます!